Rchr
J-GLOBAL ID:200901006829544713   Update date: Aug. 03, 2022

OZAWA Kyoko

オザワ キヨウコ | OZAWA Kyoko
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://baby-alone.web.wox.cc/
Research field  (5): History of thought ,  Art history ,  Aesthetics and art studies ,  Aesthetic practices ,  Aesthetics and art studies
Research keywords  (7): イメージ分析 ,  新古典主義 ,  都市 ,  建築 ,  表象文化論 ,  美学 ,  美術史
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2022 - 2026 18世紀から19世紀前半における「空間内を歩行する身体」の思想史的意義の研究
  • 2018 - 2022 現代社会における〈毒〉の重要性
  • 2018 - 2021 啓蒙主義時代から19世紀前半までのフランスにおける建築図面・図表の思想史的意義
  • 2017 - 2018 サドを中心とする革命期フランスの建築空間と性的身体の連関をめぐる研究
  • 2016 - 2017 サドにおける建築空間と性的身体の訓育
Show all
Papers (38):
  • 小澤京子. 白塗りと死化粧. poison rouge 4:現代社会における〈毒〉の重要性 2021(吉岡洋編、京都大学こころの未来研究センター発行). 2022. 4. 93-111
  • 小澤京子. フィルムのなかのシャネル. ユリイカ. 2021. 53-8. 776. 194-207
  • 小澤京子. 廃墟化する身体、廃墟としての身体. poison rouge 3:現代社会における〈毒〉の重要性 2020(吉岡洋編、京都大学こころの未来研究センター発行). 2021. 3. 93-112
  • Kyoko OZAWA. Promenades in the Landscape Paintings: Narration and Description in Diderot’s Salons. Wayo Women's University Bulletin Paper. 2021. 62. 13-24
  • Kyoko OZAWA. On Stuffies. Eureka. 2021. 53-1. 769. 231-237
more...
MISC (35):
  • OZAWA Kyoko. Column: Gender Issues in AI Does AI Have a Gender?. REKIHAKU (Special Issue: Contemporary History of AI). 2022. 14-16
  • 小澤京子. ロスト・アンド・ファウンド. 黒の会手帖. 2022. 16. 12-12
  • 小澤京子. ベルメール覚書. コメット通信(水声社). 2022. 19. 10-12
  • 文学散歩というテクスト(2). 小澤京子. 2022. 15. 9-9
  • 小澤京子. 文学散歩というテクスト. 黒の会手帖. 2021. 14. 10-10
more...
Books (8):
  • Critical Words for Fashion Studies
    2022 ISBN:9784845921096
  • ストローブ=ユイレ:シネマの絶対に向けて
    森話社 2018 ISBN:9784864051255
  • The Writing of the Utopian City: Claude-Nicolas Ledoux’s Architectural Thought
    Hosei University Press 2017 ISBN:9784588786099
  • 破壊のあとの都市空間:ポスト・カタストロフィーの記憶
    青弓社 2017 ISBN:9784787234124
  • Art * Architecture
    Tokyo: X-Kowledge 2015 ISBN:9784767820637
more...
Lectures and oral presentations  (47):
  • 白塗りと死化粧
    (「現代社会における〈毒〉の重要性」2021年度研究報告会 2022)
  • 松岡佳世『ハンス・ベルメール身体イメージの解剖学』に寄せて(コメント)
    (シンポジウム「非合理な身体のための解剖学: ハンス・ベルメールと〈交換可能性〉 」(主催:科研費(若手)「20世紀フランス前衛美術における価値評価システムの形成と美術制度の役割」研究代表:松井裕美)、開催地:神戸大学(オンライン) 2022)
  • ジャンク化する身体:1980 年代の表現を中心に
    (現代社会における<毒>の重要性 2020年度シンポジウム 2020)
  • 歩行によって風景を拓く:ディドロを中心とする18世紀のテクストから
    (シンポジウム「テクストを建てる、イメージを歩く」 2020)
  • 19世紀の薬物と装飾イメージの両義性
    (京都大学こころの未来研究センターシンポジウム「ファルマコン:生命のダイアローグ」 2019)
more...
Education (5):
  • 2004 - 2011 東京大学大学院 超域文化科学専攻 表象文化論コース 博士課程 修了
  • 2008 - 2010 l'Université de Bourgogne
  • 2007 - 2008 L'Université de Bourgogne l'histoire de l'art
  • 2002 - 2004 東京大学大学院 超域文化科学専攻 表象文化論コース 修士課程 修了
  • 1995 - 1999 The University of Tokyo
Professional career (1):
  • 博士(学術) (東京大学)
Work history (11):
  • 2022/04 - 現在 Wayo Women's University Faculty of Humanities Dean
  • 2021/04 - 現在 Wayo Women's University
  • 2019/09 - 現在 Musashi University Faculty of Humanities Part-time lecturer
  • 2018/04 - 2021/03 Wayo Women's University Faculty of Humanities, Department of Japanese Literature and Culture Associate Professor
  • 2015/04 - 2018/03 Wayo Women's University School of Humanities, Department of Japanese Literature and Culture Associate Professor
Show all
Committee career (4):
  • 2018/07 - 現在 表象文化論学会 理事
  • 2016/07 - 現在 表象文化論学会 編集委員(2018年7月-2020年6月:委員長)
  • 2010 - 2014 表象文化論学会広報委員
  • 2011/02 - 2012/02 日仏美術学会実行委員
Awards (2):
  • 2017/07 - 東京大学 東京大学学術成果刊行助成(現・東京大学而立賞) 著作『ユートピア都市の書法』に対して
  • 2012/03 - 表象文化論学会 奨励賞
Association Membership(s) (3):
日仏美術学会 ,  美学会 ,  表象文化論学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page