Rchr
J-GLOBAL ID:202101010048256707   Update date: Aug. 18, 2022

SUNAHARA, Mika

スナハラ ミカ | SUNAHARA, Mika
Affiliation and department:
Research field  (3): New fields in law ,  Politics ,  International relations
Research keywords  (4): 結果志向管理 ,  人権アプローチに基づく評価 ,  法と開発 ,  公共サービスの評価
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2021 - 2023 法整備支援を対象としたアジャイル型行政評価手法の開発に向けた研究
  • 2017 - 2018 『架橋型』法の教育スキームに基づいた教育教材の開発
  • 2015 - 2017 法整備支援の評価に対する人権アプローチの有効性に関する実証的研究
Papers (3):
  • 砂原美佳. スウェーデンにおける法整備支援とその評価-人権アプローチの可能性. 名古屋大学法政論集. 2017. 272. 121-164
  • 砂原美佳. 法整備支援の評価とアカウンタビリティ-スウェーデン国際開発庁におけるLFA適用事例の検討を通じたプログラム管理の課題. 博士学位論文(名古屋大学大学院国際開発研究科). 2011
  • Sunahara Mika. Principles and Evaluation System of the Swedish International Development Cooperation Policy : A Case-Study of the Legal Assistance to Vietnam. Forum of international development studies. 2005. 30. 30. 149-165
Books (2):
  • 『プロジェクトとしての論文執筆-修士論文・博士論文の執筆計画』
    関西学院大学出版会 2016
  • 『アジア法ガイドブック』
    名古屋大学出版会 2009
Lectures and oral presentations  (2):
  • 「架橋型」法の教育における評価の視点 -法整備支援評価をめぐるゴール・フリー評価の可能性
    (日本法社会学会 2018)
  • スウェーデンのODA評価システム -対ベトナム法整備支援評価を事例として
    (日本評価学会 2012)
Works (4):
  • <研究ノート>「情報通信技術(ICT)の新たな可能性-紛争解決における役割への注目」
    2004 -
  • <報告書>「事例研究 2. クメール・ルージュと国民和解に関する公開討論会」
    2004 -
  • <報告書>「事例研究 1. カンボジア法整備支援」
    新垣修 2004 -
  • <翻訳>「タマサート大学の臨床教育と法サービスの配備 -歴史的・個人的観点から」
    2001 -
Education (1):
  • 2000 - 2006 Nagoya University Graduate School, Division of International Development
Professional career (1):
  • 博士(学術) *学位取得2011/03 (名古屋大学)
Work history (4):
  • 2021/04 - 現在 Nihon Fukushi University Faculty of International Welfare Development Department of International Welfare Development
  • 2016/04 - 2018/03 Researcher
  • 2015/09 - 2016/03 招聘教員
  • 2011/03 - 2012/03 Researcher
Association Membership(s) (1):
日本評価学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page