Rchr
J-GLOBAL ID:202001017573567036   Update date: Jan. 06, 2022

Ito Kae

Ito Kae
Affiliation and department:
Other affiliations (2):
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2011 - 2013 Development of outreach system tageting high risk elderly
  • 2009 - 2010 Development and evaluation for cognitive Assessment of mild cognitive decline in older Japanese.
Papers (45):
  • Kae Ito, Tsuyoshi Okamura, Shuji Tsuda, Shuichi Awata. Diogenes syndrome in a 10-year retrospective observational study: An elderly case series in Tokyo. International journal of geriatric psychiatry. 2021
  • 枝広 あや子, 岡村 毅, 杉山 美香, 小川 まどか, 稲垣 宏樹, 宇良 千秋, 宮前 史子, 釘宮 由紀子, 森倉 三男, 岡村 睦子, et al. 認知症などの困難を抱えた高齢者に対する地域における歯科口腔保健相談の意義と方法論 権利ベースのアプローチという観点から. 日本認知症ケア学会誌. 2021. 20. 3. 435-445
  • Tsuyoshi Okamura, Chiaki Ura, Yukiko Kugimiya, Mutsuko Okamura, Masako Yamamura, Hidemi Okado, Mika Sugiyama, Hiroki Inagaki, Fumiko Miyamae, Ayako Edahiro, et al. After 5 years, half of people with cognitive impairment were no longer living in the community: A community observational survey. International journal of geriatric psychiatry. 2021
  • Tsuyoshi Okamura, Chiho Shimada, Mio Ito, Kae Ito. Analysis of challenges faced by care managers in providing end-of-life care for older people with terminally ill cancer and dementia. Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society. 2021. 21. 5. 854-855
  • Kae Ito, Fumiko Ogisawa, Ko Furuta, Shuichi Awata, Kenji Toba. Development of a five-item short-form version of the Dementia Behavior Disturbance Scale. Geriatrics & gerontology international. 2021. 21. 9. 870-871
more...
MISC (61):
  • 井藤 佳恵. 【人権と共生社会】医療における人権侵害について 認知症高齢者の進行がんに関するインフォームド・コンセントと医療上の意思決定の課題. 老年精神医学雑誌. 2021. 32. 2. 144-151
  • 井藤 佳恵. 【BPSDとその対応】Senile breakdown 老年期隠遁症候群(いわゆる「ごみ屋敷症候群」)とその対応. 臨床精神医学. 2020. 49. 12. 1953-1959
  • 井藤 佳恵. 地域保健のトピックス 地域における困難事例 再犯を繰り返す高齢者. 認知症の最新医療. 2020. 10. 4. 194-196
  • 井藤 佳恵. 【いま改めて認知症患者の入院の意義について考える】精神科病院における身体合併症を有する認知症患者のケア. 老年精神医学雑誌. 2020. 31. 10. 1082-1087
  • 井藤 佳恵. 認知症患者の権利擁護-医療上の意思決定支援のあるべき姿- 臨床の場の意思決定支援とは. Dementia Japan. 2020. 34. 4. 456-456
more...
Books (11):
  • 松沢病院発!精神科病院のCOVID-19感染症対策
    新興医学出版社 2021 ISBN:9784880027968
  • 精神に病をもつ人の看取り : その人らしさを支える手がかり
    精神看護出版 2021 ISBN:9784862940667
  • 私たちの医療倫理が試されるときー自己決定・自己責任論を超えてー
    (株)ワールドプランニング 2021
  • 「身体拘束最小化」を実現した松沢病院の方法とプロセスを全公開
    医学書院 2020 ISBN:9784260043557
  • レビー小体型認知症診療ハンドブック
    フジメディカル出版 2019 ISBN:9784862701756
more...
Lectures and oral presentations  (122):
  • Factors associated with mortality in older adults with complex mental health and social care needs
    (2021)
  • 重い精神疾患を抱える人の身体合併症医療:医療上の意思決定に関わる課題
    (第34回日本総合病院精神医学会総会 シンポジウム「精神疾患を抱える人の身体合併症医療の方・倫理と実践」 2021)
  • Ethical and Sociological aspects related to End of Life Care issues in Japan
    (2021)
  • 本邦におけるディオゲネス症候群-いわゆるごみ屋敷症候群-臨床的特徴と長期予後
    (第22回日本認知症ケア学会大会)
  • 認知症医療・ケアにおける医科歯科連携、多職種連携
    (第32回老年歯科学会シンポジウム「認知症の人の口を支えるために」 2021)
more...
Education (3):
  • 2011 - 2015 Tokyo Medical and Dental University
  • 1996 - 2002 Tohoku University School of Medicine
  • 1989 - 1993 The University of Tokyo
Professional career (1):
  • 医学博士
Work history (6):
  • 2021/04 - 現在 独立行政邦人東京都健康長寿医療センター研究所 福祉と生活ケア研究チーム 研究部長
  • 2020/10 - 現在 Tokyo Metropolitan Geriatric Hospital and Institute of Gerontology
  • 2020/10 - 現在 Tokyo Metropolitan Geriatric Hospital and Institute of Gerontology
  • 2015/04 - 2020/10 都立松沢病院 精神科 医長
  • 2010/04 - 2015/03 Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology
Show all
Committee career (5):
  • 2020/09 - 現在 日本老年精神医学会 「老年精神医学雑誌」編集委員
  • 2019/06 - 現在 日本老年精神医学会 評議員
  • 2018 - 現在 日本精神衛生会 「心と社会」編集委員
  • 2017/10 - 2019/09 世田谷区社会福祉協議会 成年後見センター運営委員
  • 2016/09 - 2018/02 東京都福祉保健局 精神科身体合併症医療部会委員
Awards (3):
  • 2021/09 - 日本認知症ケア学会 2021年度日本認知症ケア学会大会 石﨑賞 本邦におけるディオゲネス症候群-いわゆるごみ屋敷症候群ー臨床的特徴と長期予後
  • 2014/06 - 日本老年精神医学会 2014年日本老年精神医学会特別奨励賞 地域において困難事例化する認知症高齢者が抱える困難事象の特徴:認知症ステージによる検討
  • 2013/06 - 日本老年精神医学会 2013年第28回老年学会合同選抜ポスター発表 優秀ポスター賞 郵送による生活機能調査未返送の後期高齢者を対象とした訪問調査
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page