Rchr
J-GLOBAL ID:200901003056775738   Update date: Oct. 27, 2020

Yoshizuka Kazunori

ヨシヅカ カズノリ | Yoshizuka Kazunori
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (2): Physiology ,  Sports science
Research keywords  (6): 登山 ,  長距離走 ,  暑熱環境 ,  鼓膜温 ,  hot environmental conditions ,  tympanic temperature
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2019 - 2023 マラソン練習を活用した登山事故対策の研究
  • 2016 - 2019 熱中症対策帽子の研究開発
  • 2015 - 2018 暑熱障害防止のための無線鼓膜温測定装置の実用化に関する研究, 研究分担者
  • 2012 - 2016 熱中症防止のための体温コントロールに関する研究
  • tympanic temperature under hot environmental conditions
Show all
Papers (6):
more...
MISC (21):
more...
Lectures and oral presentations  (5):
  • The relationship between student’s evaluation for the PE class of radio exercises using ICT and various factors
    (The 2019 International Conference for the 8th East Asian Alliance of Sport Pedagogy. 2019)
  • 運動時における無線式鼓膜温測定装置の開発
    (ロボティクス・メカトロニクス講演会 2016)
  • 暑熱環境下における帽子着用の有無が鼓膜温に及ぼす影響
    (第28回 日本トレーニング科学会 2015)
  • 暑熱環境下における運動中の体温とクーリング効果
    (日本体力医学会 コンディショニング科学カンファレンス 2011)
  • 暑熱環境下での長距離走時における頭部への水かけが体温上昇の抑制に及ぼす効果:鼓膜温を指標として
    (第20回 日本トレーニング科学会 2007)
Works (6):
  • 男子大学生の体格と鼓膜温の関係
    2000 -
  • Relationship between Physique and Tympanic Temperature in Male University Students.
    2000 -
  • 長距離走者のインターバルトレーニングにおけるペース設定の検討
    1996 -
  • Estimation of Effective Running Pace through Interval Training for Long Distance Runners.
    1996 -
  • 下肢冷却が長距離走に及ぼす影響
    1993 -
more...
Education (3):
  • - 2008 National Institute of Fitness and Sports in Kanoya
  • - 2004 National Institute of Fitness and Sports in Kanoya
  • - 1988 National Institute of Fitness and Sports in Kanoya
Professional career (1):
  • 博士(体育学) (鹿屋体育大学 (NIFS))
Awards (5):
  • 2019/03 - 佐世保市体育協会 体育功労賞
  • 2019/02 - 長崎県 奨励顕彰
  • 2018/02 - 長崎県 功労顕彰
  • 2015/03 - 佐世保市教育委員会 スポーツ功労賞
  • 2013/03 - 長崎県 奨励顕彰
Association Membership(s) (3):
KYUSHU SOCIETY OF PHYSICAL EDUCATION AND SPORT ,  日本体力医学会 ,  トレーニング科学研究会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page