Rchr
J-GLOBAL ID:200901001084956990   Update date: Dec. 24, 2020

Takeda Tomoko

タケダ トモコ | Takeda Tomoko
Affiliation and department:
Job title: Tenured Instructor
Research field  (1): Japanese language education
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2020 - 2025 認知特性により学習に困難を示す日本語学習者への支援体制構築に向けた基礎的研究
Papers (12):
  • 澁川晶, 武田知子. 日本語教育における適応支援-初年次教育としての役割からその先へ-. ICU 日本語教育研究. 2018. 14. 55-70
  • 2015年春学期「大学生のための文章作成」授業報告-目標提示とルーブリック評価を使用した文章作成指導-. ICU 日本語教育研究. 2016. 12. 38-47
  • Student Learning in the Japanese Teacher Training Course of Keisen University. 2013. 25. 177-188
  • 日系日本語指導者養成の試みと今後の課題. 継承日本語教育センター研究紀要. 2009. 4
  • Developing Foreign Student’s Critical Thinking Skills Through the Academic Debate. 2008. 20. 267-282
more...
MISC (3):
  • Changes in the Oral Ability of Japanese Learners in the Interactive Short Program : From the Keisen University Summer Program in 2018. 2020. 32. 17-45
  • Supporting Japanese Language Learners with Learning Difficulties: Insights from Teachers' Perspectives. ICU Studies in Japanese Language Education. 2019. 15. 69-79
  • Changes in the Oral Ability of Japanese Language Learners in an Interactive Japanese Language Short Program::From the Perspective of Discourse Skills in Oral Communication. 2019. 26. 1. 66-67
Books (4):
  • わかる!レポートのまとめかた
    おうふう 2014
  • 中南米日系人向け初級日本語テキスト にほんごみらい3
    財団法人海外日系人協会 2009
  • 中南米日系人向け初級日本語テキスト にほんごみらい2
    財団法人海外日系人協会 2008
  • 中南米日系人向け初級日本語テキスト にほんごみらい1
    財団法人海外日系人協会 2008
Lectures and oral presentations  (31):
  • 日本語学習者の個人差要因に着目した学習支援-短期留学生Aの事例から-
    (第29回小出記念日本語教育研究会 2020)
  • 日本語学習における躓きの要因-短期留学生への個別指導の事例から
    (沖縄県日本語教育研究会第17回大会 2020)
  • Changes in the Oral Ability of Japanese Language Learners in an Interactive Japanese Language Short Program: From the Perspective of Discourse Skills in Oral Communication
    (2019)
  • 交流型日本語短期プログラムにおける学習者の日本語発話力の変化-学習者発話の形態素解析から-
    (第28回小出記念日本語教育研究会 2019)
  • 言語学習に難しさのある学生への支援 -事例に見る難しさとその対応-
    (2018年度母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)研究大会 2018)
more...
Professional career (1):
  • 人文科学修士 (お茶の水女子大学)
Work history (3):
  • 2005/04 - 2015/03 Keisen University Faculty of Humanities, Department of Japanese Language and Culture Designated Lecturer
  • 2003/03 - 2005/02 韓国 新羅大学校外国語文学部日語日文科 専任講師
  • 1997/02 - 2000/02 国際協力機構(JICA)日系社会青年ボランティア ブラジル派遣 日本語教師
Committee career (2):
  • 2020/01 - 現在 Bilingual/Multilingual Child Network (BMCN)研究会 理事
  • 2016/07 - 2020/06 小出記念日本語教育研究会 事務局
Association Membership(s) (9):
母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会 ,  日本語教育方法研究会 ,  日本語教育学会 ,  日本教育心理学会 ,  日本教育工学会 ,  日本協同教育学会 ,  日本LD学会 ,  小出記念日本語教育研究会 ,  Bilingual/Multilingual Child Network (BMCN)研究会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page