Rchr
J-GLOBAL ID:200901002417494171   Update date: Aug. 21, 2019

Heya Manabu

ヘヤ マナブ | Heya Manabu
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Material processing/Microstructural control engineering
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2008 - 2009 ラマン分光法を用いた金属・樹脂溶着機構の解明に関する研究
  • 2006 - 2007 術前予測治療のための波長6.0μmにおける生体組織の動的吸収係数の評価
  • 2002 - 2004 レーザー誘起衝撃音計測技術を用いたレーザー治療中のモニタリング技術の開発
Papers (62):
  • M. Tsuyama, N. Ehara, K. Yamashita, M. Heya, H. Nakano. Effect of laser peening with glycerol as plasma confinement layer. Applied Physics A. 2018. 124. 250
  • 津山美穂、榎原直哉、山下数馬、部谷学、中野人志. レーザーピーニングにおけるプラズマ閉じ込め層制御の効果. レーザー研究. 2017. 45. 10. 658-661
  • 飯田裕之、王明炎、古河裕之、津山美穂、草場光博、中野人志、部谷学. 黒色液体インクを吸収体に用いたレーザピーニングの効果検証. レーザ加工学会誌. 2017. 24. 2. 110-116
  • 飯田裕之、王明炎、古河裕之、津山美穂、草場光博、中野人志、部谷学. 黒色液体インクを吸収層に用いたレーザピーニングの効果検証. レーザ加工学会誌. 2017. 24. 2. 110-116
  • 王明炎、長村 翔太、飯田裕之、金子宏、草場光博、部谷学. CeO2系の二段階水分解反応におけるレーザ表面粗面化の効果検証. 電気学会論文誌A. 2017. 137. 5. 246-252
more...
MISC (6):
  • 部谷学、飯田裕之、中野人志、津山美穂、古河裕之. 研究開発が進むレーザーピーニング技術. FORM TECH REVIEW. 2015. 25. 104-107
  • M. Heya, K. Matsumoto, T. Takeshita, S. Okihara, and M. Yamanaka. Observation of expansion velocity of laser plasmas using a streak camera. Proc. of 10th ICSP. 2008. 435-438
  • M. Heya, K. Yoshikawa, and J. Kato. Bovine dentin ablation using an MIR-FEL at the wavelength of 6.05 μm. SPIE's Photonics West 2008 -BIOS(SPIE). 2008
  • M. Heya, S. Sano, T. Uchizono, H. Nagata, Y. Fukami, Y. Hashishin, and K. Awazu. Real-Time Monitoring of the Surface Modification of Root Dentin using Photoacoustic Spectroscopy and Photothermal Radiometry. SPIE's Photonics West 2003 -BIOS(SPIE). 2003
  • そこが知りたい!歯科用レーザー. 医歯薬出版,歯界展望. 2003. 102巻1-2号
more...
Books (3):
  • 一からわかるレーザー歯科治療
    医歯薬出版 2003
  • 歯科用レーザー 臨床まるごと大事典
    デンタルダイヤモンド社 2003
  • 「ピレーネ」の登場にみる歯牙漂白の新しい展開-漂白の基礎とメカニズム-
    医歯薬出版 2007
Lectures and oral presentations  (155):
  • 爆縮核融合のコアダイナミクス研究 III
    (日本物理学会 1994)
  • レーザー爆縮コアプラズマにおけるホットスパーク構造 II
    (日本物理学会 1994)
  • レーザー爆縮コアプラズマにおけるホットスパーク構造
    (レーザー学会 1995)
  • レーザー爆縮コアプラズマにおけるホットスパーク構造 III
    (日本物理学会 1995)
  • Hot spark structure in laser-imploded core plasmas observed with a 10-ps-resolved x-ray imaging
    (12th International Conference on Laser Interaction and Related Plasma Phenomena, 1995)
more...
Education (2):
  • - 1994 Osaka University Faculty of Engineering 電気工学
  • - 1999 Osaka University Graduate School, Division of Engineering
Professional career (1):
  • Ph.D. (Osaka University)
Work history (7):
  • 1999/05 - 2000/04 大阪大学・レーザー核融合研究センター 講師(研究機関研究員)
  • 2000/05 - 2004/04 大阪大学大学院・工学研究科・電子情報エネルギー工学専攻 助手(寄付講座教員)
  • 2004/05 - 2005/03 特定非営利活動法人・国際平和基金内・フロンティア・アソシエイツ 研究員
  • 2005/04 - 2007/03 学校法人 光産業創成大学院大学 講師
  • 2007/04 - 2011/03 学校法人 光産業創成大学院大学 准教授
Show all
Awards (3):
  • 2016/01 - レーザ加工学会誌ベストオーサー賞
  • 2011/12 - (社)高温学会 レーザ加工学会 レーザ加工学会誌ベストオーサー賞 レーザピーニング作用に及ぼすパルス幅の影響-サブナノ秒レーザピーニングの優位性-
  • 2003 - レーザー学会学術講演会第23回年次大会優秀論文発表賞
Association Membership(s) (8):
レーザプラットフォーム協議会 ,  電気学会(レーザ加工条件選定プロセス検証協同研究会) ,  精密精密技術研究会 ,  レーザ協会 ,  応用物理学会 ,  レーザー学会(国内) ,  レーザ加工学会 ,  日本太陽エネルギー学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page