Rchr
J-GLOBAL ID:202001009781818694   Update date: Sep. 25, 2022

Kiriyama Yusuke

Kiriyama Yusuke
Papers (1):
  • Yusuke Kiriyama, Hikari Shimadera, Syuichi Itahashi, Hiroshi Hayami, Kazuhiko Miura. Evaluation of the effect of regional pollutants and residual ozone on ozone concentrations in the morning in the Inland of the Kanto region. Asian Journal of Atmospheric Environment. 2015. 9. 1. 1-11
MISC (4):
  • 桐山 悠祐, 速水 洋, 板橋 秀一, 嶋寺 光, 三浦 和彦. P224 人為的NOx、VOC排出量の減少がオゾン濃度に与える効果(ポスターセッション). 大会講演予講集. 2014. 105. 222-222
  • 桐山 悠祐, 速水 洋, 嶋寺 光, 河野 なつ美, 三浦 和彦. ドップラーライダの信号とエアロゾル濃度との対応および混合層高度の推定. 大気電気学会誌 = / Society of Atmospheric Electricity of Japan. 2013. 7. 1. 36-37
  • 桐山 悠祐, 速水 洋, 嶋寺 光, 河野 なつ美, 三浦 和彦. P414 ドップラーライダを用いたエアロソン膿度、混合層高度の推定および化学輸送モデルとの比較(ポスター・セッション). 大会講演予講集. 2013. 103. 391-391
  • 桐山 悠祐, 速水 洋, 嶋寺 光, 三浦 和彦. P327 夏季関東内陸部における午前中の高濃度オゾンのシミュレーション(ポスター・セッション). 大会講演予講集. 2012. 101. 357-357
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page