Rchr
J-GLOBAL ID:202001008360072999   Update date: Nov. 02, 2022

TANABE HISANOBU

タナベ ヒサノブ | TANABE HISANOBU
Affiliation and department:
Research keywords  (1): 理科教育 SDGs ESD
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2007 - 2009 実験・観察融合型デジタル教材活用共同研究
  • 2008 - 公教育の水準向上に資する競争原理の導入の在り方 新教育システム開発プログラム事業
  • 2004 - 2005 Development of science history use program that aims at development and continuance of "Rika-Kiso"
MISC (4):
  • Sakoda Masayuki, Wada Yoshihisa, Tsuji Hiroshi, Tanabe Hisanobu, Kaibe Kenji. Maturity Model based Social Networking Service for Science Teachers. Proceedings of the Annual Conference of the Institute of Systems, Control and Information Engineers. 2009. 9. 0. 577-577
  • Wada Yoshihisa, Tsuji Hiroshi, Tanabe Hisanobu. A study of knowledge circulate method in digital educational materials. Proceedings of the Annual Conference of the Institute of Systems, Control and Information Engineers. 2008. 8. 0. 171-171
  • 田辺 久信. 課02-3 子どもの学力とデジタル教材活用との関係 : 大阪府での事例から(課題2 デジタル教材を活用した理科授業,課題研究発表,日本理科教育学会第58回全国大会). 日本理科教育学会全国大会要項. 2008. 58. 66-66
  • 田辺 久信. 1J-03 デジタルカメラを用いたピンホールカメラの教材化(物理教材・教育法,一般研究発表(口頭発表),日本理科教育学会第57回全国大会). 日本理科教育学会全国大会要項. 2007. 57. 151-151
Books (3):
  • 小中学校における理科授業の改善に向けて : ICTを活用した授業実践の成果と課題
    ベネッセコーポレーション 2009
  • 「総合教育力の向上が子どもの学力を伸ばす
    ベネッセ教育総研 2005
  • 「学習指導・評価」 実践チェックリスト
    教育開発研究所 2004
Education (1):
  • 1978 - 1983 神戸大学教育学部
Professional career (1):
  • gakushi (Kobe University)
Work history (12):
  • 2021/04 - 現在 大阪電気通信大学 非常勤講師
  • 2020/04 - 現在 大阪樟蔭女子大学 児童教育学部 児童教育学科 教授(特任1号)
  • 2018/04 - 2020/03 枚方市立楠葉中学校 校長
  • 2014/04 - 2018/03 枚方市立さだ中学校 校長
  • 2013/04 - 2014/03 枚方市立さだ中学校 教頭
Show all
Committee career (4):
  • 2019/04 - 2020/03 大阪府理科研究会 副会長
  • 2017/04 - 2019/03 枚方市校長会 副会長
  • 2017/04 - 2018/03 北河内地区校長会 副会長
  • 2005/04 - 2006 大阪府教育員会 大阪府教科用図書選定審議会専門調査員
Awards (1):
  • 2012/02 - 大阪府優秀教員表彰 教頭としての職務及び理科教育に対する社会的貢献
Association Membership(s) (1):
日本カリキュラム学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page