Rchr
J-GLOBAL ID:202001005979161644   Update date: Oct. 27, 2021

Nagata Kenichiro

ナガタ ケンイチロウ | Nagata Kenichiro
Affiliation and department:
Job title: 薬剤師
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2018 - 2020 機械学習技術を用いた医薬品の投与量チェックシステムの構築と実臨床への応用
  • 2015 - 2015 病棟薬剤師が行う医薬品情報提供の信頼性向上と情報の共有化に向けた研究
Papers (17):
  • Shigeru Ishida, Yoko Makihara, Hiroyuki Watanabe, Takafumi Nakashima, Kenichiro Nagata, Kimitaka Suetsugu, Toshikazu Tsuji, Kojiro Hata, Munehiko Ikeda, Mio Ikebe, et al. Risk Factors for Gemcitabine-Induced Vascular Pain in Patients With Pancreatic Cancer. The Annals of pharmacotherapy. 2020. 1060028020969354-1060028020969354
  • 辻 敏和, 永田 健一郎, 佐々木 恵一, 末次 王卓, 渡邊 裕之, 金谷 朗子, 増田 智先. アイトラッキング手法を用いた薬剤師の視線動向に基づく調剤エラーの発生メカニズムの解明. 医療薬学. 2019. 45. 9. 493-503
  • 辻 敏和, 永田 健一郎, 川尻 雄大, 山田 孝明, 入佐 俊弘, 村上 裕子, 金谷 朗子, 江頭 伸昭, 増田 智先. 薬効別の薬剤配置下における調剤エラーの発生タイミングと患者への危険性との関係. 薬学雑誌. 2016. 136. 11. 1573-1584
  • Toshikazu Tsuji, Kenichiro Nagata, Takehiro Kawashiri, Takaaki Yamada, Toshihiro Irisa, Yuko Murakami, Akiko Kanaya, Nobuaki Egashira, Satohiro Masuda. The Relationship between Occurrence Timing of Dispensing Errors and Subsequent Danger to Patients under the Situation According to the Classification of Drugs by Efficacy. Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan. 2016. 136. 11. 1573-1584
  • 三牧 沙織, 渡邊 裕之, 永田 健一郎, 池末 裕明, 山本 千鶴子, 道下 真里子, 辻川 智子, 平野 めぐみ, 渡部 仁美, 天尾 カオル, et al. エルロチニブおよびゲフィチニブ服薬患者の理解度向上のための患者教育体制の構築とその評価. 医療薬学. 2015. 41. 8. 566-577
more...
MISC (15):
  • 村岡 香代子, 村上 裕子, 永田 健一郎, 米滿 紘子, 久光 莉瑛, 月野木 祥子, 辻 敏和, 江頭 伸昭. 授乳婦の薬物療法における医薬品情報提供支援システムの構築. 日本薬学会年会要旨集. 2020. 140年会. 26M-am05
  • 辻 敏和, 永田 健一郎, 入佐 俊弘, 金谷 朗子, 増田 智先. 調剤エラーの発生メカニズムと患者への危険性との関係. 日本薬学会年会要旨集. 2018. 138年会. 4. 54-54
  • 永田 健一郎, 辻 敏和, 村岡 香代子, 山田 孝明, 熊手 彩音, 舞 彩華, 金谷 朗子, 増田 智先. 医薬品情報の利活用を目的としたウェブアプリケーションの構築. 日本医薬品情報学会総会・学術大会講演要旨集. 2017. 20回. 124-124
  • 村上 裕子, 村岡 香代子, 永田 健一郎, 熊手 彩音, 舞 彩華, 高田 敦史, 吉田 実, 辻 敏和, 金谷 朗子, 増田 智先. 妊婦薬物療法における医薬品情報の共有化と情報提供システムの開発. 日本薬学会年会要旨集. 2017. 137年会. 4. 72-72
  • 有村 洋平, 永田 健一郎, 白濱 雅史, 池末 裕明, 渡邊 裕之, 江頭 伸昭, 増田 智先. ラモトリギン誘発皮膚障害発現に及ぼす併用薬の影響. 日本薬学会年会要旨集. 2016. 136年会. 4. 88-88
more...
Association Membership(s) (3):
Japanese Society of Drug Informatics ,  Japanese Society of Pharmaceutical Health Care and Sciences ,  Japan Association for Medical Informatics
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page