Rchr
J-GLOBAL ID:200901000288757400   Update date: May. 01, 2020

Yamamoto Yasunori

ヤマモト ヤスノリ | Yamamoto Yasunori
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Functional biochemistry
Papers (17):
  • Wisesa S, Yamamoto Y, Sakisaka T. TMCC3 localizes at the three-way junctions for the proper tubular network of the endoplasmic reticulum. Biochemical Journal. 2019
  • Kajiho H, Yamamoto Y, Sakisaka T. CAND1 regulates lunapark for the proper tubular network of the endoplasmic reticulum. Scientific reports. 2019. 9. 1. 13152
  • Yasunori Yamamoto, Toshiaki Sakisaka. The peroxisome biogenesis factors posttranslationally target reticulon homology domain-containing proteins to the endoplasmic reticulum membrane. Scientific reports. 2018. 8. 1. 2322
  • Yamamoto Yasunori, YurugiC, Sakisaka Toshiaki. The number of the C-terminal transmembrane domains has the potency to specify subcellular localization of Sec22c. Biochem Biophys Res Commun. 2017. 487. 2. 388-395
  • Yasunori Yamamoto, Toshiaki Sakisaka. The emerging role of calcium-modulating cyclophilin ligand in posttranslational insertion of tail-anchored proteins into the endoplasmic reticulum membrane. J Biochem. 2015. 157. 6. 419-29
more...
MISC (5):
  • Yamamoto Yasunori, Sakisaka Toshiaki. 【テイルアンカー型タンパク質の細胞内輸送と膜挿入機構:現代生物学に残された謎の一つがいま解かれる】 テイルアンカー型タンパク質のトランスロコン非依存的な小胞体輸送・膜挿入機構. 細胞工学. 2013. 32. 8号. 845-850
  • Yamamoto Yasunori, Sakisaka Toshiaki. 【SNARE複合体-膜融合の機構】 トモシンによるSNARE複合体の制御機構. 生体の科学. 2010. 61巻, 3号, pp. 233-241
  • Yamamoto Yasunori, Sakisaka Toshiaki. 【融合発展する構造生物学とケミカルバイオロジーの最前線】 ターゲットタンパク研究プログラムの成果 細胞接着装置構成蛋白質の構造生物学的研究 Lglファミリー分子トモシンによる小胞融合の制御機構. 蛋白質・核酸・酵素. 2009. 54巻, 12号, pp. 1647-1653
  • Yamamoto Yasunori, Sakisaka Toshiaki. 【メンブレントラフィックの奔流 分子から細胞、そして個体へ】 メンブレントラフィックと高次機能 メンブレントラフィックと神経系 軸索形成における小胞輸送の役割. 蛋白質・核酸・酵素. 2008. 53巻, 16号, pp. 2207-2213
  • Takao Kurooka, Yamamoto Yasunori, Toshiaki Sakisaka. 【神経回路の制御と脳機能発現のメカニズム 細胞移動・接着から記憶・学習・行動発現までの分子基盤解明と研究を躍進させる最新技術】 分子レベルからみた回路形成 細胞接着分子によるシナプス形成機構. 実験医学. 2008. 26巻, 12号, pp. 1859-1868
Books (2):
  • メンブレントラフィック 膜・小胞による細胞内輸送ネットワーク / 神経伝達物質放出を支えるメンブレントラフィック
    化学同人 2016
  • Presynaptic Terminals / Roles of tomosyn in neurotransmitter release
    Springer 2015
Lectures and oral presentations  (13):
  • 小胞体の網目構造を調節する因子の多量体化機構(ポスター)
    (第65回日本生化学会 近畿支部例会 2018)
  • ユビキチンリガーゼ活性による小胞体の新しい形態調節機構
    (ConBio2017 2017)
  • ペルオキシソーム形成因子による小胞体膜変形タンパク質reticulonの翻訳後膜挿入機構
    (ConBio2017 2017)
  • 小胞輸送調節タンパク質Sec22CはC末膜貫通領域の数により細胞内局在を制御する
    (第64回 日本生化学会 近畿支部例会 2017)
  • 小胞体膜タンパク質による極長鎖脂肪酸合成の制御
    (第64回 日本生化学会 近畿支部例会 2017)
more...
Education (1):
  • - 2003 Osaka University Graduate School of Medicine
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page