Rchr
J-GLOBAL ID:200901005518455338   Update date: Jun. 18, 2020

Itou Kenji

イトウ ケンジ | Itou Kenji
Affiliation and department:
Job title: Chief Researcher
Research field  (2): Conservation science (plants) ,  Conservation science (plants)
Research keywords  (2): Nematology ,  Nematode
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • -
Papers (10):
more...
MISC (7):
  • 伊藤賢治, 植原健人, 臼木一英. 水田の潜在能力発揮等による農地周年有効活用技術の開発-超低コスト作物生産技術の開発-第1章 北海道畑輪作地帯 6 資材低減型緑肥作物の選定と輪作体系の開発(1)線虫密度低減機能から見た対抗植物の選定. 農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果. 2014. 504. 52-56
  • 伊藤賢治, 植原健人, 臼木一英. 超低コスト土地利用型作物生産技術の開発 第1章 北海道畑輪作地帯 14 資材低減型緑肥作物の選定と輪作体系の開発(1)線虫密度低減機能から見た対抗植物の選定. 農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果. 2014. 503. 77-80
  • 臼木一英, 伊藤賢治, 植原健人. 水田の潜在能力発揮等による農地周年有効活用技術の開発-超低コスト作物生産技術の開発-第1章 北海道畑輪作地帯 6 資材低減型緑肥作物の選定と輪作体系の開発(2)緑肥機能からみた輪作体系の開発. 農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果. 2014. 504. 56-59
  • 臼木一英, 伊藤賢治, 植原健人. 超低コスト土地利用型作物生産技術の開発 第1章 北海道畑輪作地帯 14 資材低減型緑肥作物の選定と輪作体系の開発(2)緑肥機能からみた輪作体系の開発. 農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果. 2014. 503. 80-82
  • USUKI Kazuei, ITOU Kenji, UEHARA Taketo, ISHIKAWA Shizuko. Effect of Mixed planting green manure, Lopsided Oat/Sticky Nightshade or Lopsided Oat/Hairy Vetch, on growth of wheat yield. 日本作物學會紀事. 2013. 82. 312-313
more...
Work history (1):
  • 2018/10 - 現在 National Agriculture and Food Research Organization
Association Membership(s) (3):
Society of Nematologists ,  Japanese Nematological Society ,  Japanese Society of Applied Entomology and Zoology
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page