Rchr
J-GLOBAL ID:200901006870575994   Update date: Mar. 29, 2012

KEN'ICHI AIHARA

アイハラ ケンイチ | KEN'ICHI AIHARA
Research field  (3): Safety engineering ,  Social systems engineering ,  Library/information science, humanistic/social informatics
Research keywords  (1): 感性 デザイン力 競争優位戦略
MISC (31):
  • MITポートフォリオモデルから観たクラウドコンピューティング展開. 国際CIO 学会ジャーナル. 2010. 4
  • ICT投資とクラウドコンピューティングの位置づけ. 国際プロジェクト&プログラムマネジメント学会学会誌. 2010. 4. 2. 29
  • 地域イノベーションとダイナミックコンテクストの役割. 地域活性研究. 2010. 1. 1
  • 持続性を生むCIOとプログラムリーダのコンピテンシー関係. 国際CIO学会ジャーナル. 2009. 3. 1. 29-37
  • 顧客目線を育む『ワークライフデザイン』と事業価値評価. 国際プロジェクト・プログラムマネジメント学会誌. 2009. 4. 4. 83-93
more...
Works (3):
  • 中小企業における海外雇用促進を図るパイロットモデルの研究
    2008 - 2009
  • ICT人材育成のためのPBL活用手法
    2008 - 2009
  • 3次元測定法が可能にするオンデマンドものづくりの日中市場戦略
    2007 - 2008
Education (4):
  • - 1974 Waseda University
  • - 1974 Waseda University
  • - 1969 Waseda University
  • - 1969 Waseda University Electrical Communication Department
Professional career (1):
  • 工学 (早稲田大学)
Work history (3):
  • 1997/08 - 2006/03 1997.8-2006.3 名古屋商科大学経営情報学担当教授
  • 1974/04 - 1997/08 NTT研究所 ISDN,ATMなどの研究実用化を担当し、国際標準化活動を推進すると共に、海外戦略も担当主幹研究員。その間3年間米国勤務し標準化と共同研究担当VP。
  • Shizuoka University Faculty of Engineering, Department of Systems Engineering, Faculty of Engineering Professor
Committee career (5):
  • 2008 - 国際P2M学会 理事
  • 2006 - 国際CIO学会 論文審査委員
  • 1999 - 経営情報学会 東海支部長、広報担当理事、研究部会主査
  • 1999 - 米国電気電子学会 フェロー
  • 1999 - IEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineering) Fellow
Association Membership(s) (8):
電子情報通信学会 ,  地域活性学会 ,  国際CIO学会 ,  日本感性工学会 ,  国際P2M学会 ,  経営情報学会 ,  米国電気電子学会 ,  IEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineering)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page