Rchr
J-GLOBAL ID:202001018922254870   Update date: Dec. 29, 2022

Tsutsui Kazumi

ツツイ カズミ | Tsutsui Kazumi
Affiliation and department:
Research field  (1): Home economics, lifestyle science
Research keywords  (4): 調理科学 ,  食文化 ,  食育 ,  家庭科
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2017 - 2020 Studies for the new production of rice bread and the characterisitic evaluation of modified rice starch to make effective use of the rice grains stressed at high temperature during the filling
  • 2014 - 2017 Studies for the food products of rice grains stressed at high temperature to improve food self-sufficiency
  • 2016 - 2017 地産地消をめざした天然酵母パンの試作と 愛知県産小麦粉パンの物理化学的特性の評価
  • 2011 - 2013 Effects of physicochemical properties of starch on the taste of rice grains stressed at high temperature
  • 2010 - 2011 酒造好適米の物理化学的特性の解明と食用米の高温障害対策の検討
Show all
Papers (37):
  • 筒井 和美、宮下 さくら、田中 志歩、板倉 厚一. 大学生の農業及び養蜂の体験実態ならびに愛知伝統野菜への関心. 食生活研究. 2022. 43. 1. 34-41
  • 筒井 和美, 田岡 奈々, 加藤 祥子. 特別支援教育における調理実習に関する文献調査と動画教材開発の取り組み. 東海学校保健研究. 2022. 46. 1. 17-27
  • 筒井 和美, 田岡 奈々, 杉浦 美音. 和食伝承のための動画教材の活用とペア指導 : 魚介類を用いた煮物料理を題材として. 食生活研究. 2022. 42. 6. 376-388
  • 筒井 和美, 髙畑 晶子. 野菜の栽培と調理を通した大学生への食農教育. 食生活研究. 2022. 42. 4. 283-288
  • 田岡 奈々, 筒井 和美, 板倉 厚一. 愛知県の雑煮に関する調査年比較. 愛知教育大学家政教育講座研究紀要. 2022. 51. 68-76
more...
MISC (2):
  • 筒井 和美, 西成 勝好. 地産地消をめざした天然酵母パンの試作と愛知県産小麦粉パンの物理化学的特性の評価. 報告書 / エリザベス・アーノルド富士財団 [編]. 2013. 147-152
  • 佐藤 恵美子、筒井 和美. ゴマ豆腐の起源と調製条件に関する食文化的考察. 日本食生活文化調査研究報告集. 2009. 27. 1-27
Books (3):
  • 全集 伝え継ぐ日本の家庭料理 魚のおかず <愛知県>めじろの干物
    農山漁村文化協会 2020
  • 全集 伝え継ぐ日本の家庭料理 小麦・いも・豆のおやつ <愛知県>鬼まんじゅう
    農山漁村文化協会 2019
  • 『動的粘弾性チャートの解釈事例集』第7章 第8節 動的粘弾性測定と熱測定による温水処理澱粉の糊化過程の解析
    技術情報協会 2016 ISBN:9784861046087
Lectures and oral presentations  (29):
  • 教員養成における農業体験と食育
    (日本調理科学会 東海・北陸支部 2022年度大会 2022)
  • Aichi Prefecture home cooking: event foods: Frugal and thrift event dishes on rich regions
    (Abstracts of the Annual Meeting of the Japan Society of Cookery Science 2021)
  • Aichi prefecture home cooking: side dishes
    (Abstracts of the Annual Meeting of the Japan Society of Cookery Science 2019)
  • GABA摂取による脳タンパク質合成の変動におけるグレリンの役割
    (日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 2018)
  • Aichi Prefecture home cooking: main dishes: Traditional local dishes using the abundant food in various area; such as rivers, sea, field and mountains
    (Abstracts of the Annual Meeting of the Japan Society of Cookery Science 2018)
more...
Education (1):
  • - 2006 Nara Women's University
Work history (5):
  • 2014/04 - 現在 Aichi University of Education Faculty of Education
  • 2012/04 - 2014/03 Aichi University of Education Faculty of Education
  • 2009/04 - 2012/03 University of NIIGATA PREFECTURE
  • 2007/04 - 2009/03 県立新潟女子短期大学 生活科学科 食物栄養専攻 助教
  • 2006/04 - 2007/03 県立新潟女子短期大学 生活科学科 食物栄養専攻 助手
Committee career (2):
  • - 現在 日本バイオレオロジー学会 評議員
  • - 現在 日本調理科学会 東海・北陸支部 庶務
Awards (3):
  • 2022/07 - 食生活研究誌 最優秀論文賞 江戸時代の料理書に基づいたうどんの再現
  • 2015/05 - 食生活研究誌 優秀論文賞 新潟県下越地方の粉もの蒸気パン(ぽっぽ焼き)の食文化
  • 2012/06 - 日本バイオレオロジー学会 奨励賞
Association Membership(s) (7):
日本家政学会 ,  日本バイオレオロジー学会 ,  日本レオロジー学会 ,  日本栄養・食糧学会 ,  日本食品科学工学会 ,  日本食生活学会 ,  日本調理科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page