Rchr
J-GLOBAL ID:200901006019798433   Update date: May. 05, 2020

Takarada Atsushi

タカラダ アツシ | Takarada Atsushi
Affiliation and department:
Homepage URL  (2): http://atakarada.jimdo.com/http://atakarada.jimdo.com/
Research field  (4): Civil engineering (planning and transportation) ,  Sociology ,  Environmental policy and society ,  Environmental impact assessment
Research keywords  (13): リスク ,  支援 ,  避難 ,  原発事故 ,  政治変動 ,  環境学 ,  地域社会 ,  社会的価値 ,  ネットワーク ,  住民運動 ,  地域再生 ,  地方鉄道 ,  市民活動論
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2011 - 原発避難と支援者の意識・行動
  • 2011 - 災害が公共交通機関に与える影響
  • 2007 - 「地域再生」をめぐる諸問題
  • 2002 - 地域公共交通に関する法制度と市民ネットワークの形成過程
  • 2001 - 環境問題を通した大学生の地域貢献、環境学の構築における諸問題
Papers (9):
more...
MISC (5):
  • 宝田 惇史. 「交通を対象とした社会学的研究の意義と課題-鉄道の費用便益分析をめぐる問題を中心として-」. 『交通権』. 2012. 29
  • 宝田惇史. 島鉄南目線存廃--鉄道の社会的価値の再評価を!. 島原新聞 2008年1月19日付. 2008
  • 宝田惇史. 島鉄南目線存廃--公共交通全廃地域の二の舞とならないように!. 島原新聞 2008年1月8日付. 2008
  • 宝田惇史. 神楽坂と法政大学の交流をふりかえって-大学生と地域社会の新たな関係を考える-. 神楽坂論文集2005. 2006. 1-6
  • 宝田惇史. 鉄道政策と新しい公共性-「並行在来線」をめぐる政策過程を事例として-. 人間環境学部学生論文集. 2005. 2004年度. 83-104
Books (2):
  • 『「原発避難」論-避難の実像からセカンドタウン、故郷再生まで』
    明石書店 2012 ISBN:4750335479
  • 宝田惇史「秋田内陸線存続運動の社会学的分析」大穂耕一郎『秋田内陸線、ただいま奮闘中!』pp.104-109。
    無明舎出版 2011 ISBN:9784895445344
Lectures and oral presentations  (16):
  • 災害復興地域における交通ネットワーク整備の現状と課題
    (関東都市学会研究例会 2013)
  • 沖縄県における避難者の現状と支援-石垣島での調査から見えてくるもの-
    (第3回 社会学系4学会合同集会 2012)
  • 鉄道廃止が表出した地域社会のリスク-社会的ジレンマと『地域再生』
    (交通権学会 2012年度 第27回研究大会・総会 2012)
  • 原発事故による自主避難の現状と課題-避難者・支援者の 調査から-
    (社会学4学会合同研究・交流集会(第2回) 2012)
  • 災害復興における鉄道の位置づけ-島原半島を事例として-
    (交通権学会関東部会 2012)
more...
Works (2):
  • 交通基本法案研究・討論会参加
    2009 - 2011
  • 島原鉄道南線存続運動の支援
    2008 -
Education (2):
  • 2007 - 2015 The University of Tokyo Department of Socio-Cultural Environmental Studies
  • 2005 - 2007 Keio University
Work history (5):
  • 2015/09 - 2016/03 Seikei University Faculty of Humanities, Department of Contemporary Societies
  • 2012/04 - 2016/03 Tokyo Kasei University
  • 2014/09 - 2015/03 Chiba University of Commerce Faculty of Policy Informatics
  • 2007/11 - 2011/12 The University of Tokyo Graduate School of Frontier Sciences
  • 2005/10 - 2006/07 Keio University Faculty of Policy Management
Committee career (1):
  • 2009 - ~ 特定非営利活動法人人間環境ネット21 運営委員
Awards (3):
  • 2013/05 - 地域社会学会 選考委員会特別賞 山下祐介・開沼博編著『「原発避難」論』
  • 2004/12 - 2004年度 法政大学懸賞論文 佳作
  • 2003/12 - 法政大学 法政大学懸賞論文 入選
Association Membership(s) (3):
交通権学会 ,  関東都市学会 ,  日本都市学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page