Rchr
J-GLOBAL ID:200901006829544713   Update date: Jan. 15, 2021

OZAWA Kyoko

オザワ キヨウコ | OZAWA Kyoko
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Homepage URL  (1): http://baby-alone.web.wox.cc/
Research field  (5): History of thought ,  Art history ,  Aesthetics and art studies ,  Aesthetic practices ,  Aesthetics and art studies
Research keywords  (7): イメージ分析 ,  新古典主義 ,  都市 ,  建築 ,  表象文化論 ,  美学 ,  美術史
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2018 - 2023 現代社会における〈毒〉の重要性
  • 2018 - 2021 啓蒙主義時代から19世紀前半までのフランスにおける建築図面・図表の思想史的意義
  • 2017 - 2018 サドを中心とする革命期フランスの建築空間と性的身体の連関をめぐる研究
  • 2016 - 2017 サドにおける建築空間と性的身体の訓育
  • 2014 - 2016 1780-1830年代のフランスの都市構想における「流れ」の概念について
Show all
Papers (32):
  • Kyoko OZAWA. On Stuffies. Eureka. 2021. 53. 1. 231-237
  • 小澤京子. 私と彼女たちの物語. ユリイカ(特集:女オタクの現在--推しとわたし). 2020. 52-1. 763. 336-342
  • Kyoko OZAWA. Drawing Maps of Imaginary Cities: Texts as / and Maps. Eureka. 2020. 52-7. 759. 183-195
  • Kyoko OZAWA. Representations of Ruins and Abandoned Places in Japanese Subcultures in the 1980s. Bulletin of Wayo Women's University. 2020. 61. 35-48
  • Kyoko OZAWA. Between Tableaux Vivant and Film. 2020. 141. 87-100
more...
MISC (25):
  • 小澤京子. 地図喪失の旅. 同時代(第4次). 2020. 2. 29-34
  • 小澤京子. 二〇二〇年のパンデミックによせて. 黒の会手帖. 2020. 8. 10-10
  • 小澤京子. 鎮静剤としての/幻覚としての/毒物としての装飾. 吉岡洋編『poison rouge 2:現代社会における〈毒〉の重要性 2019』京都大学こころの未来研究センター発行. 2020. 2. 77-95
  • 小澤京子. ふたつの内なる異境:夜を歩くことと遺棄された場所. 同時代. 2020. 第4次. 創刊号. 134-141
  • 小澤京子. 新刊紹介:石岡良治『現代アニメ「超」講義』(PLANETS、2019年6月). REPRE(表象文化論学会ニューズペーパー). 2019. 37
more...
Books (7):
  • ストローブ=ユイレ:シネマの絶対に向けて
    森話社 2018 ISBN:9784864051255
  • The Writing of the Utopian City: Claude-Nicolas Ledoux’s Architectural Thought
    Hosei University Press 2017 ISBN:9784588786099
  • 破壊のあとの都市空間:ポスト・カタストロフィーの記憶
    青弓社 2017 ISBN:9784787234124
  • Art * Architecture
    Tokyo: X-Kowledge 2015 ISBN:9784767820637
  • 相対性コム デ ギャルソン論:なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか
    フィルムアート社 2012 ISBN:9784845912995
more...
Lectures and oral presentations  (45):
  • ジャンク化する身体:1980 年代の表現を中心に
    (現代社会における<毒>の重要性 2020年度シンポジウム 2020)
  • 歩行によって風景を拓く:ディドロを中心とする18世紀のテクストから
    (シンポジウム「テクストを建てる、イメージを歩く」 2020)
  • 19世紀の薬物と装飾イメージの両義性
    (京都大学こころの未来研究センターシンポジウム「ファルマコン:生命のダイアローグ」 2019)
  • Architectural Image as a Means of Classification, Heuristics and Design: From J.-N.-L. Durand’s Recueil et parallèle des édifices de tout genre and Précis des leçons d’architecture.
    (The 21st International Conference of Aesthetics, University of Belgrade 2019)
  • 建築史の視覚的記述--その支持体と配置、そして解体
    (表象文化論学会第14回大会、京都大学 2019)
more...
Education (5):
  • 2004 - 2011 東京大学大学院 超域文化科学専攻 表象文化論コース 博士課程 修了
  • 2008 - 2010 l'Université de Bourgogne
  • 2007 - 2008 L'Université de Bourgogne l'histoire de l'art
  • 2002 - 2004 東京大学大学院 超域文化科学専攻 表象文化論コース 修士課程 修了
  • 1995 - 1999 The University of Tokyo
Professional career (1):
  • 博士(学術) (東京大学)
Work history (9):
  • 2019/09 - 現在 Musashi University Faculty of Humanities Part-time lecturer
  • 2018/04 - 現在 Wayo Women's University Faculty of Humanities, Department of Japanese Literature and Culture Associate Professor
  • 2015/04 - 2018/03 Wayo Women's University School of Humanities, Department of Japanese Literature and Culture Associate Professor
  • 2013/09 - 2015/03 Aoyama Gakuin University School of Cultural and Creative Studies Part-time lecturer
  • 2013/04 - 2015/03 Tokyo Metropolitan University Faculty of Urban Liberal Arts Part-time lecturer
Show all
Committee career (4):
  • 2018/07 - 現在 表象文化論学会 理事
  • 2016/07 - 現在 表象文化論学会 編集委員(2018年7月-2020年6月:委員長)
  • 2010 - 2014 表象文化論学会広報委員
  • 2011/02 - 2012/02 日仏美術学会実行委員
Awards (1):
  • 2012/03 - 表象文化論学会 奨励賞
Association Membership(s) (3):
日仏美術学会 ,  美学会 ,  表象文化論学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page