Rchr
J-GLOBAL ID:200901003552019170   Update date: Aug. 10, 2022

Ogata Mitsugi

オガタ ミツギ | Ogata Mitsugi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Sports science
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2002 - 2010 Relationship between level of fitness, and sports performanc and motion.
  • 超回復とパフォーマンス
Papers (227):
  • 尾縣,貢. 円盤投における並進運動に関するパラメータと円盤の初速度との関係. 陸上競技学会誌. 2107. 15. 35-46
  • 河合, 季信, 渡部, 厚一, 本間, 三和子, 尾縣, 貢, 山口, 香. Pilot study of the coping strategies on the "Unintended" anti-doping rule violations: A web-based survey of top-level Japanese coaches. The Japan Journal of Coaching Studies. 2022. 35. 2. 259-269
  • 尾縣, 貢. 等尺性下肢伸展力の立ち上がり率から見た爆発的な力発揮能力の競技特性. 体育学研究. 2022. 67. 91-102
  • 尾縣, 貢. 休息時間が異なるレペティションスプリントのエネルギー代謝特性. Kyushu Journal of Physical Education and Sports. 2022
  • 尾縣, 貢. 身長発育から見た小学生男児レスリング選手における体力・運動能力の発達特性. トレーニング指導. 2021
more...
Books (27):
  • コーチングへの招待
    大修館書店 2017 ISBN:9784469268195
  • 21世紀スポーツ大辞典
    2015
  • ぐんぐん強くなる陸上競技
    ベースボールマガジン社 2007
  • スレティックトレーナーの役割
    日本体育協会 2007
  • 予防とコンディショニング
    日本体育協会 2007
more...
Lectures and oral presentations  (22):
  • わが国の競歩オリンピアンの�食行動変容に影響を与えた要因
    (日本陸上競技学会 第19回大会 2021)
  • わが国の競歩オリンピアンの食行動変容に影響を与えた要因
    (日本陸上競技学会 第19回大会 2021)
  • A comparison of sprinting performance between habitual barefoot and shod child runners: a case-control study.
    (The 2020 Yokohama Sport Conference 2020)
  • 長期のはだし運動が児童の疾走能力および跳躍能力に与える影響
    (日本体育学会第70回大会 2019)
  • Longitudinal changes in the early and late rate of force development during competition season for jumpers
    (24th annual Congress of the European College SPORT SCIENCE 2019)
more...
Education (2):
  • - 1983 University of Tsukuba Coaching
  • - 1981 University of Tsukuba
Work history (7):
  • 2009/11 - 現在 国立大学法人筑波大学大学院人間総合科学研究科 教授
  • 2007/04/01 - 2009/11/30 国立大学法人筑波大学 大学院人間総合科学研究科 准教授
  • 2004/04/01 - 2007/03/31 国立大学法人筑波大学 大学院人間総合科学研究科 助教授
  • 1998/11/01 - 2004/03/31 University of Tsukuba Institute of Health and Sport Sciences
  • 1994/04/01 - 1998/10/31 University of Tsukuba Institute of Health and Sport Sciences
Show all
Committee career (16):
  • 2017/04 - 現在 国立スポーツ科学センター 業績評価委員会
  • 2017/04 - 現在 委員長
  • 2013/06 - 現在 Japan Olmpyc Committee council
  • 2013/06 - 現在 公益財団法人日本オリンピック委員会 常務理事
  • 2012/06 - 現在 councilor
Show all
Association Membership(s) (5):
JAPAN SOCIETY OF ATHLETICS ,  JAPAN SOCIETY OF PHYSICAL EDUCATION,HEALTH AND SPORT SCIENCES ,  JAPANESE SOCIETY OF SPORT EDUCATION ,  Japan Society of Movement and Behaviour ,  日本コーチング学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page