Rchr
J-GLOBAL ID:200901004655181664   Update date: May. 25, 2021

Masuda Ryuichi

マスダ リュウイチ | Masuda Ryuichi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Biodiversity and systematics ,  Evolutionary biology
Research keywords  (4): 進化遺伝学 ,  分子系統学 ,  Evolutionary genetics ,  Molecular phylogenetics
Research theme for competitive and other funds  (14):
  • 2019 - 2021 遺伝学と形態学的アプローチによる北ユーラシアにおける食肉類の多様性と進化の解明
  • 2017 - 2019 ブルガリアの生物地理とトラキア文化の起源に関する分子系統・動物考古学的研究
  • 2015 - 2019 ユーラシア中央部・南部でのヒグマ多様性変遷の探求と北海道ヒグマ三系統の起源解明
  • 2016 - 2018 北方ユーラシアにおける食肉類の遺伝的多様性および形態的多様性の比較研究
  • 2014 - 2016 ウラル地方と北海道での古代から現代へのヒグマの系統地理、形態、文化変遷の比較研究
Show all
Papers (161):
MISC (70):
more...
Books (19):
  • ヒグマ学への招待 〜 自然と文化で考える
    北海道大学出版会 2020 ISBN:9784832974159
  • ユーラシア動物紀行
    岩波新書 2019 ISBN:9784004317579
  • 日本の食肉類 〜 生態系の頂点に立つ哺乳類
    東京大学出版会 2018 ISBN:9784130602372
  • 動物学の百科事典(分担執筆)
    丸善 2018 ISBN:9784621303092
  • Biodiversity Conservation Using Umbrella Species: Blakiston's Fish Owl and the Red-crowned Crane (Ecological Research Monographs)(分担執筆)
    Springer-Verlag 2018 ISBN:9811072027
more...
Lectures and oral presentations  (11):
  • ひぐま学への招待
    (第29回先端科学移動大学(道民カレッジ) 2020)
  • 哺乳類食肉目の種多様性と生物地理的歴史
    (第65回日本生態学会・シンポジウム「系統地理学と地質学からせまる日本列島の生物多様性形成史」 2018)
  • Molecular phylogeography of mustelid species endemic to the Japanese islands and closely related species
    (Symposium “Diversity among Mustelidae: evolution, genetics, socio-ecology inform conservation in Asia and Far East”: 12th International Mammalogical Congress (IMC12) 2017)
  • ヒグマの遺伝的多様性と移動の歴史
    (北海道自然保護協会講演会 2017)
  • ヒグマの多様性と北海道への渡来の歴史
    (第23回氷海の民シンポジウム(第32回北方圏国際シンポジウム市民公開講座)(道民カレッジ連携講座) 2017)
more...
Works (1):
  • 哺乳類を主な対象とした分子系統進化学および生物地理学
Professional career (1):
  • Doctor of Science (Hokkaido University)
Work history (5):
  • 2012 - 現在 Hokkaido University Faculty of Science Professor
  • 2007 - 2012 Hokkaido University Associate Professor
  • 2001 - 2007 Hokkaido University Associate Professor
  • 1991 - 2001 Hokkaido University Assistant Professor
  • 1989 - 1991 National Cancer Institute, U.S.A Postdoctoral Fellow
Committee career (10):
  • 2020 - 現在 環境省 ツシマヤマネコ生息域内保全委員会委員
  • 2020 - 現在 日本動物学会 理事(北海道支部長)
  • 2012 - 現在 日本哺乳類学会 代議員
  • 2002 - 現在 Russian Journal of Theriology 編集委員
  • 2018 - 2019 日本哺乳類学会 理事
Show all
Awards (3):
  • 2019 - 日本哺乳類学会賞
  • 2019 - 日本動物学会賞
  • 2002 - 日本動物学会論文賞(Zoological Science Award)
Association Membership(s) (2):
日本哺乳類学会 ,  日本動物学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page