Rchr
J-GLOBAL ID:200901004694653395   Update date: Oct. 28, 2010

Ito Kimiko

イト キミコ | Ito Kimiko
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (4): Special needs education ,  Art history ,  Aesthetics and art studies ,  Science education
Research keywords  (4): 学校教育・教育臨床 ,  美術教育 ,  Sculpture ,  Art Education
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2000 - 女子青年の自己愛傾向が大学への不適応に及ぼす影響
  • 生涯教育の創作活動に関する研究
  • Art Education
MISC (14):
  • 個別学習プログラムの美術教育アプローチの試み. 神戸女子大学教育諸学研究論文集. 2008. 22. 39-45
  • Viktor Lowenfeldの美術教育方法について. 神戸女子大学文学部紀要. 2008. 41. 13-20
  • 「TESTA」(彫刻作品). 神戸女子大学教育学科研究会(教育諸学研究論文集). 2003. 17. 7
  • エリクソニアン・アプローチの臨床教育学への適用. 神戸女子大学 教育学科研究会(教育諸学研究論文集). 2002. 16, pp.33-54
  • 「TESTA」(彫刻作品). 神戸女子大学教育学科研究会(教育諸学研究論文集). 2002. 16, pp.5
more...
Books (2):
  • 幼児の造形ワークショップ2立体造形・造形あそび編(共著)
    明治図書 2004
  • 幼児の造形ワークショップ1平面造形編(共著)
    明治図書 2004
Lectures and oral presentations  (6):
  • 発達障害児に対する個別学習プログラムの試みについて2ー文章読解力の学習と造形教育ー
    (第6回日本教育カウンセラー学会研究発表大会 2008)
  • 発達障害児に対する個別学習プログラムの試みについて2ー個別の指導計画における造形教育アプローチー
    (第6回日本教育カウンセラー学会研究発表大会 2008)
  • 発達障害児(学習困難児)に対する個別学習プログラムについて
    (第5回日本教育カウンセラー学会研究発表大会 2007)
  • 大学生の自己愛傾向が大学適応に及ぼす影響
    (第42回全国大学保険管理研究集会 2004)
  • 女子大学新入生の自己愛傾向と大学適応に関する研究(2)
    (日本教育心理学会第45回総会 2003)
more...
Works (3):
  • IFA展(International Fine Arts Association) 2004 受賞
    2004 -
  • IFA展(International Fine Arts Association) 2002受賞
    2002 -
  • Application of Ericksonian Approach to the Study of Clinical Padagogy
Education (3):
  • - 2002 Hyogo University of Teacher Education
  • - 1983 Kobe Women's University
  • - 1983 Kobe Women's University
Professional career (2):
  • (BLANK)
  • 修士(学校教育学) (兵庫教育大学)
Association Membership(s) (4):
日本教育カウンセラー協会 ,  日本教育カウンセラー学会 ,  日本教育心理学会 ,  日本美術教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page