Rchr
J-GLOBAL ID:200901002992754940   Update date: Jul. 31, 2020

Ando Tomoko

アンドウ トモコ | Ando Tomoko
Affiliation and department:
Research field  (1): Education - general
Research keywords  (17): 学級経営 ,  学校経営 ,  メンタル・ヘルス ,  学校の組織特性 ,  教育改革 ,  自律的学校経営 ,  特色ある学校づくり ,  教員組織 ,  教職アイデンテイテイ ,  組織コミットメント ,  子ども理解規範 ,  教師の職能発達 ,  学校組織 ,  学校改善 ,  教職役割 ,  Classroom Management ,  School Administration
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2015 - 2017 新たな学校ガバナンスにおける「教育の専門性」の再定位
  • 2011 - 2013 <学校力>向上を規定する組織の内的メカニズムに関する基礎的研究
  • 2002 - 2004 健康な教職認識を醸成する学校の組織的条件に関する研究
  • 2000 - 2001 教師の「子ども理解」規範を効果的に活用する学校組織に関する研究
  • 1990 - 教師の社会学的アンビバランスと職能成長に関する研究
Show all
Papers (48):
  • Hirofumi HAMADA, ANDO Tomoko, YAMASHITA Koichi, KATO Takahide, OHNO Yasuki, TAKATANI Tetsuya, TERUYA Shota, ASAKURA Masashi, TAKANO Takahiro. Reconsideration of the Position of "Professionality of Education" in the New School Governance(2)An Analysis of Elementary School Teachers' Perceptions of Expertise in the Teaching Profession. 2019. 43. 2. 1-24
  • HAMADA Hirofumi, ANDO Tomoko, YAMASHITA Koichi, KATO Takahide, OHNO Yasuki, TAKATANI Tetsuya, TERUYA Shota, ASAKURA Masashi, TAKANO Takahiro. Reconsideration of the Position of "Professionality of Education" in New School Governance : Case Studies of "Kan-min ittai-gata Gakkou" in Takeo City and "Community School" in B City. 2018. 42. 2. 45-71
  • ANDO Tomoko. The policy theory of "school as a Team",and reality of the school. 2016. 25. 26-34
  • ANDO Tomoko. The "Bullying Problems" as the Management Subjects in a School. Bulletin of School Administration. 2015. 40. 20-28
  • ANDO Tomoko. How do the teachers promote positive sense making to community of practice in the school?. 2015. 34. 13-23
more...
MISC (24):
  • 安藤知子, 高谷哲也, 山本遼. 教職大学院におけるスクールリーダー教育のプログラム設計にみられる全体的傾向と追究課題. 教職大学院スクールリーダー教育の効果性に関する調査研究事業:育成指標の具現化に向けたプログラム開発の在り方について(最終報告書). 2020. 26-46
  • 安藤 知子. グローバルな教師教育課題と地域の教育ニーズを共に反映させる大学-地方教育行政のコミュニケーション・チャンネル構築に関する研究. 平成29-30年度上越教育大学研究プロジェクト(一般研究)報告書. 2019
  • 安藤 知子. 書評 朝倉雅史著『体育教師の学びと成長-信念と経験の相互影響関係に関する実証研究-』. 日本教育経営学会紀要. 2018. 60. 238-240
  • ANDO Tomoko. Practice Forum JASEA : Interactive Development of Research and Practice by Promoting Partnership. The Japanese Association for the Study of Education Administration. 2018. 60. 215-235
  • 安藤 知子. 教職員の時間管理と意識改革による学校の働き方の改善. 教育展望. 2018. 64. 5. 31-35
more...
Books (22):
  • 学校ガバナンス改革と危機に立つ「教職の専門性」
    学文社 2020 ISBN:9784762029455
  • 事典 持続可能な社会と教育
    教育出版 2019
  • 未来の教育を創る教職教養指針第2巻 教職原論
    学文社 2019
  • 講座現代の教育経営5 教育経営ハンドブック
    学文社 2018
  • 講座現代の教育経営4 教育経営における研究と実践
    学文社 2018
more...
Lectures and oral presentations  (4):
  • 教員社会で期待される「実践力」に関する研究 : 研究紀要に描かれる実践場面の記述を手がかりとして(【テーマB-2】学校のリアリティと改革の可能性,テーマ型研究発表【B】,発表要旨)
    (日本教育学会大會研究発表要項 2011)
  • 指定討論者から : 「学校組織の健康」をどうとらえるか(教職員の健康・学校組織の健康)
    (日本教育経営学会紀要 2010)
  • 教育行政の立場から(2. シンポジウム 今,改めて,教師の専門性を問う-子どもの豊かな学びを拓く,第4部 第20回研究大会の概要)
    (学校教育研究 2006)
  • School Sites Weaving in the Educational Reform : Do you Understand Where the Schools are Going and What is Expected to the Educational Management Study?
    (Journal of JASEA 2005)
Works (8):
  • 教員の人事評価と職能プログラムに関する国際比較研究
    2002 - 2003
  • Comparative Study of Teacher Evaluation and Support Program
    2002 - 2003
  • 各学校のカリキュラム開発の促進条件に関する研究
    1999 - 2000
  • Study of factors promote curriculum development at school
    1999 - 2000
  • 教員の年齢構成と教育効果に関する研究
    1996 - 1998
more...
Education (4):
  • - 1996 University of Tsukuba
  • - 1996 University of Tsukuba
  • - 1990 University of Tsukuba
  • - 1990 University of Tsukuba
Professional career (2):
  • (BLANK) (University of Tsukuba)
  • 博士(教育学) (筑波大学)
Work history (8):
  • 2014/10 - 現在 Joetsu University of Education
  • 2004/04 - 2014/09 Joetsu University of Education
  • 1998/04 - 2004/03 Joetsu University of Education College of Education
  • 1996 - 1998 University of Tsukuba
  • 1996 - 1998 The University of Tsukuba, Associate
Show all
Awards (1):
  • 1997 - 教育研究特別表彰
Association Membership(s) (6):
日本学校教育学会 ,  日本教育行政学会 ,  日本教師教育学会 ,  日本教育社会学会 ,  日本教育経営学会 ,  日本教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page