Rchr
J-GLOBAL ID:200901006304748210   Update date: Jan. 11, 2021

Tamura Fujimi

タムラ フジミ | Tamura Fujimi
Affiliation and department:
Job title: Part-time lecturer
Research field  (1): Primary/secondary education and curricula
Research keywords  (3): ライティング ,  Vocabulary acquisition ,  L2 Writing
Papers (11):
  • TAMURA Fujimi. The Relationship between Vocabulary Size and English Writing of Japanese High School Students. 2012. 3. 63-74
  • TAMURA Fujimi. English proficiency, vocabulary size, and the amount of studying English. 2012. 46. 85-94
  • Fujimi TAMURA. "The Relationship between Vocabulary Size and Writing". ARELE. 2011. 22. 281-296
  • Fujimi Hatano. "The Relationship between Vocabulary Size and Verb Use: Research on University Students' Writings". Leo. 2008. 37
  • Fujimi Hatano. "A Study of the Development of Productive Vocabulary: Research on Written Production of University Students". KATE Bulletin. 2008. 22. 47-58
more...
MISC (5):
  • 田村不二美. 大学生への英語ライティング指導について. AJELC創立10周年記念随想集. 2016. 115-119
  • 田村 不二美. 書評『英語語彙指導の実践アイディア集ー活動例からテスト作成まで』相澤一美、望月正道編著、大修館書店、2010年. 外国語教育研究. 2011. 14. 174-178
  • 中西千春, 林千代, 内野泰子, 大濱えり, 小林和歌子, 佐久間晶子, 高田麻里, 葉田野不二美, 山中暁子. 国立音楽大学における英語コミュニケーション授業実践. 国立音楽大学研究紀要. 2008. 42. 59-70
  • 葉田野不二美, 馬場千秋. 大学生の英作文に見られる語彙に関する研究:語彙サイズ別語彙の使用度. 外国語教育研究. 2006. 9. 56-71
  • 語曩定着を目指したアクション・リサーチ(2). アクション・リサーチ研究(創刊号). 2003. 99-103
Books (4):
  • 『英語教育・英語学習研究 現場型リサーチと実践へのアプローチ』(共著)
    桐原書店 2008
  • 『日英の言語・文化・教育』(共著)
    三修社 2008
  • 『英語ライティング論』(共著)
    河源社 2001
  • 『小学校英語学習レディーゴー』(共著)
    ぎょうせい 2000
Lectures and oral presentations  (16):
  • 大学生の英語論証文の作成力向上を目指した事例研究
    (日英・英語教育学会研究大会 2017)
  • 高校生の語彙サイズと英作文力の関係
    (外国語教育学会 2010)
  • 日本人英語学習者の語彙サイズとライティング力の関係
    (日英言語文化学会第25回例会 2009)
  • 日本人英語学習者の語彙サイズとライティング力の関係
    (JACET英語語彙研究会読書会 2009)
  • 日本人大学生の自由英作文に出現する助動詞
    (第34回全国英語教育学会東京研究大会 2008)
more...
Education (3):
  • 2001 - 2006 Tokyo Gakugei University
  • 1999 - 2001 Tokyo Gakugei University
  • 1995 - 1999 Tokyo Gakugei University
Professional career (2):
  • Master(Education) (Tokyo Gakugei University)
  • Doctor (Education) (Tokyo Gakugei University)
Work history (10):
  • 2014/04 - 現在 Jikei University Part-time lecturer
  • 2018/04 - 2019/03 Teikyo University of Science & Technology
  • 2009 - 2013/03 Tokyo Woman's Christian University Part-time lecturer
  • 2007 - 2013/03 慈恵第三看護専門学校 非常勤講師
  • 2006 - 2013/03 Kunitachi College of Music Part-time lecturer
Show all
Committee career (5):
  • 2009 - 2019/03 日英・英語教育学会 運営委員、論文査読委員、会計、副会長
  • 2009 - 2015/11 外国語教育学会 理事、会計、紀要編集委員
  • 2005 - 2013/06 日英言語文化学会 企画委員(2005ー2006)運営委員(2007ー2013) 総務委員長(2008ー2009、総務委員:2011-2013)財務委員長(2010ー2013)、幹事(2011-2013)
  • 2009 - The Japan-Britain Associaton for English Teaching a member of the operating committee (2009-2011), the accounts section (2010-2012)
  • 2008 - Japan Association of Foreign Language Education the accounts section
Association Membership(s) (6):
日英・英語教育学会 ,  The Japan-Britain Associaton for English Teaching ,  Japan Association of Foreign Language Education ,  The Japan Association of College English Teachers ,  Kanto-koshinetsu Association of Teachers of English ,  The Japan Society of English Language Education
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page