Rchr
J-GLOBAL ID:202001010177131646   Update date: Oct. 02, 2022

Hashimoto Kazuhiko

ハシモト カズヒコ | Hashimoto Kazuhiko
Affiliation and department:
Job title: 講師
Research field  (1): Oral medicine (pathology)
Papers (55):
  • 佐々木 文, 橋本 和彦, 村本 玄紀, 小橋 優子, 財部 紗基子. 膵原発が示唆された腹膜偽粘液腫の1剖検例. 診断病理. 2022. 39. 2. 126-133
  • Yusuke Aoki, Masaki Minabe, Junichiro Inada, Yurie Akiyama, Kazuhiko Hashimoto, Michiyoshi Kouno, Shinichi Takahashi, Takeshi Nomura. Two cases of oral steroid and local tacrolimus combination therapy for oral lichen planus ineffective with local steroid therapy. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology. 2022
  • Shoko Onodera, Nana Morita, Yuriko Nakamura, Shinichi Takahashi, Kazuhiko Hashimoto, Takeshi Nomura, Akira Katakura, Kenjiro Kosaki, Toshifumi Azuma. Novel alterations in IFT172 and KIFAP3 may induce basal cell carcinoma. Orphanet journal of rare diseases. 2021. 16. 1. 443-443
  • Eisaku Isaka, Takanori Sugiura, Kazuhiko Hashimoto, Kazutaka Kikuta, Ukei Anazawa, Takeshi Nomura, Akihiko Kameyama. Characterization of tumor-associated MUC1 and its glycans expressed in mucoepidermoid carcinoma. Oncology letters. 2021. 22. 4. 702-702
  • 稲田 潤一郎, 澁井 武夫, 東郷 拓也, 橋本 和彦, 眞野 恵範, 野村 武史. 開口障害、頬部腫脹を初発症状とする多発性筋炎が疑われた1例. 日本口腔科学会雑誌. 2021. 70. 3. 209-216
more...
MISC (46):
  • 橋本 和彦, 田中 陽一. 口腔細胞診〜LBC法と従来法の比較と有用性〜 口腔領域における液状化検体細胞診 Thin-prep法とCellprep法. 日本臨床細胞学会雑誌. 2022. 61. Suppl.1. 157-157
  • 橋本 和彦, 佐々木 文. 鑑別の森(第6回) 口腔上皮の反応異型と上皮内扁平上皮癌 Answer(2). 病理と臨床. 2022. 40. 3. 0284-0286
  • 齋藤 寛一, 鈴木 大貴, 栗原 絹枝, 橋本 和彦, 田中 陽一, 飯田 哲也, 岡崎 雄一郎, 表 茂稔, 平 健人, 牧口 哲英, et al. 浦安市口腔がん早期発見システム(OCTOPUS)の成果について. 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2021. 59回. O39-5
  • 西原 孝博, 副島 さやか, 藤井 亜理沙, 秀島 能, 鈴木 大貴, 大金 覚, 橋本 和彦, 中島 純子, 松浦 信幸, 野村 武史. チームアプローチにより治療を行った中顔面多形腺腫由来癌の1例(1)外科的治療について. 歯科学報. 2021. 121. 2. 185-185
  • 橋本 和彦. 一般歯科臨床としての細胞診の可能性〜細胞診専門歯科医の視点で考える〜 細胞診で繋がる 県郡市歯科医師会と歯科大学病院. 日本歯科医師会雑誌. 2021. 74. 4. 337-337
more...
Books (8):
  • 実習 病理学・口腔病理学
    わかば出版 2021 ISBN:9784898240908
  • 口腔がん早期発見のための口腔細胞診入門歯科医院で取り組むLBC
    医歯薬出版 2020
  • 新・口腔外科はじめましょう
    デンタルダイヤモンド社 2020 ISBN:9784885104527
  • 口腔癌取扱い規約 第2版
    金原出版 2019 ISBN:9784307450133
  • 口腔病理アトラス 第3版
    文光堂 2018 ISBN:9784830670046
more...
Lectures and oral presentations  (8):
  • 口腔細胞診〜LBC法と従来法の比較と有用性〜 口腔領域における液状化検体細胞診 Thin-prep法とCellprep法
    (日本臨床細胞学会雑誌 2022)
  • 細胞診を過大評価も過小評価もしないでほしい ~ 口腔外科医に知っておいてほしい細 胞診の利用法
    (第40回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2022)
  • 一般歯科臨床としての細胞診の可能性〜細胞診専門歯科医の視点で考える〜 細胞診で繋がる 県郡市歯科医師会と歯科大学病院
    (日本歯科医師会雑誌 2021)
  • 口腔細胞診の診断ポイントと LBC の有用性
    (第62回日本臨床細胞学会総会(春期大会) 2021)
  • 実践 口腔細胞診biginner's講座 口腔液状化検体細胞診(Cellprep)の3例
    (日本臨床細胞学会雑誌 2021)
more...
Education (2):
  • 2008 - 2011 東京歯科大学大学院 歯学研究科
  • 1999 - 2005 Tokyo Dental College School of dentistry
Professional career (1):
  • 博士(歯学) (東京歯科大学)
Work history (1):
  • 2015/04 - 現在 Tokyo Dental College, Ichikawa General Hospital Department of Pathology and Laboratory medicine
Committee career (3):
  • 2022/09 - 現在 日本臨床口腔病理学会 将来検討委員会
  • 2015/04 - 現在 日本臨床口腔病理学会 口腔癌診断基準検討委員会
  • 2016/01 - 2018/12 日本臨床細胞学会 細胞診専門医資格認定試験委員(歯科口腔)
Association Membership(s) (5):
The Japanese Society of Clinical Cytology ,  The Japanese Society of Pathology ,  日本口腔検査学会 ,  日本臨床口腔病理学会 ,  Japanese Society of Oral and Maxillofacial surgeons
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page