Rchr
J-GLOBAL ID:200901005357867665   Update date: Sep. 01, 2020

TAKEUCHI Yugo

タケウチ ユウゴウ | TAKEUCHI Yugo
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (1):
  • 創造科学技術研究部 インフォマティクス部門 創造科学技術研究部  教授
Homepage URL  (1): http://cog.cs.inf.shizuoka.ac.jp
Research field  (3): Learning support systems ,  Human interfaces and interactions ,  Cognitive sciences
Research keywords  (3): Multi-party Communication ,  Agency Perception ,  Human-Agent Interaction
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2015 - 2018 承認欲求をトリガーとした学習インタラクションの活性化
  • 2012 - 2015 自律的なシステムとの原初的なインタラクションを通した協調作業への参与感の創出
  • 2012 - 2014 ロボットとのグループ対話を自然に進行させるための視線行動と話者アドレッシング
  • 2005 - 2008 音声の韻律的特徴の認知に基づいた対話環境の構築
  • 2005 - 2008 暗黙知を顕在化させるソーシャルコミュニケーション形成モデルの検討
Show all
Papers (66):
  • 坂本孝丈, 吉岡源太, 竹内勇剛. 話しかけ場面における相手の受容度に応じた接近行動のモデルに基づく分析. 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌). 2019. 31. 5
  • 山田雅敏, 里 大輔, 坂本勝信, 砂子岳彦, 竹内勇剛. グビー高校日本代表チームで使用された疾走に関する集団語の成立過程の考察. ヒューマンインタフェース学会論文誌. 2019. 21. 1. 97-109
  • 宮越規彰, 竹内勇剛. Webフォントを用いた書体変化によるWWWのテキストコンテンツ閲覧者の行動への効果. 電子情報通信学会和文論文誌(A). 2019. J102-A. 2. 93-105
  • 山田雅敏, 里 大輔, 遠山紗矢香, 竹内勇剛. ランニングコーチから指導を受けた球技選手の疾走に対する認知変容. 電子情報通信学会和文論文誌(A). 2019. J102-A. 2. 15-25
  • Sakamoto, T, Takeuchi, Y. Simulation of Spatial Behavior Based on an Agent Model in Human-Agent Initial Interaction. Proceedings of the 6th International Conference on Human-Agent Interaction (HAI2018). 2018. 310-317
more...
MISC (42):
  • 責任著者, 植田一博, 共著者, 小野哲雄, 今井倫太, 長井隆行, 竹内勇剛, 鮫島和行. 意思疎通のモデル論的理解と人工物設計への応用. 人工知能学会誌. 2016. 31. 1. 3-10
  • 責任著者, 植田一博, 共著者, 竹内 勇剛, 大本義正, 本田秀仁. 成人間インタラクションの認知科学的分析とモデル化. 人工知能学会誌. 2016. 31. 1. 11-18
  • 竹内 勇剛. 原初的インタラクションからの他者の存在への気づき. 日本ロボット学会誌. 2013. Vol.31. No.9. 22-25
  • 竹内 勇剛. 人を動かすHAIの適切なデザインのための社会的・心理的アプローチ. 人工知能学会学会誌. 2013. 28. 2. 272-279
  • 責任著者]Sato, R, 共著者]Takeuchi, Y. Surmising of location with vague embodied agent's instructions. CogSci2012 member abstract (Poster presentation). 2012. (vol). (num). (xxx)-(zzz)
more...
Patents (1):
  • 知識共有促進システム
Books (6):
  • Tomorrow’s Learning: Involving Everyone-Learning with and about Technologies and Computing
    2018
  • 人とロボットの<間>をデザインする
    東京電機大学出版局 2007
  • 人とエージェントとの<間>をデザインする
    東京電機大学出版局 2007
  • 養老孟司 アタマとココロの正体
    日経ビジネス人文庫 2003
  • 「使いやすさ」の認知科学~人とモノとの相互作用を考える
    共立出版 2003
more...
Lectures and oral presentations  (1):
  • 三遠地域産学連携フォーラム~シーズ・ニーズマッチングセミナー
    (2003)
Education (8):
  • - 1999 Nagoya University
  • - 1999 Nagoya University
  • - 1996 Nagoya University
  • - 1996 Nagoya University
  • - 1994 Utsunomiya University
Show all
Professional career (3):
  • 博士(学術) (名古屋大学)
  • 修士(学術) (名古屋大学)
  • 修士(工学) (宇都宮大学)
Work history (7):
  • 2006 - - 静岡大学創造科学技術大学院准教授
  • 2001 - 2003 Shizuoka University Faculty of Informatics
  • 2003 - - 静岡大学情報学部助教授
  • 1999 - 2001 Advanced Telecommunications Research Institute International
  • 1997 - 1999 Advanced Telecommunications Research Institute International
Show all
Committee career (3):
  • 2019/01 - 2020/12 日本認知科学会 常任運営委員会
  • 2003/04 - 2004/03 静岡県ユビキタスネットワーク社会システム研究会
  • 2003/04 - 2004/03 静岡県西部MMC委員会
Awards (5):
  • 2018/12 - 電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ ヒューマンコミュニケーション賞
  • 2017/12 - HAIシンポジウム2017 "学生奨励賞"
  • 2017/06 - 6th International Congress on Advanced Applied Informatics "Outstanding Research Award"
  • 2016/12 - HAIシンポジウム2016 "優秀論文賞(Outstanding Research Award)"
  • 2005/03 - 電子情報通信学会 HC賞 (課題名:多人数同時発話型チャットシステムを用いた発話のダイナミクスと社会的相互作用の検討)
Association Membership(s) (6):
ACM ,  ヒューマンインタフェース学会 ,  情報処理学会 ,  電子情報通信学会 ,  人工知能学会 ,  日本認知科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page