Rchr
J-GLOBAL ID:200901004173604398   Update date: Nov. 17, 2020

Minagawa Takako

ミナガワ タカコ | Minagawa Takako
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Homepage URL  (1): http://pub2.db.tokushima-u.ac.jp/ERD/person/60210/profile-ja.html
Research field  (3): Clinical nursing ,  Gerontological and community health nursing ,  Clinical nursing
Research keywords  (5): 脳神経(ニューロサイエンス)看護 ,  臨床看護学 ,  Rehabilitation nursing ,  Cerebral apoplexy nursing ,  Brain nursing
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2016 - 2020 脳卒中患者の発症直後から在宅へのシームレスな活動・参加拡大を目指した支援法の開発
  • 2015 - 2019 急性期病院から即自宅生活を目指した脳卒中発作後患者の廃用症候群予防プログラム検証
  • 2012 - 2015 脳卒中急性期から慢性期を視座に入れた上肢廃用症候群予防プログラムの開発
  • 2009 - 2012 Development of the disuse syndrome preventive program for the apoplexyacute period patients considering the life of chronic phase
  • 2002 - 2003 脳神経疾患患者に対する東洋医学的看護ケアの効果に関する研究
Show all
Papers (70):
more...
MISC (78):
Books (5):
  • 疾患別脳神経看護フローチャート
    株式会社 メディカ出版 2017 ISBN:9784840458702
  • 新版 脳神経ナース必携 脳卒中看護実践マニュアル, --- 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師2015年カリキュラム準拠 ---
    株式会社 メディカ出版 2015 ISBN:9784840424752
  • ナーシング・グラフィカ 健康回復と看護4 脳・神経機能障害/感覚機能障害
    株式会社 メディカ出版 2014
  • 検査看護技術
    ヌーヴェルヒロカワ 2006 ISBN:4902085992
  • ナーシング·グラフィカ, 脳神経·感覚機能障害13
    株式会社 メディカ出版 2005 ISBN:9784840411059
Lectures and oral presentations  (19):
  • 手術看護の専門性と手術室看護師のモチベーション低下に関する要因
    (日本手術看護学会誌 2017)
  • " I'don`t need a glass arm. ", --- Focusing on Decresased joint tange of motion in acute phase stroke patients ---
    (World Federation Neuroscience Nurses 12th Quadrennial Congress 2017)
  • 血中AIMとメタボリックシンドローム発症に関する疫学的検討
    (糖尿病(Web) 2017)
  • Takako Minagawa, Ayako Tamura, Takako Ichihara, Yukari Hisaka and Hiroko Kondo : What Happens to Upper Extremity Joint Range of Motion During Restraint of the Nonparetic Side of a Stroke Patient?, American Association of Neuroscience Nurses 48th Annual Ed
    (American Association of Neuroscience Nurses 48th Annual Educational Meeting(New Oreans) 2016)
  • 脳卒中急性期に用いる降圧剤(ニカルジピン注射液)使用による静脈炎発生要因の検討
    (日本意識障害学会プログラム・抄録集 2016)
more...
Education (5):
  • - 2015 徳島大学大学院保健教育部博士後期課程単位取得退学
  • - 2000 The University of Tokushima
  • - 2000 The University of Tokushima
  • - 1988 藤田保健衛生大学 衛生看護修了
  • - 1988 Fujita Health University
Professional career (2):
  • 修士(学術) (徳島大学)
  • 博士(保健学) (徳島大学)
Work history (2):
  • 2015/04 - 現在 Tokushima University Graduate School of Biomedical Sciences Department of Medical Treatment Recovery Care Nursing Associate Professor
  • 2013/05 - 2015/03 The University of Tokushima
Committee career (7):
  • 2020/04 - 現在 日本脳神経看護研究学会 理事
  • 2016/04 - 現在 日本ニューロサイエンス看護学会 理事
  • 2000/04 - 現在 日本脳神経看護研究学会 四国部会 会長
  • 2018/06 - 2020/03 日本脳神経看護研究学会 評議員
  • 2016/10 - 2018/10 日本循環器看護学会 学術委員会委員
Show all
Association Membership(s) (8):
Japanese Academy Neuroscience Nursing ,  JAPAN ACADEMY OF NURSING EDUCATION ,  日本看護研究学会 ,  日本がん看護学会 ,  日本看護科学学会 ,  日本脳神経看護研究学会 ,  日本循環器看護学会 ,  JAPANESE SOCIETY FOR CHRONIC ILLNESS AND CONDITIONS NURSING
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page