Rchr
J-GLOBAL ID:200901003262832802   Update date: Sep. 13, 2020

Takibata Mariko

タキバタ マリコ | Takibata Mariko
Affiliation and department:
Job title: 教授
Homepage URL  (2): http://takibata.hatenablog.com/http://takibata.hatenablog.com/
Research field  (3): Education - general ,  Museology ,  Cultural properties
Research keywords  (5): 博物館 ,  社会教育 ,  博物館学 ,  Adult and Community Education ,  Museum Studies
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2017 - 2021 Study on reciprocal relationship between museums and the elderly
  • 2015 - 2017 ミュージアムと高齢者の互恵的関係に関する研究
  • 2013 - 2017 入館料問題を切り口とする博物館の公共性に関する研究
  • 2010 - 2012 自治体財政難が公立博物館に及ぼす長期的影響に関する研究
  • 2005 - 2008 Birth and Continuation of Public Museums
Show all
Papers (18):
more...
MISC (51):
  • 瀧端 真理子. アメリカ合衆国のミュージアムにおける寄附金獲得戦略(3). Musa(博物館学芸員課程年報). 2020. 34. 11-35
  • 瀧端真理子. 世界のミュージアム入館料事情を探る(スペイン・アメリカ編). ウェブ版美術手帖. 2020
  • 瀧端 真理子. アメリカ合衆国のミュージアムにおける寄附金獲得戦略(2). Musa : 博物館学芸員課程年報. 2019. 33. 13-39
  • TAKIBATA Mariko. Attempts to Improve Lessons Using WebClass and Future Prospects. 2018. 44. 31-35
  • 瀧端 真理子. アメリカ合衆国のミュージアムにおける寄附金獲得戦略(1). Musa 博物館学芸員課程年報. 2018. 32. 53-72
more...
Books (6):
  • 社会教育・生涯学習辞典
    朝倉書店 2012 ISBN:4254510330
  • 博物館学事典
    雄山閣 2011 ISBN:4639021836
  • ボランティアコーディネーター白書 2007-2009年版
    大阪ボランティア協会 2008 ISBN:9784873080567
  • 新しい博物館学
    芙蓉書房出版 2008 ISBN:4829504161
  • 社会教育関連法制の現代的検討 (日本の社会教育)
    東洋館出版社 2003 ISBN:4491019290
more...
Lectures and oral presentations  (65):
  • 英国における博物館入館料無料の起源に関する探究
    (日本社会教育学会第67回研究大会 2020)
  • 寄附の観点から考える博物館への市民参加
    (日本社会教育学会 2019)
  • The History and Challenge of Citizens' Participation at the Osaka Museum of Natural History
    (ICOM Kyoto 2019, NATHIST Session7 2019)
  • The locally significant approach needs a globally standardized practice - In order to overcome the weakness of Japanese museum professionals
    (ICOM Kyoto 2019, ICTOP Session5 2019)
  • 高齢者と博物館ー持ちつ持たれつ
    (2019年度県内学芸員等の総合プロデューサー育成研修会(熊本県) 2019)
more...
Works (2):
  • クルマに依存しない郊外生活の可能性に関する研究
    2008 -
  • 財団法人大阪府文化財センター・日本民家集落博物館・大阪府立弥生博物館・大阪府立近つ飛鳥博物館 2002年度共同研究
    2002 -
Education (5):
  • 1994 - 1997 京都大学大学院 教育方法学専攻博士後期課程
  • - 1997 Kyoto University
  • 1992 - 1994 京都大学大学院 教育方法学専攻修士課程
  • 1990 - 1992 Kyoto University
  • - 1992 Kyoto University
Professional career (1):
  • (BLANK)
Work history (6):
  • 2010/04 - 現在 Otemon Gakuin University Faculty of Psychology
  • 2007/04 - 2010/03 Otemon Gakuin University Faculty of Psychology
  • 2006/04 - 2007/03 Otemon Gakuin University Faculty of Psychology
  • 2004/04 - 2006/03 Otemon Gakuin University
  • 2000/04 - 2003/03 Otemon Gakuin University
Show all
Committee career (3):
  • 2012/10 - 2013/03 公益財団法人大阪市博物館協会外部評価委員
  • 2004 - 2006 全日本博物館学会 総務委員
  • 2001 - 2004 日本エコミュージアム研究会 理事
Association Membership(s) (6):
THE JAPANESE SOCIETY OF CULTURAL ANTHROPOLOGY ,  MINOM ,  ICOM ,  全日本博物館学会 ,  人文地理学会 ,  日本社会教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page