Rchr
J-GLOBAL ID:200901005392037144   Update date: Nov. 08, 2020

Fujitani Hideo

フジタニ ヒデオ | Fujitani Hideo
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://www.lab.kobe-u.ac.jp/eng-scm/index.html
Research field  (1): Structural and seismic engineering
Research keywords  (1): structural control
Research theme for competitive and other funds  (18):
  • 2018 - 2021 Active, semi-active structural control against large ground motion and non-linear real-time hybrid simulation
  • 2017 - 2020 巨大地震に対する創生型居住環境のレジリエンス研究の国際コミュニティを担う人材育成
  • 2010 - 2020 「元住吉職員宿舎(東棟)」におけるMRダンパーによる地震応答制御と地震観測に関する共同研究
  • 2014 - 2016 Redefinition of Infrastructure and Visualization of Social and Engineering Effects - Toward Construction of Sustainable Social Design -
  • 2011 - 2013 Structural
Show all
Papers (121):
  • Yoichi Mukai, Ayaka Yokoyama, Kohiro Fushihara, Takashi Fujinaga, Hideo Fujitani. Real-Time Hybrid Test Using Two-Individual Actuators to Evaluate Seismic Performance of RC Frame Model Controlled by AMD. Frontiers in Built Environment. 2020. 6
  • Hirohisa Fukui, Hideo Fujitani, Yoichi Mukai, Mai Ito, Gilberto Mosqueda. Response Evaluation of Base-Isolated Buildings during a Collision by Time History Response Analysis using Impulse. Journal of Structural Engineering. 2020. 66B. 295-304
  • Hirohisa FUKUI, Hideo FUJITANI, Yoichi MUKAI, Mai ITO, Gilberto Mosqueda. RESPONSE EVALUATION AND ANALYSIS USING IMPULSE OF BASE-ISOLATED BUILDINGS DURING A COLLISION WITH RETAINING WALL. Journal of Structural and Construction Engineering. 2019. 84. 766. 1533-1543
  • M. Ito, H. Fujitani, Y. Mukai, M. Okano, K. Nishikawa, G. Mosqueda. Real-time Hybrid Tests of Structures with a Tuned Mass Damper Using Shaking Table. 2018
  • MUKAI YOICHI, MIKI YUKI, UCHIDA SAYURI, FUJITANI HIDEO, ITO MAI. Real-time Hybrid Simulator of Soil-Structure Interaction System by Using Shaking Table. Proc. on 11th U.S. National Conference on Earthquake Engineering (11NCEE). 2018. (1058)1-11
more...
MISC (35):
  • 藤谷 秀雄. 建築振動制御技術の発展の歴史. 日本建築学会シンポジウム「建築振動制御技術の現状-世界における日本の技術-」. 2019
  • 藤谷 秀雄. 振動制御構造に関するいくつかの取組. 日本学術振興会、制震(振)構造技術第157委員会、第6期第4回研究会資料. 2019
  • 藤谷 秀雄. BCPの概念と既存の評価指標. パネルディスカッション「事業継続計画策定のための地震災害等に対する建物の機能維持・回復性能評価指標の提案に向けて」資料、建物のレジリエンスとBCPレベル指標検討特別調査委員会、2019年度日本建築学会大会(北陸). 2019. 16-29
  • 藤谷秀雄, 伊藤麻衣. 振動制御による長周期地震動対策のリアルタイムハイブリッド実験を用いた検証. 構造力学講究録 第63号、超高層建物・免制振建物の長周期地震動対策 機械学習と構造力学、日本建築学会近畿支部構造力学部会. 2018. 45-58
  • 藤谷 秀雄. 被害実態 -20年前に突きつけられた課題・その後の地震被害. シンポジウム「兵庫県南部地震から20 年 何を学び、どう耐震設計に反映するか?」,日本建築学会近畿支部耐震構造研究部会. 2014. 1-7
more...
Patents (2):
  • 質量可変型慣性制振装置
  • 圧電型振動発電装置
Books (11):
  • やさしくわかる建物振動制御
    日本建築学会 2014 ISBN:9784818906211
  • 建築振動を学ぶ-地震から免震・制震まで-
    理工図書 2014 ISBN:9784844608240
  • 建築構造物の振動制御入門
    日本建築学会(ISBN-13: 978-4818905993) 2010
  • RESPONSE CONTROL AND SEISMIC ISOLATION OF BUILDINGS
    Taylor & Francis (ISBN-13: 978-1138985315) 2006
  • Design of modern highrise reinforced concrete structures
    Imperial College Press 2001 ISBN:1860942393
more...
Lectures and oral presentations  (222):
  • 免震構造の擁壁衝突時の挙動 その10:弾性・弾塑性擁壁との衝突時の上部構造の応答に与える影響
    (日本建築学会大会学術講演梗概集,構造II,No,21391,pp.781-782 2020)
  • 免震構造の擁壁衝突時の挙動 その9:衝突時応答を再現した解析手法の比較および検討
    (日本建築学会大会学術講演梗概集,構造II,No,21390,pp.779-780 2020)
  • セミアクティブ免震の振動台実験とリアルタイム・ハイブリッド実験 その4 E-Defense 振動台実験とリアルタイム・ハイブリッド実験の比較
    (日本建築学会大会学術講演梗概集,構造II,No,21327,pp.653-654 2020)
  • 振動台と油圧アクチュエータの同期によるRC 構造建物のリアルタイム・ハイブリッド実験(その2 リアルタイム・ハイブリッド実験の概要とAMD による応答制御の検証)
    (日本建築学会大会学術講演梗概集,構造II,No,21242,pp.483-484 2020)
  • 振動台と油圧アクチュエータの同期によるRC 構造建物のリアルタイム・ハイブリッド実験(その1 油圧アクチュエータの駆動の時間遅れ補償)
    (日本建築学会大会学術講演梗概集,構造II,No,21241,pp.481-482 2020)
more...
Education (1):
  • - 1988 Kobe University
Professional career (1):
  • 工学博士 (神戸大学)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page