Rchr
J-GLOBAL ID:202001009791183271   Update date: Jul. 25, 2020

Inoue Mitsuyo

イノウエ ミツヨ | Inoue Mitsuyo
Affiliation and department:
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2019 - SLE再燃ハイリスク患者の疲労感マネジメントモデルの開発と有用性の検討
  • 2017 - SLE患者の療養生活における夫のサポートを促進するプログラムの開発と有効性の検討
Papers (3):
  • M Inoue, K Shiozawa, R Yoshihara, T Yamane, Y Shima, T Hirano, K Makimoto. The prevalence of sleep disturbances and predictors of sleep quality among patients with systematic lupus erythematosus. Clinical Rheumatology. 2017. 36. 5. 1053-1062
  • M Inoue, K Shiozawa, R Yoshihara, T Yamane, Y Shima, T Hirano, M Jolly, K Makimoto. The Japanese LupusPRO: A cross-cultural validation of an outcome measure for lupus. Lupus. 2017. 26. 8. 849-856
  • Systemic Lupus Erythematosus Outoatients' Coping Behaviors fpr Uncertainty Illness. 2016. 10. 2. 56-62
Books (3):
  • よくわかる看護研究論文のクリティーク第2版
    2020
  • JBI 推奨すべき看護実践 海外エビデンスを臨床で活用する
    日本看護協会出版会 2020
  • リウマチケア入門
    2017
Lectures and oral presentations  (28):
  • Is use of Hydroxychloroquine Associated with Better Patient Reported Outcomes in Lupus?
    (The 12th European Lupus conference 2020)
  • SLE患者が抱える苦悩
    (2019)
  • SLE患者におけるQOL評価の重要性と日本語版LupusPROの有用性
    (2019)
  • SLE患者におけるQOL評価の重要性と日本語版LupusPROの有用性
    (2019)
  • SLE患者のQOLにおける定量的評価の重要性と疾患特異的QOL尺度【日本語版LupusPRO】の有用性
    (第63回日本リウマチ学会学術大会 2019)
more...
Works (4):
  • 院内看護研究の推進に向けた看護管理者への期待 研究を支援する外部講師の経験から
    2019 -
  • メンタリングとプリセプターシップを活用した新人看護師の育成
    村井正美, 矢倉優子, 井上満代 2019 -
  • エキスパートに対するメンタリング
    井上満代 2019 -
  • 新人看護師に対するメンタリング
    井上満代 2019 -
Education (1):
  • 2014 - 2017 Department of Nursing, Graduate School of Medicine, Osaka University
Professional career (1):
  • 博士(看護学) (大阪大学大学院)
Work history (2):
  • 2019/04/01 - 現在 兵庫医療大学 看護学部 看護学科 講師
  • 2017/04/01 - 2019/03/31 兵庫医療大学 看護学部 看護学科 助教
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page