Rchr
J-GLOBAL ID:200901004228089234   Update date: Sep. 01, 2020

Ujike Isao

ウジケ イサオ | Ujike Isao
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://www.cee.ehime-u.ac.jp/~rock/index.htm
Research field  (1): Civil engineering (materials, implementation, construction management)
Research keywords  (8): Multi-functionality and high-functionality of concrete ,  Crack and deformation properties of RC member ,  Maintenance of concrete structure ,  Environmental load reduction in concrete ,  Mass transfer in concrete ,  Mass Transfer ,  Design ,  Concrete
Research theme for competitive and other funds  (23):
  • 2016 - 2019 微生物代謝を利用したコンクリートのひび割れ等の補修方法の実用化に関する研究
  • 2012 - 2015 実構造物コンクリートにおいて劣化予測に用いる定量的指標を得るための点検方法の開発
  • 2009 - 2011 即発 γ 線分析によるコンクリート中の塩化物イオン濃度分布の現場非破壊測定方法の開発
  • 2007 - 2008 即発 γ 線分析によるコンクリート中の塩化物イオン濃度分布の非破壊測定方法の開発
  • 2005 - 2006 使用状態でひび割れが発生しないRPC補強RC梁部材の開発
Show all
Papers (55):
  • Pang-jo Chun, Isao Ujike, Kohei Mishima, Masahiro Kusumoto, Shinichiro Okazaki. Random Forest-based evaluation technique for internal damage in reinforced concrete featuring multiple nondestructive testing results. Construction & Building Materials. 2020. accepted
  • -. 2019. 124
  • 河金甲, 和氣佳純, 氏家勲. フライアッシュ混和の高強度PC桁の蒸気養生方法に関する検討. 第23回プレストレストコンクリートの発展に関するシンポジウム論文集. 2019
  • N.Sandra, K. Kawaai, I. Ujike. Corrosion Current Density of Macrocell of Horizontal Steel Bars in Reinforced Concrete Column Specimen. 2019. 16. 54. 123-128
  • Saaya Sugitani, Keiyu Kawaai, Isao Ujike. Effect of oxygen permeability on corrosion properties in mortar specimens mixed with bacillus subtilis. MATEC Web Conf. 7th International Conference on Concrete Repair. 2019. 289
more...
Patents (2):
  • 石炭灰を含むコンクリート
  • コンクリート構造物内部の空隙検査方法
Books (7):
  • コンクリート工学(改訂新版)
    朝倉書店 2012
  • 基礎から学ぶ鉄筋コンクリート工学
    朝倉書店 2009
  • コンクリート診断士合格必携
    技術書院 2008
  • コンクリート総覧
    技術書院 1998
  • コンクリートの高性能化
    技報堂出版 1997
more...
Lectures and oral presentations  (22):
  • フライアッシュを混和したプレキャストPC製品のひび割れ抵抗性
    (土木学会全国大会第74回年次学術講演会 2019)
  • 鉄筋腐食ひび割れの進展期が各種非破壊試験の測定値に及ぼす影響
    (コンクリート工学年次大会2019 2019)
  • 柱供試体に埋設した水平鉄筋の腐食性状に与える酸素透過の影響
    (土木学会四国支部第25回技術研究発表会 2019)
  • コンクリート構造物の品質評価のための表層透気試験の測定数についての検討
    (土木学会四国支部第25回技術研究発表会 2019)
  • 納豆菌の微生物代謝を利用した断面修復材の基礎的研究
    (土木学会四国支部第25回技術研究発表会 2019)
more...
Works (1):
  • New Recycle Method of Building Materials Taking into Consideration of Life-cycle of Structure
    1997 - 2000
Education (4):
  • 1994 - 1994 博士(工学)(東京工業大学)
  • 1977 - 1981 Hiroshima University
  • - 1981 Hiroshima University
  • 1974 - 1977 香川県立丸亀高等学校
Professional career (1):
  • Doctor of Engineering (Tokyo Institute of Technology)
Work history (6):
  • 2007/04 - 現在 Ehime University Graduate School of Science and Engineering
  • 1999/01 - 2007/03 Ehime University Graduate School of Science and Engineering
  • 2002/04 - 2003/03 Imperial College (University of London)
  • 1995/04 - 1999/12 Ehime University
  • 1986/02 - 1995/03 Utsunomiya University Faculty of Engineering, Architecture and Civil Engineering
Show all
Committee career (9):
  • 2015/05 - 現在 土木学会 コンクリート委員会規準関連小委員会委員
  • 2013/05 - 現在 土木学会 コンクリート委員会常任委員
  • 2008/10 - 現在 国土交通省 四国地方整備局総合評価委員会委員
  • 2008/09 - 現在 愛媛県 建設工事総合評価審査委員
  • 2007/09 - 現在 愛媛県 橋梁長寿命化修繕計画評価員
Show all
Awards (7):
  • 2017/08 - 愛媛大学工学部 教育貢献賞
  • 2017/06 - 日本コンクリート工学会 功労賞
  • 2010/06 - The best paper for in the category of scientific value
  • 1998/07 - 日本コンクリート工学会 年次大会優秀講演賞
  • 1991/08 - RMCAS Award
Show all
Association Membership(s) (8):
日本コンクリート診断士会 ,  日本材料学会 ,  JAPAN CONCRETE INSTITUTE ,  土木学会 ,  ACI ,  JMSM ,  JCI ,  JSCE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page