Rchr
J-GLOBAL ID:200901002417494171   Update date: Nov. 17, 2020

Manabu Heya

ヘヤ マナブ | Manabu Heya
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Material fabrication and microstructure control
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2008 - 2009 ラマン分光法を用いた金属・樹脂溶着機構の解明に関する研究
  • 2006 - 2007 術前予測治療のための波長6.0μmにおける生体組織の動的吸収係数の評価
  • 2002 - 2004 レーザー誘起衝撃音計測技術を用いたレーザー治療中のモニタリング技術の開発
Papers (65):
MISC (7):
Books (3):
  • 「ピレーネ」の登場にみる歯牙漂白の新しい展開-漂白の基礎とメカニズム-
    医歯薬出版 2007
  • 一からわかるレーザー歯科治療
    医歯薬出版 2003
  • 歯科用レーザー 臨床まるごと大事典
    デンタルダイヤモンド社 2003
Lectures and oral presentations  (166):
  • 選択的レーザー溶融法を用いたSUS316L の積層造形
    (レーザー学会第40回年次大会 2020)
  • 異種材料接合のためのナノ秒レーザーを用いた表層加工
    (レーザー学会第40回年次大会 2020)
  • 近赤外レーザーピーニングにおけるプラズマ閉じ込め層厚さの影響
    (レーザー学会第40回年次大会 2020)
  • アルミナセラミックスのレーザーピーニング
    (レーザー学会第40回年次大会 2020)
  • ドライ環境下におけるステンレス鋼のレーザーピーニング処理
    (レーザー学会第40回年次大会 2020)
more...
Education (3):
  • - 1999 Osaka University
  • - 1999 Osaka University
  • - 1994 Osaka University 電気工学
Professional career (2):
  • Ph.D. (Osaka University)
  • 博士(工学) (大阪大学)
Work history (10):
  • 2015/04 - 大阪産業大学・工学部・電子情報通信工学科 教授(現在に至る)
  • 2015/04 - 大阪産業大学・工学部・電子情報通信工学科 教授(現在に至る)
  • 2011/04 - 2015/03 学校法人 大阪産業大学 工学部 電子情報通信工学科 准教授
  • 2007/04 - 2011/03 学校法人 光産業創成大学院大学 准教授
  • 2005/04 - 2007/03 学校法人 光産業創成大学院大学 講師
Show all
Committee career (5):
  • 2016/05 - 2019/04 (社)電気学会 レーザ加工条件選定プロセス検証のための協同研究委員会 委員長
  • 2006/04 - (社)レーザー学会 レーザーピーニング応用技術専門委員会 幹事
  • 2003/06 - (社)レーザー学会 レーザーの安全とその教育専門委員会 委員
  • 2003/04 - 2003/04 文部科学省 『サイエンスメディエーター制度の推進』プロジェクト 研究者(2年間)
  • 2002/06 - 2002/06 (社)電気学会 量子放射光プロセス技術調査専門委員会 幹事補佐(3年間)
Awards (3):
  • 2016/01 - レーザ加工学会誌ベストオーサー賞
  • 2011/12 - (社)高温学会 レーザ加工学会 レーザ加工学会誌ベストオーサー賞 レーザピーニング作用に及ぼすパルス幅の影響-サブナノ秒レーザピーニングの優位性-
  • 2003 - レーザー学会学術講演会第23回年次大会優秀論文発表賞
Association Membership(s) (8):
日本太陽エネルギー学会 ,  レーザ加工学会 ,  レーザー学会(国内) ,  応用物理学会 ,  レーザ協会 ,  精密精密技術研究会 ,  電気学会(レーザ加工条件選定プロセス検証協同研究会) ,  レーザプラットフォーム協議会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page