Rchr
J-GLOBAL ID:202101013599583007   Update date: Jan. 16, 2022

Tsuchiya Asuka

ツチヤ アスカ | Tsuchiya Asuka
Affiliation and department:
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2021 - 2024 ドクターヘリの効果的な運用と安全管理に関する研究
  • 2021 - 2024 外傷患者に対する適切な救急医療提供体制の構築に資する研究
  • 2021 - 2024 医師の病院前診療における網羅的文献データベース構築とエビデンス診療ギャップの解明
  • 2019 - 2022 Development of comprehensive long-term patients outcome database in trauma and establishment of tailor-made post-discharge medical care
  • 2018 - 2021 エビデンスに基づく自動体外式除細動器設置戦略に向けた医療過疎地域の空間疫学的分析
Show all
Papers (45):
  • Hayato Yamana, Asuka Tsuchiya, Hiromasa Horiguchi, Shigeki Morita, Tamotsu Kuroki, Kunio Nakai, Hideo Nishimura, Taisuke Jo, Kiyohide Fushimi, Hideo Yasunaga. Validity of a model using routinely collected data for identifying infections following gastric, colorectal, and liver cancer surgeries. Pharmacoepidemiology and Drug Safety. 2021
  • Ken Ishikura, Yoshihide Nakagawa, Yuko Nakagawa, Asuka Tsuchiya, Tatsuya Noda, Hayato Takayama, Masanari Machida, Hiroshi Takayama, Tomoko Sato, Ryu Tsumura, et al. The Evaluation of Helicopter Emergency Medical Services With a Physician for Acute Myocardial Infarction in Japan: A Registry-Based Study of Prognosis and Time Reduction. Air Medical Journal. 2021. 40. 6. 399-403
  • Application of causal inference methods in the analysis of observational neurosurgical data: g-formula and marginal structural model. 2021. in press
  • Kazuki Nagatomo, Yusuke Tsutsumi, Asuka Tsuchiya, Masahito Togo, Koji Ishigami, Yusuke Soma, Masataka Sato, Susumu Yasuda. Right proximal common carotid artery injury. The journal of trauma and acute care surgery. 2021. 91. 1. e18-e20-E20
  • Yuki Enomoto, Masao Iwagami, Asuka Tsuchiya, Kojiro Morita, Toshikazu Abe, Takahiro Kido, Kazuaki Uda, Ryota Inokuchi, Hideo Yasunaga, Yoshiaki Inoue, et al. Dexmedetomidine use and mortality in mechanically ventilated patients with severe burns: a cohort study using a national inpatient database in Japan. Burns. 2021
more...
MISC (214):
  • 真弓俊彦, 高田忠敬, 吉田雅博, 北村伸哉, 白井邦博, 土谷飛鳥. 急性膵炎診療ガイドライン2021:何がどう変わったか?. 日本集中治療医学会学術集会(Web). 2021. 48th
  • 小谷穣治, 土谷飛鳥, 中村謙介, 原嘉孝, 東別府直紀, 矢田部智昭. 栄養のEvidence解説,推奨解説. 日本集中治療医学会学術集会(Web). 2021. 48th
  • 堤悠介, 堤悠介, 土谷飛鳥, 土谷飛鳥, 東郷真人, 石上耕司, 安田貢. クラスタリングを用いた外傷死の分類-どのような患者を救命できそうか?-. 日本外傷学会抄録号. 2021. 35th
  • 鵜飼 孝盛, 鳥海 重喜, 土谷 飛鳥, 猪口 貞樹. レジストリ登録データに基づく運用効率性の評価. 日本航空医療学会雑誌. 2020. 21. 3. 68-68
  • 米山 智, 小林 仁存, 武藤 亮, 中村 亮太, 岡田 晃穂, 加藤 丈人, 小崎 浩一, 寺島 徹, 湯沢 賢治, 土谷 飛鳥. 術後膵液瘻に対する膵管ステント留置の有効性とピットフォール. 日本消化器外科学会総会. 2020. 75回. P332-5
more...
Books (8):
  • 急性膵炎診療ガイドライン 2021[第5版]
    金原出版 2021 ISBN:4307204204
  • 救急医学 2021年11月増刊号 外傷画像診断アトラス2021
    へるす出版 2021
  • ICUとCCU(集中治療医学)第45巻第10号 栄養療法
    医学図書出版 2021
  • 敗血症controversy
    中外医学社 2021
  • 日本版敗血症診療ガイドライン2020(J-SSCG2020)ダイジェスト版
    真興交易医書出版部 2021 ISBN:9784880039367
more...
Lectures and oral presentations  (45):
  • Pro-Con ディベート 救急車患者搬送:有料/無料
    (第49回日本救急医学会総会・学術集会 2021)
  • 日本外傷データバンク解析術 コホート研究(マッチング) 傾向スコアマッチングを中心に
    (日本外傷学会雑誌 2020)
  • 外傷の機能予後評価 外傷患者における長期予後 患者報告アウトカムと健康関連QOL(Quality of life) 国立病院機構多施設共同研究より
    (日本外傷学会雑誌 2020)
  • 腹腔動脈閉塞後下膵十二指腸動脈動脈瘤に対するIVRと胃癌開腹手術のコラボレーション
    (日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌 2020)
  • 救急診療戦略における相互補完的IVRとチーム医療の重要性
    (日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌 2020)
more...
Education (3):
  • 2015 - 2016 The University of Tokyo the school of public health
  • 1996 - 2002 Mie University
  • 1992 - 1995 東京都立戸山高等学校
Professional career (2):
  • 博士(医学) (東京大学)
  • 公衆衛生学修士 (東京大学)
Work history (7):
  • 2021/04 - 現在 Tokai University School of Medicine, Faculty of Medicine
  • 2016/04 - 現在 The University of Tokyo
  • 2019/08 - 2021/03 The University of Tokyo
  • 2010/04 - 2021/03 独立行政法人国立病院機構 水戸医療センター 救急医療部 救命救急センター医長(副救命救急センター長)
  • 2008/04 - 2010/03 東京女子医科大学附属八千代医療センター 画像診断IVR科 助教
Show all
Committee career (15):
  • 2021/05 - 現在 日本版重症患者リハビリテーション診療ガイドライン2022作成委員会WG
  • 2021/04 - 現在 日本航空医療学会 ドクターヘリ調査・検証委員会
  • 2020/08 - 現在 日本IVR学会 学術・教育委員
  • 2020/08 - 現在 日本IVR学会 ガイドライン委員
  • 2020/08 - 現在 日本IVR学会 救急・外傷IVR委員
Show all
Awards (1):
  • 2010/09 - 水戸市 消防勲章
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page