Rchr
J-GLOBAL ID:200901005051203445   Update date: Apr. 11, 2017

Tachibana Masahiko

Tachibana Masahiko
Research keywords  (5): ハイブリッド構造 ,  木質構造 ,  充填鋼管コンクリート構造 ,  鉄骨鉄筋コンクリート構造 ,  建築構造学
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2015 - 現在 交差梁で構成した覆工板の力学的性状
  • 2015 - 現在 発泡スチロールを用いたコンクリート型枠兼断熱材の構造特性に関する実験的研究
  • 2015 - 現在 繊維シート-発泡材複合パネルの力学特性に関する実験的研究
  • 2009 - 現在 コンクリート系構造物の耐震補強法の開発研究
  • 2009 - 現在 ノンダイアフラム形式柱梁接合部における増厚鋼管パネルの開発
Show all
Papers (73):
Books (3):
  • 規基準の数値は「何でなの」を探る 第2巻
    株式会社 建築技術 2015
  • 合成構造の設計 ー学びやすい構造設計ー
    日本建築学会関東支部 2006
  • 鉄骨鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説(2001改定)
    日本建築学会 2001
Lectures and oral presentations  (30):
  • ハイブリッド構造の歴史、原理と最近の研究状況(SRC構造、CFT構造、柱RC/梁S構造、修復その他)
    (2015)
  • ハイブリッド構造の歴史、原理と最近の研究状況(SRC構造、CFT構造、柱RC/梁S構造、修復その他)
    (日本鋼構造協会 2014)
  • 建築構造におけるハイブリッド化の理論と実際
    (2014)
  • 鉄骨偏心梁の取り付く通しダイアフラム形式・CFT柱梁接合部の力学的性状 その8 梁の偏心率が0.34の部分骨組実験
    (日本建築学会 2010)
  • 袋状繊維型枠を用いたアンカーレス耐震補強工法に関する実験的研究 その2.実験概要と破壊性状
    (日本建築学会 2010)
more...
Works (40):
  • 鋼板とFRP中空板で構成したハイブリッド覆工板の力学的性能に関する基礎実験
    2015 -
  • 鉄筋トラス付き捨て型枠工法のRC床版の曲げ性能に関する実験的研究
    2015 -
  • 追加補強筋によるRC造柱の耐震補強に関する実験的研究
    深澤協三 2015 -
  • 東鉄工業式一面せん断補強工法に関する実験報告書
    立花正彦, 深沢協三 2014 -
  • 鉄骨偏心梁の取り付く通しダイアフラム形式・柱梁接合部の力学的性状に関する基礎実験(その3)
    吉田良治, 押田光弘, 森田耕次, 立花正彦 2012 -
more...
Work history (1):
  • Tokyo Denki University School of Science and Technology for Future Life Department of Architecture Professor
Committee career (2):
  • 2012/04/01 - 2013/03/31 建築研究開発コンソーシアム 委員長
  • 2009/04/01 - 2012/04/30 日本鋼構造協会 鋼-木質系ハイブリッド構造の設計施工に関する技術資料作成小委員会 主査
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page