Rchr
J-GLOBAL ID:202001005412077731   Update date: Oct. 14, 2020

Yasuda Akito

ヤスダ アキト | Yasuda Akito
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2018 - 2021 アメリカ合衆国ハワイ州における野生動物の新たな資源化をめぐる社会動態に関する研究
  • 2016 - 2021 The Research on Hawks,Hawking Grounds and the Environment of Japanese Islands
  • 2016 - 2020 Sociological study on adaptive governance in uncertainty and plurality
  • 2014 - 2017 The possibilities of tourism hunting and local resource management - demonstrative research of coexistence with wildlife in Hokkaido
  • 2013 - 2017 Politics and problems on eco-resource conservation and eco-tourism promotion based on charismatic species and their habitats
Show all
Papers (10):
  • 安田章人. 野生動物管理のための猟区がもつ可能性と課題-北海道・占冠村における猟区設定過程と地域社会の関係に対する分析から-. 日本森林学会誌. 2016. 98. 3. 108-117
  • Akito Yasuda. The potential and subject of hunting zones for wildlife management: Analyzing the establishment process and relations with the local community in Shimukappu Village, Hokkaido, Japan. Nihon Ringakkai Shi/Journal of the Japanese Forestry Society. 2016. 98. 3. 108-117
  • 安田 章人. 青年会員へのアンケートから読み解く、青年部会活動の課題と展望. 「野生生物と社会」学会. 2015. 2. 19. 12-13
  • Pros and Cons of Sport Hunting : A Survey of the Change in Student Attitude through a Simplified Lecture. 2015. 39. 73-79
  • 安田 章人, 富田涼都. 地域社会にとっての「資源」とは何か? 生態系のアンダーユースと自然資源管理-地域社会野文脈への「埋め戻し」試論. 「野生生物と社会」学会. 2014. 19. 1. 18-20
more...
MISC (13):
  • 安田章人. 『九州大学・狩猟研究会(狩り部)』の設立と活動について. 2018
  • 安田章人. 護るために殺す?--アフリカにおけるトロフィー・ハンティングと地域社会. 2018
  • 安田章人. トロフィー・ハンティングと現代社会の『ゆがみ』-映画『SAFARI』を通して. 映画『サファリ』公式パンフレット. 2018. 11-12
  • 安田章人. カモ類による農作物被害と食肉資源利用の可能性-福岡県糸島市を事例に. 農業と経済. 2018. 84. 6. 76-81
  • 安田章人. 『ジビエ・ブーム』は、なにをもたらすのか?人と野生動物の関係からの一考察. ワイルドライフ・フォーラム. 2018. 22. 2. 22-23
more...
Books (18):
  • アクティブ・ラーナーを育む 新時代を拓く基幹教育
    九州大学出版会 2020
  • アクティブ・ラーナーを育む : 新時代を拓く基幹教育
    九州大学出版会 2020 ISBN:9784798502854
  • マスメディアとフィールドワーカー(FENICS 100万人のフィールドワーカーシリーズ6)
    古今書院 2017 ISBN:4772271279
  • 100万人のフィールドワーカーシリーズ6巻 マスメディアとフィールドワーカー
    古今書院 2017
  • 自然は誰のものか: 住民参加型保全の逆説を乗り越える (アフリカ潜在力)
    京都大学学術出版会 2016 ISBN:481400009X
more...
Lectures and oral presentations  (42):
  • 獣害問題とはなにか-社会科学からのアプローチ-
    (九大祭2018 2018)
  • Hunting and wild meat eating in Japan
    (World Social Science Forum 2018 2018)
  • カメルーン北部におけるスポーツハンティング観光と地域社会の関係
    (海外学術調査フォーラム 2018)
  • スポーツハンティングとはなにか?-狩猟を通して、人間を考える
    (伊丹北高等学校講演会 2017)
  • 研究紹介
    (八王子東高等学校講演会 2017)
more...
Committee career (5):
  • 2018/04 - ヒトと動物の関係学会 理事
  • 2009/03 - 2017/05 NPO法人アフリック・アフリカ 理事
  • 2012/10 - 2016/11 「野生生物と社会」学会 青年部会 会長
  • 2008/10 - 2012/11 「野生生物と社会」学会 青年部会 副会長
  • 2006/01 - 2009/03 NPO法人アフリック・アフリカ 事務局員
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page