Rchr
J-GLOBAL ID:202101001777356089   Update date: Oct. 03, 2021

NAKAYAMA Shinya

ナカヤマ シンヤ | NAKAYAMA Shinya
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (3): Primary/secondary education and curricula ,  Science education ,  Museology
Research keywords  (5): 理科教育 ,  博物館教育 ,  防災教育 ,  エネルギー環境教育 ,  科学コミュニケーション
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2020 - 2022 科学系博物館と連携したオンライン学習プログラムの開発と実践
  • 2012 - 2015 Constructing a Radiation Education System: Creating, Measuring, Evaluating
  • 2014 - 2015 学校教育と社会教育を科学館運営の主軸とした教育モデルの実証的解明
  • 2012 - 2012 電池の中で起こる化学変化からイオンの生成を理解する学習プログラムの開発
  • 2011 - 2011 小中一貫教育において粒子概念の学習支援を図る教員研修の開発
Show all
Papers (21):
  • 齋藤由美子、中山慎也. 東日本大震災の教訓をどう生かすか-学校安全計画の見直しと防災教育の推進-. 理科の教育. 2021. 70. 830. 20-22
  • Attempt of Science Pedagogy Exercise using “KAHAKU VR”. Japanese Journal of Science Communication. 2021. 29. 69-77
  • 渡辺 尚, 池田 和正, 太田 璃那, 渡部 智喜, 成田 智哉, 吉田 航也, 中山 慎也. 指導者用デジタル教科書による授業実践と児童の学習への取組の特徴に関する一考察~小学校理科における教室のスケールに収まらない学習内容に注目して~. 宮城教育大学情報活用能力育成機構研究紀要. 2021. 1. 89-100
  • 中山慎也. 酸性・アルカリ性の水溶液,色の変化が美しい化学実験-科学系博物館と学校の連携に好都合な「粒子」領域の観察・実験-. 理科の教育. 2021. 70. 822. 31-33
  • 中山慎也. 出雲科学館と小中学校の協働による体験を重視した化学教育の実践. 化学と教育. 2018. 66. 3. 130-133
more...
MISC (32):
  • 中山慎也. 3H2 小中学校と連携して理科教育のレベルアップを図る出雲科学館. 令和3年度 化学系学協会東北大会講演予稿集. 2021. 369
  • 内海真由, 中山慎也. 2I04 東日本大震災を経験した児童の証言から学ぶ「おはしも/おかしも」の重要性. 日本理科教育学会全国大会要項. 2021. 357
  • 大川由莉, 中山慎也. 1K09 小学校理科学習における酸素センサーを用いた光合成実験の最適化. 日本理科教育学会全国大会要項. 2021. 224
  • 中山慎也. Understanding and Promoting Chemical Education through Collaboration between Izumo Science Center and Elementary and Junior High Schools. 日本化学会春季年会講演予稿集(Web). 2021. 101st
  • 内山哲治, 中山慎也, 清原和. 高等学校における探究的な学びの実践支援活動. 日本物理教育学会東北支部第35回研究大会. 2020
more...
Books (4):
  • 地域が育てる科学の芽 : 学校、科学館、児童クラブなど
    学研プラス 2018 ISBN:9784054066779
  • 酸素が見える! : 楽しい理科授業 : 酸素センサ活用教本
    日刊工業新聞社 2017 ISBN:9784526076732
  • 弥生人の彩 (サイ) エンス : 出雲王が愛した色 : 平成22年夏季開館特別展図録
    出雲弥生の森博物館 2010
  • 理工系のための大学院の歩き方
    東京図書 1999 ISBN:4489005806
Education (4):
  • 1999 - 2002 九州大学大学院 分子科学専攻(博士後期課程)単位取得後退学
  • 1997 - 1999 九州大学大学院 化学専攻(博士前期課程)
  • 1993 - 1997 Shimane University
  • 1990 - 1993 島根県立出雲高等学校
Professional career (2):
  • Master of Science (Kyushu University)
  • Bachelor of Science (Shimane University)
Work history (7):
  • 2019/11 - 現在 Miyagi University of Education
  • 2008/04 - 現在 Kyushu University
  • 2007/05 - 2019/10 出雲市教育委員会 出雲市立第一中学校(兼任)
  • 2002/04 - 2019/10 出雲市教育委員会 出雲科学館
  • 2003/08 - 2017/03 出雲少年少女発明クラブ
Show all
Committee career (5):
  • 2021/07 - 現在 仙台市教育委員会 仙台市確かな学力研修委員会 委員
  • 2020/04 - 現在 日本理科教育学会 評議員
  • 2012/01 - 現在 日本サイエンスコミュニケーション協会 編集委員
  • 2020 - 日本理科教育学会 第59回 東北支部大会 実行委員、事務局長
  • 2014 - 科学技術振興機構 才能育成施策ワーキンググループ 委員
Awards (7):
  • 2021/03 - 日本化学会 化学教育有功賞 出雲科学館と小中学校の協働による化学教育の理解増進
  • 2020/12 - 日本科学技術振興財団 感謝状「2020年度放射線教材コンテスト」
  • 2016/03 - 島根県 平成27年度 島根県青少年芸術文化表彰(第2期) 出雲市内小・中学生の自由研究への指導助言(生化学分野)
  • 2013/04 - 文部科学省 平成25年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰「科学技術賞」理解増進部門 科学館と小中学校の協働による化学教育の理解増進
  • 2010/12 - 日本理科教育学会中国支部 日本理科教育学会 中国支部 研究奨励賞 科学館と小中学校が連携した理科学習の評価 ~小学3年生から中学3年生まで7年間の追跡調査より~
Show all
Association Membership(s) (5):
日本サイエンスコミュニケーション協会 ,  日本エネルギー環境教育学会 ,  日本理科教育学会 ,  日本科学教育学会 ,  日本化学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page