Rchr
J-GLOBAL ID:202001002247040055   Update date: Mar. 17, 2022

YANAKA Takuya

ヤナカ タクヤ | YANAKA Takuya
Affiliation and department:
Research field  (1): Sports science
Research keywords  (5): Nordic Combined ,  Cross-country ski ,  Biomechanics ,  Batting ,  Baseball
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2021 - 2024 大臀筋の選択的トレーニングがスプリント能力に及ぼす影響
  • 2020 - 2023 スイング動作を生み出す体幹部の主働筋の解明
  • 2018 - 2020 打撃動作における体幹及び下肢の運動メカニズムとそれに貢献する筋の解明
Papers (12):
  • Takaya Yoshimoto, Yoshihiro Chiba, Hayato Ohnuma, Takuya Yanaka, Norihide Sugisaki. Measuring Muscle Activity in Sprinters Using T2-Weighted Magnetic Resonance Imaging. International Journal of Sports Physiology and Performance. 2022. 1-6
  • 谷中拓哉, 森田達貴, 岡田純一. スイングスピードが大きい打者の形態的特徴. 野球科学研究. 2022. 5. 45-54
  • 今若太郎, 谷中拓哉, 角田直也. 野球の2塁走疾走時間を短縮するためのステップ長およびステップ頻度. 東京体育学研究. 2021. 12
  • Race analysis of cross-country ski in nordic combined Worid cup and physical characteristics of Japanese world-class skier in 2018-2019 season. Journal of High Performance Sport. 2021. 6. 152-166
  • 谷中拓哉, 森下義隆. 野球打者の下肢および体幹部の筋横断面積とスイングスピードとの関係. トレーニング科学. 2020. 32. 4. 223-232
more...
MISC (7):
  • 谷中拓哉, 森下義隆. 科学的知見を考慮した打球飛距離を伸ばすためのトレーニング・練習. トレーニング科学. 2021. 33. 2. 87-95
  • 茂木康嘉, 大塚俊, 谷中拓哉. 女子野球選手における形態的・体力的特徴. 尚美学園大学スポーツマネジメント研究紀要. 2020. 1. 57-66
  • 竹田唯史, 中里浩介, 中島千佳, 袴田智子, 藤田善也, 笹代純平, 谷中拓哉, 河田絹一郎, 高橋佐江子, 荒井秀樹, et al. 国立スポーツ科学センターと連携によるパラリンピッククロスカントリースキー選手のフィットネス測定について. 北翔大学北方圏生涯スポーツ研究センター年報. 2020. 10. 37-41
  • 袴田智子, 谷中拓哉, 山本真帆, 設楽佳世. パラリンピックアスリートを対象としたフィットネスチェックの取り組みについて. Journal of High Performance Sport. 2020. 5. 12-22
  • Takuya YANAKA, Toshimasa YANAI. B-35 The Mechanism generating the rotation of club-shaft about the long-axis in golf swing : A preliminary report. The Proceedings of the Symposium on sports and human dynamics. 2015. 2015. 0. _B-35
more...
Books (3):
  • アスレティックパフォーマンス向上のためのトレーニングとリカバリーの科学的基礎
    文光堂 2021
  • フィットネスチェックハンドブック-体力測定に基づいたアスリートの科学的支援-
    大修館書店 2020
  • ベースボール・クリニック2019年12月号
    ベースボール・マガジン社 2019
Lectures and oral presentations  (19):
  • 医科学サポート論
    (JOCナショナルコーチアカデミー 2019)
  • 野球選手における投打の回旋方向が体幹部の筋横断面積に及ぼす影響
    (第70回 日本体育学会大会 2019)
  • スキーコンバインドナショナルチーム選手における運動後の異なる炭水化物の摂取量が翌朝の骨格筋グリコーゲン回復に及ぼす影響
    (日本スポーツ栄養学会大会 2019)
  • Effect of different carbohydrate meal intake after exercise on arm muscle glycogen and urine hepcidin level
    (24th Annual Congress of the European College of Sport Science 2019)
  • 400mハードル選手における競技パフォーマンスと体幹部および下肢筋群の筋横断面積との関係
    (体力医学区会大会 2018)
more...
Education (3):
  • 2012 - 2016 Waseda University
  • 2010 - 2012 Waseda University
  • 2006 - 2010 Waseda University
Professional career (1):
  • 博士 (スポーツ科学) (早稲田大学)
Work history (2):
  • 2020/04 - 現在 Yokohama College of Commerce Yokohama College of Commerce Department of Management Information
  • 2016/04 - 2020/03 国立スポーツ科学センター スポーツ科学部 契約研究員
Committee career (1):
  • 2020/08 - 現在 全日本スキー連盟 情報・医・科学委員
Association Membership(s) (6):
日本コーチング学会 ,  日本トレーニング科学会 ,  東京体育学会 ,  日本バイオメカニクス学会 ,  日本体育学会 ,  NSCA Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page