Rchr
J-GLOBAL ID:200901002553953740   Update date: Jan. 10, 2020

seki keisuke

セキ ケイスケ | seki keisuke
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Other affiliations (1):
Research field  (2): Periodontology ,  Social dentistry
Research keywords  (5): 臨床研修 ,  歯周病 ,  インプラント ,  再生療法 ,  保存
Papers (26):
  • Keisuke Seki, Yoshiyuki Hagiwara. Implant treatment with 12-year follow-up in a patient with severe chronic periodontitis: A case report and literature review. Case Reports in Dentistry. 2019. 2019
  • 関 啓介, 西澤智香子, 大野立人, 紙本 篤, 萩原芳幸. Clinical Evaluation of Peri-implant Tissue with Calcium Antagonists and Angiotensin II Receptor Blocker Medications Patients. 日本口腔インプラント学会誌. 2019. 32. 2. 140-147
  • Keisuke Seki, Shinya Nakabayashi, Naoki Tanabe, Atsushi Kamimoto, Yoshiyuki Hagiwara. Correlations between clinical parameters in implant maintenance patients: Analysis among healthy and history-of-periodontitis groups. International Journal of Implant Dentistry. 2017. 3. 1
  • Seki K, Cueno ME, Kamio N, Saito Y, Kamimoto A, Kurita-Ochiai T, Ochiai K. Varying butyric acid amounts induce different stress- and cell death-related signals in nerve growth factor-treated PC12 cells: implications in neuropathic pain absence during periodontal disease progression. Apoptosis. 2016. 21. 6. 699-707
  • Keisuke Seki/Atsushi Kamimoto, Yoshiyuki Hagiwara. Dental Implant Clinical Practice in Postgraduate Dental Training Program at Nihon University School of Dentistry Dental Hospital. Journal of Japanese Society of Oral Implantology. 2014. 27. 3. 346-352
more...
MISC (4):
  • 福田佳織/古地美佳, 戸木新, 藤原千晶, 竹内義真, 齋藤邦子, 関啓介, 紙本篤. 研修歯科医による支台築造からクラウン装着までの臨床および技工操作. 日本総合歯科学会雑誌. 2014. 6. 134-137
  • 古市隆/関啓介, 齋藤邦子, 竹内義真, 古地美佳, 紙本篤. Diagnosis and treatment planning for generalized severe periodontitis based on POS. 日本総合歯科学会雑誌. 2014. 6. 126-129
  • 眞田淳太郎/ 関啓介, 川本諒, 村山良介, 伊藤寿典, 齊藤邦子, 竹内義真, 古地美佳, 紙本篤. Experience of dental training program in Shikine island. 日本総合歯科学会雑誌. 2014. 6. 84-87
  • 橋本光二. 診断力てすと 「広汎性に増殖した歯肉」. DENTAL DIAMOND. 2010. 35. 15. 135-136
Books (6):
  • AAP歯周病と全身疾患の関わり
    クインテッセンス出版 2003
  • 70症例で知るインプラント日常臨床
    クインテッセンス出版 2008
  • DH style 別冊 歯科衛生士のX線読影力!臨床で120%活用するために
    デンタルダイヤモンド社 2010 ISBN:1881-3437
  • 93症例で知るインプラント日常臨床
    クインテッセンス出版 2010
  • インプラント症例ファイル2012
    クインテッセンス出版 2012
more...
Lectures and oral presentations  (101):
  • 日本大学歯学部付属歯科病院歯周病科における歯周外科手術の分析
    (第52回日本大学歯学会総会・学術大会 2000)
  • 破折した上顎左側第一小臼歯抜歯後GBR法を併用したインプラント治療の一症例
    (第8回日本顎顔面インプラント学会総会・学術大会 2004)
  • 歯肉切除術によって歯列不正の改善が認められた歯肉線維腫症の一症例
    (第48回秋季日本歯周病学会学術大会 2005)
  • 上顎前歯部に歯槽頂分割法を用いて歯槽堤増大を行ったインプラント治療の一症例
    (第36回日本口腔インプラント学会学術大会 2006)
  • 研修歯科医のHIV感染症と歯科医療に関する認識および関心事項の調査
    (第20回日本エイズ学会学術集会・総会 2006)
more...
Education (1):
  • 2013 - 2018 日本大学大学院 歯学研究科 口腔健康科学分野
Work history (4):
  • 2002/06 - 2006/03 日本大学歯学部保存学教室歯周病学講座 専修医
  • 2006/04 - 2007/04 日本大学歯学部歯科病院系卒直後研修分野 助手
  • 2007/04 - 2016/03/31 日本大学歯学部総合歯科学分野 助教
  • 2016/04/01 - 日本大学歯学部総合歯科学分野 専任講師
Awards (4):
  • 2017/02/11 - 日本口腔インプラント学会 関東・甲信越支部 第36回 日本口腔インプラント学会 関東・甲信越支部学術大会 第8回 学術賞 Statistical analyses of clinical parameters at implant re-evaluation
  • 2016/10/24 - Japanese Society of Oral Implantology 第46回日本口腔インプラント学会学術大会デンツプライシロナ賞 Longitudinal evaluation for the presence of implant adjacent tooth and peri-implant clinical parameter of periodontal patient
  • 2014/09/13 - Japanese Society of Oral Implantology 第44回日本口腔インプラント学会学術大会 優秀研究発表賞 Clinical evaluation of implant therapy after periodontal treatment past 10 years
  • 2006/04/29 - 日本歯周病学会 第48回秋季日本歯周病学会学術大会専門医 優秀ポスター賞 Improvement of malocclusion by gingivectomy in case with hereditary gingival fibromatosis
Association Membership(s) (12):
The Japanese Society of Periodontology ,  Japanese Society of Oral Implantology ,  Journal Dental Education Association ,  日本細菌学会 ,  Japanese Society of Anti-Aging Medicine ,  日本歯科薬物療法学会 ,  The Japanese society of Conservative Dentistry ,  Nihon University Society of Dentistry ,  Japanese Society of Gerodontology ,  日本渡航医学会 ,  Japanese Association of Medical Photography ,  日本総合歯科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page