Rchr
J-GLOBAL ID:200901005693955572   Update date: Mar. 01, 2021

Shumi Mitsuo

シユウミ ミツオ | Shumi Mitsuo
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Criminal law
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2017 - 2019 精神障害に起因する犯罪の被害者支援と加害者の再犯防止(研究代表者 奥村正雄)
  • 2014 - 2016 犯罪予防論の多角的研究(研究代表者 瀬川晃)
  • 刑事手続の日米独比較
Papers (6):
  • 洲見光男. 「プライバシーへの合理的な期待」とその指標としての財産権. 同志社法学. 2021. 72. 7. 265-284
  • 洲見 光男. アメリカにおける取調べの規制-自白の証拠能力の制限. 同志社法学. 2018. 69. 7. 889-915
  • 洲見 光男. 修正4条の保障範囲と排除法則-合衆国最高裁の最近の二判決から-. 同志社法学. 2017. 69. 2. 139-176
  • 洲見 光男. 新時代の刑事手続と犯罪被害者. 被害者学研究. 2017. 27. 56-66
  • 判例に依拠してなされた捜索と「善意の例外」の適用-最近の連邦最高裁判決から-. 同志社法学. 2011. 63巻. 5号. 301-324
more...
MISC (63):
  • 洲見光男. 演習 刑事訴訟法. 法学教室. 2021. 486. 138-139
  • 洲見光男. 演習 刑事訴訟法. 法学教室. 2021. 485. 154-155
  • 洲見光男. 演習 刑事訴訟法. 法学教室. 2021. 484. 122-123
  • 洲見光男. 演習 刑事訴訟法. 法学教室. 2020. 483. 144-145
  • 洲見光男. 演習 刑事訴訟法. 法学教室. 2020. 482. 132-133
more...
Books (19):
  • 田中利彦編・アメリカの刑事判例2-2008年10月開廷期から2013年10月開廷期まで-
    成文堂 2019
  • ポイントレクチャー刑事訴訟法
    有斐閣 2018
  • 田中利彦編・アメリカの刑事判例ー2003年10月開延期から2007年10月開延期までー
    成文堂 2017
  • (分担執筆)『刑法ゼミナール〔総論〕[第2版]』
    成文堂 2012
  • (分担執筆)「アメリカ合衆国最高裁判所2010年10月開廷期刑事関係判例概観(上)」
    早稲田大学比較法研究所 2012
more...
Lectures and oral presentations  (1):
  • 共同研究「自白の証拠能力」
    (日本刑法学会関西部会冬期例会 2012)
Education (6):
  • Chuo University Department of Law
  • Waseda University
  • Waseda University
  • Chuo University
  • Waseda University
Show all
Professional career (1):
  • 法学修士 (早稲田大学)
Committee career (1):
  • 2010 - 日本被害者学会 理事
Association Membership(s) (7):
法と精神医療学会 ,  日米法学会 ,  日本被害者学会 ,  日本刑法学会 ,  Japanese American Society for Legal Studies ,  Japanese Association of Victimology ,  The Criminal Law Society of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page