Rchr
J-GLOBAL ID:200901006971830960   Update date: Dec. 13, 2019

SASAKI Keiko

ササキ ケイコ | SASAKI Keiko
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (1):
Research field  (4): Gender studies ,  History - Japan ,  Sociology of education ,  Education - general
Research keywords  (9): ジェンダー論 ,  社会福祉制度史 ,  スクール・ソーシャルワーク、 ,  教職論 ,  日本教育制度史 ,  歴史社会学 ,  女子教育 ,  高等教育論 ,  教育社会学
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2019 - 2021 女性学長はなぜ増えないのかー日本の構造的特質と将来展望の探索ー
  • 2018 - 2020 女子高等教育のトランスナショナルな交流とネットワーク構築に関する歴史的研究
  • 2018 - 2019 Wellbeing視点も加味した理工系女性のキャリア・パスにおける大学院教育の位置付けに関する実証的研究
  • 2017 - 2018 Wellbeing視点も加味した理工系女性のキャリア・パスにおける大学院教育の位置付けに関する実証的研究
  • 2016 - 2017 Wellbeing視点も加味した理工系女性のキャリア・パスにおける大学院教育の位置付けに関する実証的研究
Show all
Papers (10):
  • Keiko Sasaki. 明治期における女子留学の実態と国際交流 -津田梅子・河井道と新渡戸稲造のネットワークを中心として-. 人間科学研究. 2019. 13. 21-32
  • Keiko Sasaki. ‘The History of The Ohin-kai’-the alumni of the Tokyo higher normal school for women:a milstone in Japan’s education for women. History of Education. 2019. 48. 2. 233-253
  • keiko Sasaki. The School Choice of the Japanese Families living in England:Strategies for Globalization and Well-being. 電気通信大学紀要. 2018. 30. 1. 1-7
  • 佐々木啓子. 婦人雑誌『新女界』の記事および執筆者の学歴・キャリアからみる知識人層の女子教育観と学校選択. 電気通信大学紀要. 2017. 29. 1. 1-14
  • 佐々木啓子, 赤澤紀子, 金子麦. 教職課程の学生によるICT教材作成の取り組みとその効果について-特別支援学校との共同研究の成果を中心として. 電気通信大学紀要. 2015. 27. 1. 6-11
more...
MISC (2):
  • 佐々木啓子. 「子どもの貧困」に教師はどう向き合えるのか. 教育社会学研究. 2016. 98. 274-277
  • 佐々木啓子. 関東大震災と女子高等教育機関の復興活動. UP誌. 2002. 356. 23-30
Books (5):
  • 凛として:市民がたどる調布の女性史
    河北印刷 2015
  • 女性と高等教育-機会拡張と社会的相克-
    昭和堂 2008 ISBN:9784812208359
  • 「現代日本女子教育文献集」解説
    日本図書センター 2005 ISBN:4820596608
  • 日本史文献事典
    弘文堂 2003 ISBN:4335250584
  • The Expansion of Higher Education for Women in Prewar Japan -A Dynamic Interaction among Institutions,Students and Government
    University of Tokyo Press 2002 ISBN:4130562045
Lectures and oral presentations  (28):
  • The Transnational Network and the Activities of Michi Kawai(1900-1930).
    (The Research Seminar of the Transnational Network of Women in Pre-war Japan. 2019)
  • The Expansion of the Western Space in Japan(1859-): Culture, Community, Class, and Gender in Girls’ Mission Schools in Foreign Settlements and Japanese Cities.
    (International Standing Conference for History of Education 2019)
  • 情報・通信技術の発達とジェンダーに関する研究 - IT企業で働く女性のインタビュー調査を用いた分析 -
    (ジェンダー史学会第15回大会 2018)
  • The dynamic activities of Japanese women for obtaining medical doctor’s licenses between the Meiji resroration and World War 2: tracing the biographies of Kei Okami and Yayoi Yoshioka. Parallel Session A-Educators:biography and life-history.
    (History of Education Society 51th conference 2018)
  • Western Impact on Women's Higher Education in Japan Before the World War II
    (International Standing Conference for History of Education 2018)
more...
Education (2):
  • 1990 - 1999 The University of Tokyo 教育社会学、高等教育論
  • 1990 - 1992 東京大学
Professional career (2):
  • 修士(教育学) (東京大学)
  • 博士(教育学) (東京大学)
Work history (4):
  • 2014/04/01 - 電気通信大学 情報理工学研究科 教授
  • 2009/04/01 - 電気通信大学 電気通信学部 教授
  • 2004/04/01 - 2009/03/31 高崎芸術短期大学から創造学園大学へ移行 教育研究所からソーシャルワーク学部へ 助教授
  • 2003/04/01 - 2004/03/31 群馬社会福祉大学 社会福祉学部 助教授
Committee career (6):
  • 2017/06/06 - 2017/06/06 私立大学研究ブランディング事業 私立大学研究ブランディング事業意見聴取
  • 2015/08/01 - 2016/07/31 特別研究員等審査会員及び国際事業委員会 書面審査員・書面評価員
  • 2012/01 - 2015/09/11 日本教育社会学会 研究部委員
  • 2012/06 - 2012/06 日本高等教育学会 総会議長
  • 2011/01 - 日本学校ソーシャルワーク学会 関東・甲信越ブロック企画運営委員会
Show all
Awards (1):
  • 2018/10/06 - 特定非営利活動法人横断型基幹科学技術研究団体連合 ベストポスター賞 キャリア形成に関するアンケートデータに基づくWell-being視点を取り入れた理工系女性の人生プランによるタイプ分類に関する研究
Association Membership(s) (9):
環境福祉学会 ,  障害学会 ,  日本学校ソーシャルワーク学会 ,  ジェンダー史学会 ,  日本教育学会 ,  Intenational Standing Conference for History of Education ,  History of Education Society ,  日本高等教育学会 ,  日本教育社会学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page