Rchr
J-GLOBAL ID:202101016535743255   Update date: Oct. 02, 2022

Hayashi Akihiro

ハヤシ アキヒロ | Hayashi Akihiro
Affiliation and department:
Research field  (1): Gastroenterology
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2020 - 2022 Novel method for capturing a minimal amount of pancreatic tumor-derived mutations using digital PCR
Papers (20):
  • 小杉 英史, 河端 秀賢, 藤林 周吾, 林 明宏, 岩本 英孝, 後藤 拓磨, 高橋 賢治, 北野 陽平, 萩原 正弘, 横尾 英樹, et al. 総胆管結石陥頓が診断契機となった胆管内乳頭状腫瘍を伴う遠位胆管癌の1例. 日本消化器病学会北海道支部例会・日本消化器内視鏡学会北海道支部例会プログラム・抄録集. 2022. 130回・124回. 61-61
  • 川尻 はるな, 高橋 賢治, 藤林 周吾, 河端 秀賢, 林 明宏, 岩本 英孝, 後藤 拓磨, 北野 陽平, 高橋 裕之, 今井 浩二, et al. 背景膵に多発する異型病変を伴った膵上皮内癌の1例. 日本消化器病学会北海道支部例会・日本消化器内視鏡学会北海道支部例会プログラム・抄録集. 2022. 130回・124回. 74-74
  • Hidemasa Kawabata, Yusuke Ono, Nobue Tamamura, Kyohei Oyama, Jun Ueda, Hiroki Sato, Kenji Takahashi, Kenzui Taniue, Tetsuhiro Okada, Syugo Fujibayashi, et al. Mutant GNAS limits tumor aggressiveness in established pancreatic cancer via antagonizing the KRAS-pathway. Journal of gastroenterology. 2022. 57. 3. 208-220
  • 中田 裕隆, 河端 秀賢, 寺澤 賢, 佐藤 裕基, 藤林 周吾, 林 明宏, 岩本 英孝, 後藤 拓磨, 山北 圭介, 高橋 賢治, et al. 22年間の経過観察の後に膵全摘を行った膵管内乳頭粘液性腫瘍の1例. 日本消化器病学会北海道支部例会・日本消化器内視鏡学会北海道支部例会プログラム・抄録集. 2021. 129回・123回. 28-28
  • 寺澤 賢, 河端 秀賢, 中田 裕隆, 佐藤 裕基, 藤林 周吾, 林 明宏, 岩本 英孝, 後藤 拓磨, 山北 圭佑, 高橋 賢治, et al. Solid pseudopapillary neoplasmとの鑑別に苦慮した限局型自己免疫性膵炎の1例. 日本消化器病学会北海道支部例会・日本消化器内視鏡学会北海道支部例会プログラム・抄録集. 2021. 129回・123回. 43-43
more...
MISC (27):
  • 佐藤 裕基, 水上 裕輔, 藤谷 幹浩, 岡田 哲弘, 藤林 周吾, 河端 秀賢, 林 明宏, 後藤 拓磨, 小野 裕介, 杉谷 歩, et al. 切除不能膵癌化学療法例において骨格筋量低下は予後不良因子である. 日本消化器病学会雑誌. 2021. 118. 臨増総会. A353-A353
  • 林明宏, 佐藤裕基, 藤林周吾, 河端秀賢, 岩本英孝, 高橋賢治, 後藤拓磨, 山北圭介, 北野陽平, 水上裕輔, et al. 膵多発SPN(solid-pseudopapillary neoplasm)の1例. 膵臓(Web). 2021. 36. 3
  • 高橋賢治, 小山一也, 川尻はるな, 佐藤裕基, 藤林周吾, 林明宏, 河端秀賢, 岩本英孝, 後藤拓磨, 山北圭介, et al. EUS-FNA検体と血清を用いた膵癌診断における長鎖ノンコーディングRNAの有用性. 膵臓(Web). 2021. 36. 3
  • Tetsuhiro Okada, Yusuke Mizukami, Kazuya Koizumi, Kuniyuki Takahashi, Hirotoshi Iwano, Shingo Asahara, Masaki Kuwatani, Toru Kawamoto, Hiroki Sato, Akihiro Hayashi, et al. FEASIBILITY OF DIGITAL PCR-BASED QUANTIFICATION AND MUTATION ANALYSIS OF PLASMA CELL-FREE DNA FOR DIAGNOSIS AND SURVEILLANCE OF EARLY-STAGE PANCREATIC TUMORS. GASTROENTEROLOGY. 2020. 158. 6. S863-S863
  • 久野木健仁, 小林裕, 杉山雄哉, 村上雄紀, 佐藤裕基, 佐々木貴弘, 高橋慶太郎, 安藤勝祥, 河端秀賢, 林明宏, et al. 精神遅滞を有し免疫不全を伴わない患者に発症したWhipple病の一例. 日本消化器病学会北海道支部例会・日本消化器内視鏡学会北海道支部例会プログラム・抄録集. 2020. 126th-120th
more...
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page