Rchr
J-GLOBAL ID:202201009202619515   Update date: Jul. 30, 2022

UEDA MIZUYO

UEDA MIZUYO
Affiliation and department:
Papers (4):
  • UEDA Mizuyo, HIGASHI Yuji, YATOGO Takeshi. CASE STUDY FOR CHANGE IN EXCRETION ENVIRONMENT OF SEVERELY DISABLED CHILDREN ASSOCIATED WITH THEIR GROWTH AND DEVELOPMENT. Journal of Architecture and Planning (Transactions of AIJ). 2021. 86. 779. 49-59
  • UEDA Mizuyo, YATOGO Takeshi. ACTUAL SITUATION OF EXCRETION AMONG SEVERELY DISABLED CHILDREN AND THE DEVELOPMENT OF BETTER EXCRETION ENVIRONMENTS. Journal of Architecture and Planning (Transactions of AIJ). 2018. 83. 750. 1447-1457
  • Ueda Mizuyo, Miura Haruna, Mitani Chise, Nomura Kan. The present conditions and problem about processing the excrement of babies and little children : Consideration about common use of "the ostomate excrement sink" for the parents who have little children. Journal of Japanese Association for an Inclusive Society. 2012. 14. 2. A18-A24
  • 橋本 美芽, 植田 瑞昌, 八藤後 猛. 基本動作能力に応じた排泄動作と便所改造項目の尺度化--高齢者・障害者のための住環境整備における評価尺度に関する研究. 2002. 1. 1. 50-56
Books (3):
  • 快適なトイレ 便利・清潔・安心して滞在できる空間
    柏書房 2022 ISBN:9784760154678
  • OT・PTのための住環境整備論 第3版
    三輪書店 2021 ISBN:9784895907316
  • 住環境のバリアフリー・ユニバーサルデザイン : 福祉用具・機器の選択から住まいの新築・改修まで
    彰国社 2015 ISBN:9784395320486
Lectures and oral presentations  (7):
  • バリアフリー整備の基礎を知る
    (令和3年度ユニバーサルデザイン講座 練馬区建築課)
  • 住み慣れたまち「いたばし」に暮らし続けるために
    (令和3年度板橋グリーンカレッジ 板橋区健康生きがい部長寿社会推進課)
  • 住宅改修のスキルアップと提案力アップ~住宅改修で学ぶバリアフリーとユニバーサルデザイン~
    (板橋区リフォーム事業者向け講習会)
  • 小さな店舗・診療所等のバリアフリー勉強会『小空間バリアフリー改修の考え方と配慮ポイント』
    (練馬区ユニバーサルデザイン事業者研修)
  • ユニバーサルデザインとは~さまざまな障害と困りごと~
    (板橋区職員研修)
more...
Professional career (1):
  • 博士(工学)
Committee career (16):
  • 2021 - 現在 日本福祉のまちづくり学会 学術研究委員会
  • 2020 - 現在 日本建築学会 ユーザーオリエンテイド・デザイン小委員会
  • 2020 - 現在 練馬区地域福祉計画推進委員会 福祉のまちづくり部会 副部会長
  • 2019 - 現在 日本福祉のまちづくり学会 関東甲信越支部 副支部長
  • 2019 - 現在 日本リハビリテーション工学協会 理事
Show all
Association Membership(s) (5):
高齢社会の住まいをつくる会 ,  こども環境学会 ,  日本リハビリテーション工学協会 ,  日本福祉のまちづくり学会 ,  日本建築学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page