Rchr
J-GLOBAL ID:202101010654273552   Update date: Dec. 01, 2022

TANAKA CHIHIRO

タナカ チヒロ | TANAKA CHIHIRO
Affiliation and department:
Research field  (1): Basic nursing
Research keywords  (5): 看護教育学 ,  文化心理学 ,  教師の成長 ,  力量形成 ,  複線径路等至性アプローチ
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2022 - 2024 TEAとイマジネーションが拓く文化を創造する看護教員の力量形成プログラム開発
  • 2021 - 2022 The creation of developmental ability model usig lifehistory narratives of nursing educators
  • 2020 - 2022 看護教員の力量形成過程ー複線径路等至性アプローチ(TEA)による分析ー
Papers (7):
  • 力は弱さの中でこそ. Medicine and the Gospel. 2022. 74. 9. 19-23
  • 田中千尋. わが国における看護教員の資質・力量形成に関する文献調査と今後の課題. 教師学研究第25巻1号. 2022. 25. 1. 11-20
  • 田中千尋, サトウタツヤ, 土元哲平, 宮下太陽. TEA複線径路等至性アプローチにみる看護教員の力量形成プロセスー臨床現場から立ち上がった問いと対峙し続ける教員の語りからー. 質的心理学研究,第20号臨時特集,No.20S211-S218. 2021
  • 田中 千尋, サトウ タツヤ. 看護専門学校に所属する看護教員の力量形成の構造 中堅期にある教員の語りから. 看護教育研究学会誌. 2020. 12. 2. 13-24
  • サトウタツヤ, 上村晃弘, 卒田卓也, 田中千尋, 土元哲平, 伴野崇生, 宮下太陽, 横山直子, 木戸彩恵. 新型コロナウィルスの拡散とそれに関するリスク. 対人援助マガジン. 2020. 第41号. 93-104
more...
Lectures and oral presentations  (29):
  • ヤーン・ヴァルシナーの記号論的文化心理学と複線径路等至性アプローチ(TEA)の関係性を考えるー「Boundaries(境界)」概念への着目ー
    (日本質的心理学会第19回大会シンポジウム 2022)
  • COVID-19危機と対峙する看護教員の経験のプロセスー分岐点に着目したイマジネーションと展結(Transduction)ー
    (日本質的心理学会第19回大会 2022)
  • 看護実践とTEA:対象者理解のツールとして
    (TEAと質的探求学会第1回大会ワークショップ 2022)
  • 文化を創造する看護教員の力量形成プロセスの解明 -複線径路等至性アプローチによる分析-
    (日本看護学教育学会第32回学術集会 2022年8月)
  • Ability-Building Process : a nursing teacher facing up to questions raised from clinical sites
    (EAFONS 2022 East Asian Forum of Nursing Scholars Conference)
more...
Professional career (1):
  • Human Science (Ritsumeikan University)
Committee career (2):
  • 2020/12 - 2021/01 The 4th Transnational Meeting on TEA準備委員
  • 2019/08 - 2019/09 The 2th Transnational Meeting on TEA準備委員
Awards (1):
  • 2022/08 - 一般社団法人日本看護学教育学会第32回学術集会 優秀演題賞 文化を創造する看護教員の力量形成プロセスの解明ー複線径路等至性アプローチによる分析ー
Association Membership(s) (9):
TEAと質的探求学会 ,  日本キリスト教者医科連盟 ,  日本カトリック教育学会 ,  日本教師学学会 ,  日本質的心理学会 ,  看護教育研究学会 ,  日本医学看護学教育学会 ,  日本看護歴史学会 ,  日本看護学教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page