Rchr
J-GLOBAL ID:200901004275218816   Update date: Apr. 01, 2021

Ogawa Tomonari

オガワ トモナリ | Ogawa Tomonari
Affiliation and department:
Research field  (1): Nephrology
Research keywords  (7): 医工学 ,  急性血液浄化 ,  アフェレシス ,  サイコネフロロジー ,  在宅透析 ,  バスキュラーアクセス ,  透析療法
Research theme for competitive and other funds  (16):
  • 2019 - 現在 J-DOPPS(日本における血液透析の治療方法と患者予後についての第7期調査)
  • 2017 - 現在 透析用の自己血管使用皮下動静脈瘻の閉塞性病変の治療におけるIN.PACTTM AV Accessパクリタキセルコーティング経皮的血管形成術バルーンのピボタル試験
  • 2015 - 現在 血球細胞除去用浄化器LX-01の有効性および安全性評価のための臨床試験
  • 2008 - 現在 末梢動脈疾患(PAD)/閉塞性動脈硬化症(ASO)合併透析患者に対するLDLアフェレシス療法による臨床効果と透析効率の検討
  • 2015 - 2019 J-DOPPS(日本における血液透析の治療方法と患者予後についての第6期調査)
Show all
Papers (140):
  • Tomonari Ogawa, Yuki Kanayama, Yusuke Sasaki, Kenta Tokui, Kunihiko Yasuda, Hiroaki Hara, Takatsugu Iwashita, Taisuke Shimizu, Hajime Hasegawa. Assessment of an Automatic Hot Water Sterilizing System-Equipped Dialysis Supply Device's Circuit Degradation, 7 Years Postinstallment. ASAIO Journal. 2021. online
  • Tomonari Ogawa, Megumi Inamura, Yuichiro Kawai, Ryo Yamamoto, Kunihiko Yasuda, Taisuke Shimizu, Jun-Ichi Tamaru, Hajime Hasegawa. Difficulty removing dialysis cuff catheter after its adhesion to the right atrium. Journal of vascular access. 2021. online
  • Isaka Yoshitaka, Hayashi Hiromitsu, Aonuma Kazutaka, Horio Masaru, Terada Yoshio, Doi Kent, Fujigaki Yoshihide, Yasuda Hideo, Sato Taichi, Fujikura Tomoyuki, et al. Guideline on the use of iodinated contrast media in patients with kidney disease 2018. Japanese journal of radiology. 2020. 38. 1. 3-46
  • Isaka Yoshitaka, Hayashi Hiromitsu, Aonuma Kazutaka, Horio Masaru, Terada Yoshio, Doi Kent, Fujigaki Yoshihide, Yasuda Hideo, Sato Taichi, Fujikura Tomoyuki, et al. Guideline on the use of iodinated contrast media in patients with kidney disease 2018. Clinical and experimental nephrology. 2020. 24. 1. 1-44
  • 小川智也, 深澤瑞也, 宮田昭. Dialysis therapy、2018 year in review 透析アクセス. 日本透析医学会雑誌. 2019. 52. 12. 761-762
more...
Books (7):
  • オンラインHDFのターゲットと適応拡大「最新透析医療 先端技術との融合」
    医薬ジャーナル社 2016
  • 米国での在宅透析を学んで~今後の在宅血液透析を考える~「全人力・科学力・透析力・for the people 透析医学」
    医歯薬ジャーナル 2014
  • 「狭窄(症状,診断の進め方)」
    バスキュラーアクセス診断学(中外医学社) 2012
  • 「内シャントの血行動態」
    バスキュラーアクセス診断学(中外医学社) 2012
  • 「Q18 人工血管(グラフト)では穿刺の仕方が変わりますか? Q24 穿刺痛への対処法は? Q25 抜針・止血の基本とコツは? Q27 止血不良の対処法は? Q43 スチール症候群って何ですか? その対処法は?」
    透析スタッフのためのバスキュラーアクセスQ&A 2012
more...
Lectures and oral presentations  (241):
  • 献腎移植希望登録患者の年1回の外来受診制度について
    (第55回日本移植学会総会 2019)
  • シンポジウム「HDFの優位性はどこにあるのか?」. HDF療法と循環動態における優位性.
    (日本医工学治療学会第34回学術集会 2018)
  • 小児重症急性肝不全に対して、血液浄化療法を行った一例.
    (日本医工学治療学会第34回学術大会 2018)
  • シンポジウム「私の考える HPM」 これからの透析を支えるHPMを思考する.
    (第33回 日本ハイパフォーマンス・メンブレン研究会 2018)
  • How do stents in the central vein affect AV fistula?
    (Annual Dialysis Conference 2018)
more...
Education (1):
  • 1991 - 1997 Saitama Medical University
Professional career (1):
  • 博士(医学) (埼玉医科大学)
Work history (2):
  • 2010/01 - 2010/12 尚篤会 赤心クリニック 透析部長
  • 2010/01 - 2010/12 Manager(Dean)
Committee career (44):
  • 2021/01 - 現在 日本腎臓学会 症例評価委員
  • 2020/11 - 現在 日本透析アクセス医学会 認定制度委員会
  • 2019/11 - 現在 日本腹膜透析医学会 保険委員会
  • 2019/11 - 現在 日本腹膜透析医学会 評議員
  • 2019/07 - 現在 日本サイコネフロロジー学会 理事
Show all
Awards (1):
  • 2013/04 - 8th International Congress on Vascular Access Best Poster Award (Vascular Access Society)
Association Membership(s) (19):
日本血液透析濾過医学会(日本HDF医学会) ,  日本在宅血液透析医学会 ,  日本透析アクセス医学会 ,  日本HDF医学会 ,  日本在宅血液透析研究会 ,  埼玉腹膜透析研究会 ,  日本腹膜透析医学会 ,  埼玉アクセス研究会 ,  日本アクセス研究会 ,  日本HDF研究会 ,  日本人工臓器学会 ,  日本サイコネフロロジー学会 ,  日本医工学治療学会 ,  透析バスキュラーアクセスインターベンション研究会 ,  日本急性血液浄化学会 ,  日本アフェレシス学会 ,  日本透析医学会 ,  日本腎臓学会 ,  日本内科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page