Rchr
J-GLOBAL ID:202001001341866343   Update date: Jun. 16, 2022

Kurazono Kazuya

クラゾノ カズヤ | Kurazono Kazuya
Affiliation and department:
Research field  (2): Foreign language education ,  English linguistics
Research keywords  (5): 英語学 ,  フレイジオロジー ,  類義語 ,  コロケーション ,  英語語法文法研究
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2021 - 2024 コロケーションの違いを生みだす動機の解明:英語起動表現の統語と意味の実証的研究
Papers (8):
  • 藏薗和也. 動詞resumeの名詞補部の研究ー動名詞補部と比較してー. 神戸学院大学人文学部紀要. 2022. 42. 87-101
  • 藏薗和也. 起動動詞の補部に関する研究 -begin NPを例として-. 日本英語コミュニケーション学会紀要. 2021. 30. 1. 37-51
  • 藏薗 和也. to不定詞補文及び動名詞補文における選択制限 : 起動動詞grow, proceed, commence, resumeを例に. 日本英語コミュニケーション学会紀要. 2019. 28. 1. 1-15
  • Kazuya Kurazono. A Syntactic and Semantic Study of Inchoative Expressions in Present-Day English. 2018. 1-179
  • 藏薗 和也. 起動動詞get, fall, setに後続する統語形式to V, V-ing, to V-ing及び補文動詞の選択. 日本英語コミュニケーション学会紀要. 2016. 25. 1. 1-15
more...
Books (5):
  • AFP Science Report 2022
    2022
  • AFP SciTech Futures
    2021
  • 英語実証研究の最前線
    開拓社 2020 ISBN:9784758922890
  • AFPで知る科学の世界2020
    成美堂 2020
  • AFPで知る科学の世界2019
    成美堂 2019
Lectures and oral presentations  (24):
  • 動詞補文にto beがくる場合の意味と振る舞いー類似表現の比較を通してみえるものー
    (六甲英語学研究会9月例会 2021)
  • come+Adjectiveとcome+to be Adjectiveの比較
    (関西英語語法文法研究会 2021)
  • コロケーションから観た動名詞と派生名詞の選択動機-startを例に
    (関西英語語法文法研究会 2020)
  • 名詞補部の比較ー起動動詞beginとcommenceを例に
    (日本英語コミュニケーション学会関西地区研究フォーラム 2020)
  • 変化を表すgrowとその補文
    (日本英文学会関西支部第14回大会 2019)
more...
Education (3):
  • 2013 - 2016 Kwansei Gakuin University
  • 2011 - 2013 Kwansei Gakuin University Master's Program
  • 2005 - 2009 Kwansei Gakuin University
Professional career (1):
  • 博士(言語コミュニケーション文化) (関西学院大学)
Work history (5):
  • 2020/04 - 現在 Kobe Gakuin University The Faculty of Humanities and Sciences Lecturer
  • 2017/04 - 2020/03 Osaka Institute of Technology Faculty of Engineering Specially Appointed Lecturer
  • 2016/04 - 2020/03 Shukugawa Gakuin College Department of Education Part-time Lecturer
  • 2016/04 - 2017/03 Osaka Institute of Technology Faculty of Engineering
  • 2013/10 - 2016/03 大阪府立能勢高等学校 非常勤講師
Committee career (3):
  • 2021/10 - 現在 日本英語コミュニケーション学会 理事
  • 2018/03 - 現在 関西英語語法文法研究会 事務局長
  • 2016/10 - 2021/09 日本英語コミュニケーション学会 幹事
Awards (2):
  • 2020/10 - 日本英語コミュニケーション学会 研究奨励賞
  • 2017/10 - 日本英語コミュニケーション学会 研究奨励賞
Association Membership(s) (8):
日本英語学会 ,  The English Literary Society of Japan ,  六甲英語学研究会 ,  The Japan Association of College English Teachers ,  The Society of English Grammar and Usage ,  The Japanese Association for Studies in English Communication ,  Kansai Society for the Study of English Grammar and Usage ,  The Japanese Association for English Corpus Studies
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page