Rchr
J-GLOBAL ID:200901005653773765   Update date: Apr. 23, 2020

Fujii Tatsuya

フジイ タツヤ | Fujii Tatsuya
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://www.law.seikei.ac.jp/~fujii/
Research field  (1): Public law
Research keywords  (2): 憲法学 ,  Constitutional Law
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2014 - 2016 オバマ政権期におけるロバーツ・コートの憲法理論
  • 2010 - 2012 アメリカ連邦最高裁2009~2011年開廷期憲法判例の研究
  • 2005 - 2008 安全および予防をめぐる公法理論と政策論
  • 2006 - 2007 IT化時代における英米5カ国の権利救済法制の比較研究
  • 2003 - 2005 英連邦3カ国(イギリス・カナダ・オーストラリア)の権利救済法制の比較研究
Show all
Papers (63):
  • 藤井 樹也. 移民・難民の身体拘束事例における回避法理. 成蹊法学. 2019. 91. 55-79
  • 藤井樹也. ゲイに否定的なカリキュラムを定める法律とその合憲性 ー Clifford Rosky, Anti-Gay Curriculum Laws, 117 COLUM. L. REV. 1461 (2017) ー. アメリカ法. 2019. 2018-2. 266-270
  • 藤井 樹也. 憲法を救済する憲法解釈. 成蹊法学. 2018. 89. 256(77)-240(93)
  • 藤井 樹也. 司法権の対象と限界. 法学教室. 2018. 452. 14-17
  • 藤井 樹也. 労働者保護規定としての修正13条. 成蹊法学. 2018. 88. 406(131)-390(147)
more...
MISC (19):
  • 藤井樹也, 安部圭介, 北島典子. 法律学科鼎談「新時代の法学教育に求められるもの」ー変化のうねりの中で法律学科の教育を考えるー. 成蹊法学89号別冊 成蹊大学法学部開設50周年 法学部50年の歩み. 2018. 31-41
  • 浅香吉幹, 大林啓吾, 笹倉宏紀, 芹澤英明, 東川浩二, 藤井樹也, 会沢恒. 座談会 合衆国最高裁判所2011-2012年開廷期重要判例概観. アメリカ法. 2015. 2014-2. 247-325
  • 浅香吉幹, 駒村圭吾, 笹倉宏紀, 芹澤英明, 東川浩二, 藤井樹也, 会沢恒. 座談会 合衆国最高裁判所2012-2013年開廷期重要判例概観. アメリカ法. 2014. 2013-2. 197-275
  • 浅香吉幹, 駒村圭吾, 笹倉宏紀, 芹澤英明, 東川浩二, 藤井樹也, 会沢恒. 座談会 合衆国最高裁判所2011-2012年開廷期重要判例概観. アメリカ法. 2013. 2012-2. 225-303
  • 浅香吉幹, 駒村圭吾, 笹倉宏紀, 芹澤英明, 東川浩二, 藤井樹也, 会沢恒. 座談会 合衆国最高裁判所2010-2011年開廷期重要判例概観. アメリカ法. 2012. 2011-2. 301-397
more...
Books (39):
  • 長谷部恭男、石川健治、宍戸常寿(編集)『憲法判例百選 I (第7版)』140-141頁
    有斐閣 2019
  • 長谷部恭男、山口いつ子、宍戸常寿(編集)『メディア判例百選(第2版)』46-47頁
    有斐閣 2018
  • 毛利透、須賀博志、中山茂樹、片桐直人(編集)『比較憲法学の現状と展望 初宿正典先生古稀祝賀』611-630頁
    成文堂 2018
  • 山本龍彦、大林啓吾(編集) 『違憲審査基準-アメリカ憲法判例の現在-』 171-187頁
    弘文堂 2018
  • 大沢秀介、大林啓吾(編集) 『アメリカ憲法と公教育』 403-428頁
    成文堂 2017
more...
Lectures and oral presentations  (30):
  • Schuette v. Coalition to Defend Affirmative Action, 134 S. Ct. 1623 (2014) ~イニシアティヴによって成立した、差別と優遇を禁止する州憲法修正が合憲とされた事例
    (アメリカ憲法判例研究会(報告)(2017.11.18、慶應義塾大学) 2017)
  • Recent Decisions by Japan’s Supreme Court
    (Center for Asian Legal Studies, Peter A. Allard School of Law, University of British Columbia (Lecture) 2015)
  • Bethel School District, No. 403 v. Fraser, 478 U.S. 675 (1986) ~公立学校での生徒の言論~
    (アメリカ憲法判例研究会(報告)(2014.7.19、慶應義塾大学) 2014)
  • 警察犬による捜査と修正4条 I 警察犬の信憑性 -Aldoの場合 Florida v. Harris, 133 S.Ct. 1050 (Feb. 19, 2013)、II 警察犬による「捜索」の範囲 -Frankyの場合 Florida v. Jardines, 133 S.Ct. 1409 (Mar. 26, 2013)
    (合衆国最高裁判例研究会(報告)(2014.1.25、学習院大学) 2014)
  • 4公法の最前線 最高裁による黙示的判例変更 -最近の憲法訴訟から考える
    (2013年度武蔵野地域五大学共同教養講座 成蹊大学「現代法の最前線」(講演)(2013.9.28、成蹊大学) 2013)
more...
Education (5):
  • 1990 - 1993 Kyoto University
  • 1988 - 1990 Kyoto University
  • 1984 - 1988 The University of Tokyo
  • 1978 - 1984 私立灘中学校・高等学校
  • 1972 - 1978 西宮市立上甲子園小学校
Professional career (3):
  • 博士(法学) (京都大学)
  • 法学修士 (京都大学)
  • 法学士 (東京大学)
Work history (13):
  • 2009 - 現在 Seikei University Faculty of Law
  • 2014 - 2016 University of Washington School of Law 客員研究員
  • 2007 - 2009 University of Tsukuba
  • 2005 - 2007 University of Tsukuba
  • 2001 - 2005 Osaka University Osaka School of International Public Policy
Show all
Committee career (1):
  • 2014 - 現在 日米法学会 評議員
Association Membership(s) (5):
合衆国最高裁判所判例研究会 ,  アメリカ憲法判例研究会 ,  関西アメリカ公法学会 ,  日米法学会 ,  日本公法学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page