Rchr
J-GLOBAL ID:200901006129912614   Update date: May. 06, 2015

Li Huan

リ カン | Li Huan
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Architectural and city planning
Research keywords  (9): 建築 ,  人間居住 ,  造園 ,  都市 ,  風景 ,  City Planning ,  Housing ,  Landscape ,  Human Environment
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2014 - 2017 写真・映像資料の分析による長崎原爆復興の視覚的解明とその成果の平和学習利用の研究
  • 2008 - 長崎における中国様式の建築
  • 東アジアにおける都市、景観、居住地の計画に関する原理的研究
  • 長崎の斜面地居住
  • Study on the theory of East Asian city planning
Show all
Papers (6):
  • 李 桓. 中国の伝統的な「四合院」に内在する生活利用の考察. 長崎総合科学大学地域科学研究所紀要『地域論叢』. 2015. 30. 33-44
  • 李 桓. 中国山東省煙台旧市街所城里に関する調査研究. 日本建築学会九州支部大会梗概集. 2015
  • 李 桓. 風水立地論の考察. 日本居住福祉学会『住宅セーフティネット』居住福祉研究. 2014. 18. 43-62
  • 李 桓. 「東海の墓」の装飾紋様にみる空間位相. 長崎総合科学大学地域科学研究所紀要『地域論叢』. 2014. 29. 25-30
  • 李 桓. 『園冶』在日本的伝播及其現代造園学中的意義. 中国園林. 2013. 29. 205. 65-69
more...
MISC (36):
  • 李 桓. 「東海の墓」からみた唐人墓の立地観. 長崎総合科学大学地域科学研究所紀要『地域論叢』. 2013
  • 李 桓. 相地-『園冶』の翻訳その3 敷地選び. 長崎総合科学大学紀要. 2013
  • 李 桓. 『漢字の語源に見る居住福祉の思想』の狙い. 日本居住福祉学会『居住福祉研究』. 2012. 15. 79-80
  • 李 桓, 範春艶. 東海の墓に関する調査研究-装飾としての文字と文様に着目して. 日本建築学会九州支部研究報告書・計画系. 2012. 441-444
  • 李 桓. 中国の居住保障-低所得者住宅政策の考察. 居住福祉研究. 2011. 11. 7-24
more...
Books (8):
  • 「居住福祉学」の理論的構築(翻訳)
    東信堂 2007 ISBN:9784887137745
  • The Theoretical Structure on well-being Housing
    TOSHINDO Publishing co.,LTD 2007 ISBN:9784887137745
  • 漢字の語源にみる居住福祉の思想
    東信堂 2006 ISBN:4887136609
  • Finding the thought of Well-being Housing through Chinese Ideograghs
    TOSHINDO Publishing co.,LTD 2006 ISBN:4887136609
  • 居住福祉論
    中国建築工業出版社 2005 ISBN:7112072131
more...
Education (3):
  • - 1995 Kobe University
  • - 1995 Kobe University
  • - 1984 合肥工業大学 建築設計
Professional career (2):
  • (BLANK) (Kobe University)
  • (BLANK) (Kobe University)
Work history (3):
  • 2001 - 現在 Nagasaki Institute of Applied Science associate professor
  • 1995 - 1998 華僑大学副教授
  • 1995 - 1998 Huaqiao University, Associat Professor
Awards (1):
  • 2009/05 - 日本居住福祉学会 奨励賞
Association Membership(s) (4):
日本建築学会 ,  Academy of Housing for Life and Well-being, Japan ,  The Japanese Society of Cultural Anthropology ,  Architectural Institute of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page