Rchr
J-GLOBAL ID:202101001757045397   Update date: Feb. 01, 2022

Ogura Masamichi

オグラ マサミチ | Ogura Masamichi
Affiliation and department:
Research field  (4): Gerontological and community health nursing ,  Healthcare management, medical sociology ,  Applied microbiology ,  Bacteriology
Research keywords  (3): infection control ,  Antimicrobial Resistance ,  高齢者介護施設
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2019 - 2022 細菌の薬剤耐性機構解析に基づいた多職種連携による 効率的・効果的な院内耐性菌制御の確立のための研究(19HA1004)
  • 2007 - 2009 The study of preoperative application of Mupirocin ointment in carriers of nasal MRSA to prevent postoperative MRSA infection
Papers (1):
  • Masamichi Ogura, Hisako Yano, Mikinori Sato, Atsushi Nakamura, Yukio Wakimoto, Kiyofumi Ohkusu, Takayuki Ezaki. Comparative analysis of MRSA strains isolated from cases of mupirocin ointment treatment in which eradication was successful and in which eradication failed. Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy. 2013. 19. 2. 196-201
MISC (14):
  • 小椋 正道, 阿部 敏子, 大島 利夫, 大楠 清文, 松木 秀明, 藤本 修平. 高齢者介護施設における多剤耐性菌保菌の実態と保菌リスク因子の検討. 室内環境. 2019. 22. 2. 177-184
  • 小椋 正道, 安井 大輔, 岩本 敏志, 阿部 敏子, 大島 利夫. 高齢者介護施設における多剤耐性菌保菌の実態調査. 東海大学健康科学部紀要. 2018. 23. 141-142
  • 荻野 夏子, 吉川 隆博, 北村 周美, 小椋 正道, 安井 大輔, 鈴木 圭二, 矢田 弓子. 精神科入院患者における身体合併症の現状調査. 病院・地域精神医学. 2018. 60. 2. 201-203
  • 加茂 敦子, 池内 眞弓, 小椋 正道, 冨永 光俊, 高森 建二. ドライスキンの表皮における浸透圧感受性チャネルTRPV4の発現変化. 東海大学健康科学部紀要. 2017. 22. 87-88
  • 荻野 夏子, 吉川 隆博, 北村 周美, 小椋 正道, 安井 大輔, 鈴木 圭二, 矢田 弓子. 精神科入院患者における身体合併症の現状調査. 東海大学健康科学部紀要. 2017. 22. 89-90
more...
Books (4):
  • 看護実践のための援助技術
    メディカ出版 2022 ISBN:9784840475372
  • 感染対策ICTジャーナル
    ヴァンメディカル 2017
  • 基礎看護技術
    メディカ出版 2017 ISBN:9784840457958
  • INFECTION CONTROL
    メディカ出版 2011
Lectures and oral presentations  (17):
  • 訪問看護ステーションの看護職者が退院時看護要約を通して施設間で授受している情報に関する実態調査
    (第41回日本看護科学学会学術集会 2021)
  • 病院・介護施設間における患者・利用者と家族が求める看護職者間の医療情報共有についての実態調査
    (第41回医療情報学連合大会 第22回日本医療情報学会学術大会 2021)
  • 感染対策・管理についてききたい
    (第28回日本精神科看護専門学術集会 2021)
  • 医療関連施設における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の実態調査 感染対策措置の実施状況に焦点をあてて
    (第36回日本環境感染学会総会・学術集会 2021)
  • 医療関連施設における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の実態調査 個人防護具の装着状況の違い
    (第36回日本環境感染学会総会・学術集会 2021)
more...
Education (3):
  • 2013 - 岐阜大学大学院 再生医科学分野病原体制御学講座
  • 2005 - 名古屋市立大学大学院 感染予防看護学専攻
  • 1999 - Kitasato University
Work history (3):
  • 2018/04 - 現在 Tokai University School of Medicine Department of Faculty of Nursing
  • 2014/04 - 2018/03 Tokai University School of Health Sciences
  • 2005/04 - 2009/12 Nagoya City University
Committee career (1):
  • 2015/04 - 現在 日本環境感染学会 評議員
Awards (1):
  • 2008/02 - 日本環境感染学会 日本環境感染学会賞 訪問入浴における褥瘡患者のMRSA伝播予防策の検討
Association Membership(s) (1):
日本環境感染学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page