Rchr
J-GLOBAL ID:200901003052683820   Update date: Apr. 09, 2009

Toyosaki Nanae

トヨサキ ナナエ | Toyosaki Nanae
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Criminal law
Research keywords  (2): 刑事訴訟法 ,  Criminal Procedure
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 1994 - 2007 Study on Criminal Evidence
  • 刑事訴訟における事実観、刑事証拠法、刑事事実認定、未決拘禁
MISC (15):
  • 未決拘禁の理論的根拠. 法学. 2006. 第69巻第5号
  • 刑事裁判における事実とは何か--上田誠吉氏に聴く. 龍谷法学. 2005. 第38巻第3号
  • 布川事件再審開始決定の意義と刑事手続・再審の改革課題. 法律時報. 2005. 第77巻第13号1~4頁
  • 刑事訴訟における事実観. 刑法雑誌. 2005. 第44巻第3号335~350頁
  • 第一審無罪判決の場合における、控訴審での再勾留の批判的検討 --再勾留権限否定論の理論的根拠--. 龍谷法学. 2004. 第37巻第3号30~78頁
more...
Books (4):
  • 未決拘禁は何のためにあるか--未決拘禁制度の抜本的改革を展望するための基本的視角
    刑事立法研究会編『代用監獄・拘置所改革のゆくえ--監獄法改正をめぐって』(現代人文社) 2005
  • 刑事訴訟における絶対的権利としての公正な事実認定--その理論的基礎
    『小田中聰樹先生古稀記念論文集』(日本評論社) 2005
  • 状況証拠による事実認定と事実観
    村井敏邦編『刑事司法と心理学--法と心理の新たな地平線を求めて』(日本評論社) 2005
  • 誤判の本質とその現象形態-刑事訴訟における事実観・補論-
    『光藤景皎先生古稀祝賀論文集・下巻』成文堂 2001
Education (4):
  • - 1996 Tohoku University
  • - 1996 Tohoku University Public Law
  • - 1994 Tohoku University
  • - 1994 Tohoku University
Professional career (1):
  • LL. M. (Tohoku University)
Work history (6):
  • 2002 - - 龍谷大学法学部 助教授
  • 2002 - - Associate Professor, Faculty of Law, Ryukoku
  • 1996 - 2001 Tohoku University Faculty of Law
  • 1996 - 2001 Research Associate, Faculty of Law, Tohoku
  • University
Show all
Association Membership(s) (6):
法と心理学会 ,  民主主義科学者協会法律部会 ,  日本刑法学会 ,  Japanese Society for Law and Psychology ,  Law Section of the Association of Democratic Scientists ,  Criminal Law Society of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page