Rchr
J-GLOBAL ID:200901006032189446   Update date: Aug. 02, 2022

Ohkawa Noriaki

Ohkawa Noriaki | Ohkawa Noriaki
Affiliation and department:
Job title: 部門長/准教授
Homepage URL  (1): https://sites.google.com/view/ninchi-kioku
Research field  (1): Neuroscience - general
Research keywords  (19): 記憶 ,  情動 ,  記憶痕跡 ,  Engram ,  セル・アンサンブル ,  ドーパミン ,  カルシウムイメージング ,  海馬 ,  扁桃体 ,  光遺伝学 ,  オプトジェネティクス ,  長期増強(LTP) ,  AAV ,  レンチウイルス ,  レトロウイルス ,  神経活動 ,  神経新生 ,  神経科学 ,  包括脳ネットワーク
Research theme for competitive and other funds  (28):
  • 2022 - 2023 強固な記憶情報を選択・維持するドーパミンシステムの理解
  • 2021 - 2023 エピソード記憶強化の神経基盤の理解
  • 2021 - 2022 エピソード記憶-快情動間連合と記憶強化を担う神経回路基盤の理解
  • 2020 - 2022 記憶障害の脳内機構の解明と回路修復の可能性
  • 2020 - 2022 神経細胞群の活動様式から“心”を読む・創る
Show all
Papers (24):
more...
MISC (16):
  • Noriaki Ohkawa, Khaled Ghandour. Miniature Microscopy of Hippocampal CA1 to Identify Engram Cells and Record Calcium Transients for Analyses of Ensemble Activities. Neuromethods, Behavioral Neurogenetics. 2022. 157-174
  • Takekawa T, Nomoto M, Asai H, Ohkawa N, Okubo-Suzuki R, Ghandour K, Sato M, Ohkura M, Nakai J, Muramatsu S-I, et al. HOTARU: Automatic sorting system for large scale calcium imaging data. bioRxiv. 2022
  • 大川 宜昭. 5章 記憶痕跡細胞による記憶の脳内表現. ブレインサイエンス・レビュー2022. 2022
  • 大川 宜昭. 脳内イメージングで解明する記憶の脳内表現. 羊土社『マウス・ラットモデル作製・解析プロフェッショナル』. 2021. 221-227
  • Noriaki Ohkawa, Takashi Takekawa, Masanori Nomoto, Kaoru Inokuchi. Guide for Ca2+ Imaging from Deep Brain Regions. The Brain & Neural Networks. 2020. 27. 2. 74-86
more...
Lectures and oral presentations  (30):
  • エングラム細胞による記憶の脳内処理過程
    (北海道大学脳科学研究教育センター・第19回脳科学研究教育センターシンポジウム 「記憶・睡眠研究の最前線」 2021)
  • Orchestration of sub-ensemble activities of engram cells constitutes a whole picture of one episodic memory
    (2021)
  • エピソード記憶の脳内表現様式
    ((一財)バイオインダストリー協会 “未来へのバイオ技術” 勉強会 「記憶をあやつる~脳科学の最先端」 2020)
  • 記憶痕跡セル・アンサンブルが織りなすエピソード記憶の脳内表現様式
    (第63回日本神経化学会大会・シンポジウム:記憶痕跡細胞の多様性と多能性,オンライン開催 2020)
  • エピソード記憶の脳内表現様式
    (「若手・中堅脳科学研究者のオンライン勉強会」第1回オンライン勉強会 2020)
more...
Education (3):
  • 1999 - 2002 Chiba University
  • 1997 - 1999 Chiba University
  • 1993 - 1997 Chiba University Department of Biology
Professional career (1):
  • 博士(理学) (千葉大学)
Work history (8):
  • 2019/07 - 現在 Dokkyo Medical University
  • 2016/10 - 2020/03 Japan Science and Technology Agency (JST) Precursory Research for Embryonic Science and Technology (PRESTO) PRESTO researcher
  • 2015/12 - 2019/06 University of Toyama Graduate School of Medicine and Pharmaceutical Sciences Lecturer
  • 2010/02 - 2015/11 University of Toyama Graduate School of Medicine and Pharmaceutical Sciences Assistant Professor
  • 2009/10 - 2010/01 University of Toyama Graduate School of Medicine and Pharmaceutical Sciences for Research
Show all
Awards (1):
  • 2019/02 - 田村科学技術振興財団 第二回 田村四郎科学賞
Association Membership(s) (2):
Society for Neuroscience ,  日本神経科学学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page