Rchr
J-GLOBAL ID:200901005734871427   Update date: Jan. 18, 2020

SUGAYA Katsuyuki

スガヤ カツユキ | SUGAYA Katsuyuki
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Educational technology ,  Multimedia database
Research keywords  (2): E-Media, Information Design, E-Books ,  Education of Information, Education for Software Development
Papers (23):
  • 菅谷克行. メディア環境の変化に適応した情報教育の検討. 茨城大学人文社会科学部紀要『人文コミュニケーション学論集』. 2019. 4. 61-78
  • 菅谷克行. 書籍のメディア特性の違いが及ぼす読書行動の変化. 茨城大学人文社会科学部紀要『人文コミュニケーション学論集』. 2018. 2. 123-144
  • 鈴木俊哉,鈴木敦,菅谷克行. 説文解字篆韻譜に見える説文解字繋傳25巻所収文字の状況. 情報処理学会研究報告. 2017. CH-113-3. 1-8
  • 鈴木俊哉, 鈴木敦, 菅谷克行. 『説文解字』小徐本の版本比較における字形差判断基準の調査. FIT2016(第15 回情報科学技術フォーラム)講演論文集 第4分冊. 2016. 15-22
  • 菅谷克行. 読書媒体の違いが読書方略に及ぼす影響. 茨城大学人文学部紀要『人文コミュニケーション学科論集』. 2016. 20. 101-120
more...
MISC (10):
  • 菅谷克行. 電子コンテンツ制作を通じたプロジェクト型学習の検討. 日本教育工学会研究報告集 JSET18-1. 2018. 429-434
  • 菅谷克行,関友作. 電子書籍のメディア特性に適応した読書方略の検討. 日本教育工学会研究報告集 JSET17-1. 2017. 431-438
  • 小島沙穂,菅谷克行. 電子媒体におけるマンガ読解. 日本教育工学会研究報告集. 2010. JSET10. 4. 61-66
  • 菅谷克行. 教育分野における電子書籍活用に向けて. 日本教育工学会研究報告集. 2010. JSET10. 4. 37-42
  • Katsuyuki Sugaya, Emiko Ueno. Towards Support for Learn Expertise Skill and Knowledge -A Case Study on Top Coating Process of Japan ware-. Research Report of JSET Conference. 2009. JSET09. 1. 223-230
more...
Lectures and oral presentations  (49):
  • 物体の運動概念形成に関する問題解決過程の分析
    (日本教育工学会研究会 1996)
  • 物体の運動に関する問題解決過程の初心者と専門家の差異の分析
    (日本科学教育学会第20回年会論文集 1996)
  • シミュレーションによる問題解決過程の比較
    (教育工学関連学協会連合第5回全国大会講演論文集 1997)
  • 多階層モデルを用いた知的教育システムの開発
    (日本教育工学会 第14回大会講演論文集 1998)
  • モデルに基づく学習者モデルの構築
    (1999年度人工知能学会全国大会(第13回)論文集 1999)
more...
Education (2):
  • Tokyo Institute of Technology Graduate School, Division of Integrated Science and Engineering システム科学専攻
  • Waseda University Graduate School, Division of Science and Engineering 情報科学専攻
Work history (3):
  • 1998/09 - 2001/03 早稲田大学理工学部情報学科 助手
  • 2001/04 - 2006/09 東京大学先端科学技術研究センター 協力研究員
  • 2006/10 - 茨城大学人文学部
Association Membership(s) (8):
コンピュータ利用教育学会 ,  人工知能学会 ,  電子情報通信学会 ,  日本教育工学会 ,  Association for Computing Machinery (ACM) ,  教育システム情報学会 ,  日本科学教育学会 ,  Japanese Association for Education of Information Studies
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page