Rchr
J-GLOBAL ID:202001017475979083   Update date: Sep. 21, 2021

Imagawa Yusuke

イマガワ ユウスケ | Imagawa Yusuke
Affiliation and department:
Job title: 講師
Research field  (1): Structural and seismic engineering
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2020 - 2023 火災による熱履歴を受けた鋼・コンクリート合成桁橋の疲労耐久性
Papers (10):
  • MECHANICAL PROPERTIES OF CARBON STEEL UNDER HIGH TEMPERATURE AND PARTIAL FACTOR FOR FIRE RESISTANT DESIGN OF STEEL GIRDER BRIDGES. 2020. 27. 106. 11-22
  • Imagawa Yusuke, Kawamoto Tokuo, Ashi Junichi, Okano Tetsuya, Ohyama Osamu. Evaluation of shear resistance of deformed bar stud used as anchor member of steel expansion joints. Journal of Structural Engineering, A. 2020. 66. 0. 877-885
  • Takahashi Yusuke, Imagawa Yusuke, Ohyama Osamu. Mechanical properties of steel-concrete composite girder during fire. Journal of Structural Engineering, A. 2020. 66. 0. 821-832
  • Yamamoto Masashi, Imagawa Yusuke, Ohyama Osamu. Basic study on time-dependent behavior of composite girder bridges with steel-concrete composite slab. Journal of Structural Engineering, A. 2019. 65. 0. 725-735
  • An Analysis of Failure Mechanism due to Fire for 9 Mile Road Overpass in USA. 2014. 48. 6. 26-30
more...
MISC (10):
  • 今川雄亮, 大山 理. 温度変化によって合成桁に生じるひずみ分布の評価手法の一検討. 鋼構造シンポジウム2020 鋼構造年次論文報告集. 2020. 591-601
  • 山本将士, 今川雄亮, 大山 理. 合成床版の乾燥収縮挙動に関する実験的研究. 第13回 複合・合成構造の活用に関するシンポジウム講演集. 2019
  • 髙橋佑介, 今川雄亮, 大山 理. 火災による熱履歴を受けた鋼コンクリート合成桁の力学特性. 第13回 複合・合成構造の活用に関するシンポジウム講演集. 2019
  • 奥田直人, 今川雄亮, 大山 理. 橋台部ジョイントレス構造における二重合成構造の適用に関する検討. 第13回 複合・合成構造の活用に関するシンポジウム講演集. 2019
  • 広野邦彦, 福田雅人, 武藤和好, 今川雄亮, 中村聖三. Al-Mg5%合金溶射皮膜の加熱実験. 鋼構造年次論文報告集. 2019
more...
Lectures and oral presentations  (10):
  • 軽量コンクリート2種を用いたプレキャストPC床版における高強度頭付きスタッドの設計疲労曲線の提案
    (土木学会 第74回年次学術講演会 2019)
  • 合成桁の長期ひずみ測定における温度差ひずみの評価手法に関する基礎的研究
    (土木学会 第74回年次学術講演会 2019)
  • 合成床版の乾燥収縮解析モデルに関する一提案
    (土木学会 第74回年次学術講演会 2019)
  • 二重合成I桁橋の適用支間長に関する一検討
    (土木学会 第74回年次学術講演会 2019)
  • 既設単純合成桁橋のジョイントレス化における隅角部の断面力
    (土木学会 第74回年次学術講演会 2019)
more...
Association Membership(s) (2):
一般社団法人日本鋼構造協会 ,  公益社団法人土木学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page