Rchr
J-GLOBAL ID:202001002323197805   Update date: Jul. 01, 2022

YOSHIHAMA TOMOKO

ヨシハマ トモコ | YOSHIHAMA TOMOKO
Affiliation and department:
Papers (20):
  • Naomi Iwasa-Inoue, Hiroyuki Nomura, Fumio Kataoka, Tatsuyuki Chiyoda, Tomoko Yoshihama, Yoshiko Nanki, Kensuke Sakai, Yusuke Kobayashi, Wataru Yamagami, Tohru Morisada, et al. Prospective feasibility study of neoadjuvant dose-dense paclitaxel plus carboplatin with bevacizumab therapy followed by interval debulking surgery for advanced ovarian, fallopian tube, and primary peritoneal cancer patients. International journal of clinical oncology. 2022. 27. 2. 441-447
  • Kodai Abe, Arisa Ueki, Yusaku Urakawa, Minoru Kitago, Tomoko Yoshihama, Yoshiko Nanki, Yuko Kitagawa, Daisuke Aoki, Kenjiro Kosaki, Akira Hirasawa. Familial pancreatic cancer with PALB2 and NBN pathogenic variants: a case report. Hereditary Cancer in Clinical Practice. 2021. 19. 1
  • 平野 卓朗, 山上 亘, 高橋 美央, 吉村 拓馬, 黒田 由香, 同前 愛, 坂井 健良, 吉浜 智子, 千代田 達幸, 林 茂徳, et al. 当院における早期子宮体癌の腹腔鏡下手術の治療成績に関する後方視的検討. 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2021. 59回. O37-3
  • 谷本 慧子, 横田 めぐみ, 椎名 美希, 大野 あゆみ, 黒田 由香, 吉浜 智子, 千代田 達幸, 増田 健太, 西尾 浩, 仲村 勝, et al. 当科における悪性腫瘍治療後患者へのホルモン補充療法(HRT)の有用性に関する検討. 日本女性医学学会雑誌. 2021. 29. 1. 114-114
  • 千代田 達幸, 吉浜 智子, 青木 大輔. 【泌尿器生殖がん、婦人科がん】婦人科がん 婦人科がんにおけるゲノム検査、liquid biopsyの有用性. 腫瘍内科. 2021. 28. 4. 392-398
more...
MISC (52):
  • 赤羽 智子, 平沢 晃, 冨永 英一郎, 井本 逸勢, 大久保 亜希, 伊藤 学, 南木 佳子, 吉浜 智子, 増田 健太, 千代田 達幸, et al. 悪性腹膜中皮腫細胞株KOG-1の3次元立体培養と2次元平面培養によるPEM薬剤感受性の比較. 日本臨床細胞学会雑誌. 2020. 59. Suppl.1. 187-187
  • 坂井 健良, 山上 亘, 早乙女 啓子, 同前 愛, 平野 卓朗, 真壁 健, 吉浜 智子, 千代田 達幸, 野村 弘行, 片岡 史夫, et al. 当院における子宮内膜異型増殖症における腹腔鏡下子宮全摘術の検討. 産婦人科手術. 2019. 30. 166-166
  • 吉浜 智子, 林 茂徳, 山上 亘, 片岡 史夫, 青木 大輔. 腹腔鏡下子宮全摘出後に生じた炎症遷延の原因がMycoplasma hominisと思われた一例. 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌. 2019. 35. Suppl.I. 147-147
  • 高橋 美央, 長谷川 慶太, 中里 紀彦, 吉浜 智子, 飯野 孝太郎, 菅 裕佳子, 井口 蓉子, 北井 啓勝, 伊東 正昭, 櫻井 信行. 胎児心拍陽性の卵巣妊娠に対して腹腔鏡下手術を施行し得た一例. 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌. 2019. 35. Suppl.I. 277-277
  • 千代田 達幸, 吉浜 智子, 早乙女 啓子, 同前 愛, 南木 佳子, 平野 卓朗, 小林 佑介, 山上 亘, 野村 弘行, 片岡 史夫, et al. 生殖細胞系列の遺伝子パネル検査をうけた、家族性の乳癌、卵巣癌が疑われた27例の検討. 日本婦人科腫瘍学会雑誌. 2019. 37. 3. 581-581
more...
Education (2):
  • 2015 - 2019 Keio University
  • 2003 - 2009 Keio University
Professional career (1):
  • 博士(医学) (慶應義塾大学)
Work history (9):
  • 2021/04 - 現在 慶應義塾大学医学部 産婦人科学教室
  • 2019/04 - 2021/03 稲城市立病院 産婦人科 医員
  • 2015/04 - 2019/03 Keio University
  • 2016/04 - 2018/03 RIKEN
  • 2014/04 - 2015/03 慶應義塾大学医学部 産婦人科 助教(専修医)
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page