Rchr
J-GLOBAL ID:202001000479294930   Update date: Dec. 04, 2022

Matsumiya Tomoki

マツミヤ トモキ | Matsumiya Tomoki
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Research field  (3): Gender studies ,  Physical and health education ,  Sports science
Research keywords  (4): スポーツのルール ,  身体論 ,  スポーツとジェンダー ,  スポーツ倫理
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2015 - 2019 Diplomacy and International Exchange through Sport in Japan and Germany in the Process of Returning to Participate in the Olympic Games after World War II
  • 2014 - 2017 Invasive Procedures as Science in Sports: Sex Tests as Case Examples
Papers (15):
  • Tomoki MATSUMIYA. Philosophical Reflection on Constitutive Rules and Regulative Rules in SPORT. 2022. 44. 1. 13-25
  • Examination of Lesson Contents of "Principles of Physical Education". 2022. 179. 113-119
  • 松宮智生. スポーツにおけるルールとは何か:道徳概念を超えて. 体育科教育. 2019. 67. 1. 18-21
  • 松宮智生, 藤山新. スポーツにおける多様な「身体のあり方」の尊重. AJジャーナル. 2018. 13. 49-58
  • An essay on sexual segregation in sports : Starting with criteria for female competitors in tests to confirm sex. 2017. 35. 19-27
more...
MISC (25):
  • 松宮智生. 「男女共習体育は本当に良いこと?」-逆説的な問いから. 体育科教育. 2022. 70. 11. 12-15
  • 公益財団法人日本スポーツ協会, 來田享子, 大勝志津穂, 高峰修, 建石真公子, 田原淳子, 藤山新, 松宮智生, 伊東佳那子 石塚創也. 体育・スポーツにおける多様な性のあり方ガイドライン:性的指向・性自認(SOGI)に関する理解を深めるために (第3版). 2022
  • MATSUMIYA Tomoki. Diverse Gender in TOKYO 2020: Focusing on the IOC Trans Policy and WA "DSD Regulations". 2022. 27. 123-139
  • 松宮智生. 競技参加をめぐる国内外のルールと動向1DSDsを中心に. JSPO 日本スポーツ協会 公式Youtubeチャンネル. 2022
  • 松宮智生. 体育教師がいま読むべき7冊1『見えないスポーツ図鑑』伊藤亜紗・渡邊淳司・林阿希子著. 体育科教育. 2021. 69. 6. 40-41
more...
Books (5):
  • よくわかるスポーツとジェンダー
    ミネルヴァ書房 2018 ISBN:9784623081561
  • はじめて学ぶ体育・スポーツ哲学
    みらい 2018 ISBN:9784860154318
  • データでみるスポーツとジェンダー
    八千代出版 2016 ISBN:9784842916859
  • 教養としての体育原理 : 現代の体育・スポーツを考えるために
    大修館書店 2016 ISBN:9784469267976
  • スポーツ・ジェンダーデータブック
    日本スポーツとジェンダー学会 2010 ISBN:9784904767016
Lectures and oral presentations  (32):
  • スポーツのルールについて考える
    (日本体育・スポーツ・健康学会体育哲学専門領域2022年度第2回定例研究会シンポジウム 2022)
  • スポーツにおけるルールのデザイン
    (日本体育・スポーツ哲学会第44回大会 2022)
  • 競技参加をめぐる国内外のルールと動向
    (公益財団法人日本スポーツ協会令和3年度「体育・スポーツにおける多様な性のあり方研修会」 2022)
  • スポーツルールの哲学
    (日本福祉大学スポーツ科学部「スポーツ哲学」ゲスト講師 2021)
  • スポーツにおける多様な性のあり方:国内外の動向とルールから
    (公益財団法人北海道スポーツ協会令和3年度指定強化指導者研修会兼北海道スポーツ指導者研修会 2021)
more...
Education (4):
  • 2009 - 2013 Kokushikan University Graduate School of Sport System
  • 2007 - 2009 Kokushikan University Graduate School of Sport System
  • 1989 - 1991 Kyoto Sangyo University Graduate School of Division of Law
  • 1985 - 1989 Kyoto Sangyo University Faculty of Law Department of Law
Professional career (3):
  • 博士(体育科学) (国士舘大学)
  • 修士(体育科学) (国士舘大学)
  • 法学修士 (京都産業大学)
Work history (9):
  • 2021/10 - 現在 Seiwa University
  • 2017/04 - 現在 Seiwa University Faculty of Law
  • 2014/04 - 2018/03 国士舘大学 アジア・日本研究センター 客員研究員
  • 2016/04 - 2017/03 Aoyama Gakuin University School of Cultural and Creative Studies
  • 2015/04 - 2017/03 Senshu University School of Business Administration
Show all
Committee career (9):
  • 2018/04 - 現在 一般社団法人日本MMA審判機構 副会長
  • 2017/04 - 現在 公益財団法人日本スポーツ協会スポーツ医・科学委員会 研究班員
  • 2017/04 - 2021/05 日本体育・スポーツ哲学会 編集委員会 委員
  • 2019/04 - 2021/03 日本体育学会 体育哲学専門領域学会大会企画運営委員会専門委員
  • 2017/07 - 2020/07 日本スポーツとジェンダー学会 理事
Show all
Awards (1):
  • 2011/07 - 日本スポーツとジェンダー学会 日本スポーツとジェンダー学会 学会賞(論文賞) 「総合格闘技の女子用ルールに関する一考察:「危険」を理由に禁止される行為の違いに着目して」スポーツとジェンダー研究第8巻35-47頁(2010年)
Association Membership(s) (6):
法と教育学会 ,  日本スポーツとジェンダー学会 ,  日本スポーツ法学会 ,  日本体育・スポーツ哲学会 ,  日本スポーツ社会学会 ,  日本体育・スポーツ・健康学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page