Rchr
J-GLOBAL ID:200901002930923134   Update date: May. 29, 2019

Kobayashi, Masahiro

コバヤシ マサヒロ | Kobayashi, Masahiro
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Plastic surgery
Research keywords  (5): コンピュータ支援外科 ,  シミュレーション外科 ,  レーザー治療 ,  先端医療分野 ,  形成外科
Papers (89):
  • Etsuko Shindo, Mika Chaen , Masahiro Kobayashi, Tomoko Arahata, Miki Kubo and Kaeko Yamashita. Evaluation and topics of the NetDeTaiso@Home internet exercise program for middle-aged and elderly people. Gerontechnology. 2010. 9. 2. 331
  • KOBAYASHI MASAHIRO. Excel埋め込み型軽量3D医学教育コンテンツの開発. 日本シミュレーション外科学会会誌. 2009. 17. 4. 130-131
  • 板宮朋基,林 佑樹,千代倉弘明,小林正弘,金子 剛. オンライン3Dカンファレンスシステム. 日本シミュレーション外科学会. 2003
  • 永竿智久,中島龍夫,金子 剛,小林正弘. 上顎buttress再建の構造力学的意味について. 日本シミュレーション外科学会. 2003
  • 佐久間恒,金子 剛,木村章子,緒方寿夫,中島龍夫,小林正弘,一色泰成. 焼結結晶造形法による実体モデルの使用経験. 日本シミュレーション外科学会. 2003
more...
Books (13):
  • John Wiley and Sons
    1994
  • Kugler Publications
    1995
  • Springer
    1995
  • IOS Press / Ohmsha
    1995
  • Excerpta Medica
    1996
more...
Lectures and oral presentations  (13):
  • Three dimensional visualization of CT using the virtual reality technique.
    (63th Annual Scientific Meeting of the American Society of Plastic and Reconstructive Surgeons 1994)
  • 我々が経験した顔面骨に発生した線維性骨異形成症の3例
    (第221回日本形成外科学会東京地方会 2000)
  • The collaborative teleconference system utilizing PC screen sharing technology.
    (The Degital Age of Clinical Radiology and Engineering (DACRE2006) 2006)
  • Multi point Tele-clinical case conference utilizing PC screen sharing technology.
    (ISSiS2006 2006)
  • 家庭で生活している高齢者の日常生活動作および身体機能の実体
    (第11回日本看護研究学会東海地方会 2007)
more...
Works (186):
  • Scaphocephaly頭蓋形成術の工夫
    清泉貴志,中嶋英雄,好田隆是,小林正弘,桑子正行,藤野豊美 1985 - 現在
  • Temporalis fascial flap.
    林 隆一,中嶋英雄,清泉貴志,桑子行正,小林正弘,好田隆是,藤野豊美,杉浦 丹 1985 - 現在
  • Fasciocutaneous flapによる陰嚢再建の経験
    小林正弘,中嶋英雄,杉浦 丹 1985 - 現在
  • Von Recklinghausen 氏病における眼窩再建の問題点と工夫
    平野浩一,中嶋英雄,曽根清昭,清泉貴志,桑子行正,好田隆是,小林正弘,藤野豊美 1986 - 現在
  • Free temporalis fascial flap.
    清泉貴志,中嶋英雄,桑子行正,林 隆一,三鍋俊春,小林正弘,藤野豊美 1986 - 現在
more...
Education (1):
  • 1985 - Keio University Faculty of Medicine 医学科
Professional career (1):
  • 医学 (Keio University)
Work history (5):
  • 1987/05 - 1989/09 大学助手(医学部形成外科学)(専修医)
  • 1989/10 - 1993/03 大学助手(医学部形成外科学)
  • 1993/04 - 2001/03 大学専任講師(医学部形成外科学)
  • 1999/10 - 2001/03 大学病院診療科医長(形成外科)(外来担当)
  • 2001/04 - 現在 大学助教授(看護医療学部)
Committee career (5):
  • 1997 - 現在 日本形成外科学会 評議員
  • 1995 - 現在 国際コンピュータ支援外科学会 プログラム委員
  • 2001 - 現在 日本シミュレーション外科学会 理事
  • 1991 - 現在 日本シミュレーション外科学会 評議員
  • 2001 - 現在 日本バーチャルリアリティ医学会 幹事
Awards (1):
  • 1995/03 - 東京都医師会 東京都医師会医学研究賞「形成外科におけるコンピュータ支援外科-光造形法3次元実体モデルの手術シミュレーションへの応用-」
Association Membership(s) (5):
日本形成外科学会 ,  国際コンピュータ支援外科学会 ,  日本シミュレーション外科学会 ,  日本シミュレーション外科学会 ,  日本バーチャルリアリティ医学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page