Rchr
J-GLOBAL ID:202001003200143340   Update date: Oct. 23, 2021

Matsumoto Naoyuki

マツモト ナオユキ | Matsumoto Naoyuki
Affiliation and department:
Job title: 助教
Research field  (2): Architectural and city planning ,  Building structures and materials
Research keywords  (5): 木質構造 ,  建築構法 ,  近代木造 ,  木摺漆喰 ,  構法史
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2020 - 2025 Restoration and inheritance of living heritage under a vulnerable social environment of a port city in southern Oman
  • 2021 - 2023 近代木造建築における木下地-左官材料の併用壁体の構造メカニズム解明と地震被害検証
  • 2021 - 2022 戦前建設請負会社を中心とする建設関係者および構法の相互関係 清水組竣功報告書および建築資料協会のカタログに着目して
  • 2021 - 2022 漆喰塗り厚を考慮した木摺漆喰壁の構造性能評価
  • 2019 - 2021 要素実験に基づく木摺と漆喰の連動的挙動の解明
Show all
Papers (11):
  • A STUDY ON THE TRANSITION OF BUILDING CONSTRUCTION AND PRODUCTION IN PRE-WAR SHOWA ERA-Research on the completion reports of Shimizu-gumi-. 2021. 47
  • Naoyuki Matsumoto. Compression Performance of Traditional Plaster Through Material Experiment. Bulletin of ERS. 2020. 53
  • KUMAGAI Ryohei, MATSUSHIMA Gen, MATSUMOTO Naoyuki. AN EXPERIMENTAL STUDY ON THE CONSTRUCTION METHOD OF CATALAN VAULT CURVED SURFACE BY SIMPLIFIED CENTERING. AIJ Journal of Technology and Design. 2019. 60. 857-861
  • 冨士本 学, 松本 直之, 藤田 香織, 腰原 幹雄. 5009 日本における木骨煉瓦造建造物の構法に関する技術史的研究. 日本建築学会関東支部研究報告集. 2019. 89. 267-270
  • 松本 直之, 藤田 香織. 2021 近代木造建築の構法と地震被害に関する研究 : 平成23年東北地方太平洋地震を事例に その1 調査対象とその構法(構造). 日本建築学会関東支部研究報告集. 2015. 85. 289-292
more...
MISC (23):
  • 冨士本学, 松本直之, 腰原幹雄. A Study on the Localization of Imported Construction Methods in Exterior Walls of Timber Brick Composite Buildings in Modern Japan. 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM). 2020. 2020
  • 冨士本 学, 松本 直之, 熊谷 亮平, 腰原 幹雄. 9337 明治期日本における防火床構法の普及過程に関する一考察 工部大学校・帝国大学工科大学・東京帝国大学工科大学における建築卒業設計図面に着目して. 建築歴史・意匠. 2019. 2019. 673-674
  • 中川 貴文, 腰原 幹雄, 荒木 康弘, 森 拓郎, 光井 周平, 松本 直之, 姚 至謙, 原田 浩司. 22356 軸組併用型CLT パネル工法の実用化に向けて その5 構面実験のフレーム解析. 構造III. 2019. 2019. 711-712
  • 姚 至謙, 松本 直之, 原田 浩司, 田中 圭, 中川 貴文, 荒木 康弘, 腰原 幹雄. 22355 軸組併用型CLTパネル工法の実用化に向けて その4 2層構面の面内せん断試験 破壊の進行および変形・荷重の特徴. 構造III. 2019. 2019. 709-710
  • 松本 直之, 姚 至謙, 原田 浩司, 田中 圭, 中川 貴文, 荒木 康弘, 腰原 幹雄. 22354 軸組併用型CLTパネル工法の実用化に向けて その3 2層構面の面内せん断試験 実験および結果の概要. 構造III. 2019. 2019. 707-708
more...
Books (2):
  • 和室学 世界で日本にしかない空間
    2020
  • Co-ownership of action: trajectories of elements
    2020 ISBN:9784887063860
Professional career (1):
  • 博士(工学) (東京大学)
Work history (2):
  • 2017/09 - 現在 The University of Tokyo Institute of Industrial Science
  • 2016/09 - 2017/08 Tokyo University of Science
Committee career (6):
  • 2020/06 - 現在 一般社団法人 日本建築学会 設計計画・構法計画運営委員会 木造構法小委員会 委員
  • 2019/04 - 現在 一般社団法人 日本建築学会 建築計画委員会 日本建築和室の世界遺産的価値WG 委員
  • 2018/11 - 現在 一般社団法人 日本建築学会 設計計画・構法計画運営委員会 構法計画小委員会 構法史WG 委員
  • 2018/04 - 2020/03 一般社団法人 建築研究振興協会 地震保険損害認定基準専門研究会 委員
  • 2017/05 - 2019/04 公益社団法人 日本地震工学会 事業企画委員会 委員
Show all
Awards (2):
  • 2021/06 - 住総研 第19回 住総研 研究・実践選奨 昭和戦前期の建築構法・生産の変遷に関する産業史的研究-清水組工事竣功報告書を対象として-
  • 2019/07 - 住総研 第4回住総研博士論文賞 近代木造建築の壁構法と構造性能に関する研究 木摺漆喰壁の構成要素と水平力抵抗機構
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page